漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
漁業就業支援フェア東京会場、大阪会場に参加!
0
    少し前の話になりますが
    (一社)全国漁業就業者確保育成センター主催で行われた漁業就業支援フェアに参加してきました。
    3月5日に開催された東京会場(東京国際フォーラム)
    翌週の
    3月12日に開催された大阪会場(コングレコンベンションセンター・グランフロント大阪北館)
    ともに参加してきました。

    まずは、有楽町駅の目の前にある東京国際フォーラム。

    IMG_2030.JPG

    IMG_2031.JPG

    IMG_2027.JPG

    IMG_2028.JPG

    今回の会場はとても広く、東京会場としては過去最高の56団体が参加。
    本当に広い会場でした!

    IMG_2035.JPG

    IMG_2034.JPG

    IMG_2036.JPG

    IMG_2037.JPG

    IMG_2033.JPG

    我がお城、宮城県北部船主協会のブースです!

    IMG_2038.JPG

    翌週に開催されたのが大阪会場!
    ここは初めての会場でしたが、東京ほどじゃなくても広い会場でありました。

    IMG_0474.JPG

    IMG_0477.JPG

    IMG_0476.JPG

    IMG_0478.JPG

    IMG_0480.JPG

    IMG_0481.JPG

    IMG_0482.JPG

    IMG_0483.JPG



    IMG_2116.JPG

    IMG_2115.JPG

    IMG_2118.JPG

    東京会場は56団体 来場者数372人
    大阪会場は37団体 来場者数173人

    延べ93団体 来場総数545人の巨大イベントでありました!

    。。。こんな大きなイベントでありながら
    今回はマッチングする方がいらっしゃらなくて〜
    とても良い方が多かったのですが、身体条件(特に裸眼視力)が合わなかったり
    本人の希望に合わなかったりと・・・とても残念でありました。

    当方は、本人のやる気等を十分に確認するため
    内定を出すまで少々時間がかかってしまうので、会場で即座に内定を出すブースさんには
    どうしてもスピード感で劣ってしまい獲得できない場合があります。
    でも、これはご縁がないものと思い
    諦めることにしております。

    中途半端な気持ちや憧れだけで洋上に行ってしまうと
    「こんなはずじゃなかった」とお互いが不幸になってしまうため
    しっかりと確認するようにしております。
    その甲斐あってか、航海途中で下船したいという申し出はほぼ発生しておりません。

    漁業就業支援フェアは来場者が当方の家族の一員になれるかどうか
    しっかりと見極める必要があるのです。

    見極めるポイントは5つ。
    〕両紊覇々課せられる課題を確実にクリアする意欲があるかどうか。
    ∋笋力辰鯤垢い董⊆分の歩むべき道をしっかりとイメージできるかどうか。
    C膣屬鮨じきれるかどうか。
    げ駭辰涼罎脳亟蕕鮓せられるかどうか。
    ノ薺

    普段は感覚で人選していくので、言葉にするには非常に難しいのですが
    最近はどのようなポイントで人選していくのか非常に興味があるとのご意見が多いので
    あえて言葉にしてみると
    この5項目になるような気がします。

    これは人選のポイントであると同時に
    育成の重要ポイントでもあるのです。
    これを我々のような陸上サポーターと洋上の現場とで連携をとりながら分業していくことが
    とても重要なことであると感じます。

    かといって、気仙沼地区では連携がとれているのか?といえばまだ十分ではありません。
    今後はこの連携を密にとれるようなシステムを考えていきたいと思っています。

    このブログを読んでいる人の中には
    「吉田さんはまた自分の首を絞めようとしている」と思っている人もいるでしょうね(笑)

    でも、やるしかないのです。

    気仙沼地区では
    約1年航海の遠洋マグロ漁船、約1ヶ月航海の近海マグロ漁船
    ともに常時募集しておりますので
    興味のある方はまず、お電話いただきたいと思います。



    すばらしいチャンスは、ごく平凡な情景の中に隠れている。
    それは、強烈な目的意識を持った人の目にしか映らないものだ。

    稲盛和夫
    (実業家、京セラ・第二電電[現KDDI]創業者、1932〜)



    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
    担 当:吉田
    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    新規乗組員確保にかかる講演会
    0
      先日、気仙沼のあるホテルを会場に、各漁業種別団体の方等が集う会議が開催され
      その前段に、気仙沼地区の後継者確保育成事業について、ぜひお話を伺いたいとの講演依頼をいただきました。

      お願いされた会議の事務局の方々にも大変お世話になっていることもありますし
      私としても何かの切っ掛けになればとお受けすることになりました。

      参加者は15名程度で、持ち時間は90分とのこと。
      結構な長丁場です。

      私はパワーポイントで作りこんだ映像を見せながらの講演はあまり好きではなく
      その場の空気を読みながらお話するのが好きなので
      臨機応変に対応できるよう、必要最低限の画像のみを準備して本番に挑みました。

      私の話す事と言えば「後継者確保育成事業」の事なのですが
      毎回話す角度が違います。
      漁師になりたい人に向けの話
      漁師になりたいと思っていない人向けの話
      職業選択の1つとしての漁師をPRする話
      さらには
      後継者育成事業から見る水産教育とは・・・という話

      毎回、切り取る角度が違うので
      その都度原稿を書きなおしているのが現状です。

      今回は普通に事業内容の説明になるのですが、意外にもこのような切り口は初めてで
      やはり原稿を作り直さなければなりません。

      挨拶からはじまり
      話す内容を箇条書きに並べ、詳細事項を事細かに書きだします。
      毎日少しずつ書いて、通常は約1か月くらいで完成します。

      でも、この原稿は準備はするけどほとんど読みません(笑)
      講演途中に突然あたまが真っ白になった時の保険として
      もしくは、話が大きく脱線してしまった時に話題を本筋に戻す着地点を探すマップとして利用するのです。

      会場につくと「今日は何分話されますか?」と聞かれたので
      口を突いて出た言葉が「そちらのスケジュールに合わせますよ。何分話したらよいか指示してください」
      ちょっとプロっぽい会話をしてしまったので少々ドキドキしてしまいました(笑)
      結局は質疑応答をいれて80分とのご指示を受け講演開始!

      我々の後継者育成事業というものは、大きな予算をかけて行うのではなく
      手間をかけて、今できるものから実行していくのが気仙沼流。
      講師も充実させたい。
      機材もそろえたい。
      宿泊施設も準備したい。
      漁業学校みたいにしてはどうか。

      夢ばかり語っていても叶うはずもなく
      夢は遠のくばかり。
      頭を抱えていても天からお金が降ってくることはありません!
      手元にある資金でできる範囲のことからスタートさせるしかないのです。
      まずは最初の一歩です。
      「百里の道も一歩から」です。

      会場からは「なぜ、そのように手間を惜しまずできるのか」との質問もありました。

      私達は気仙沼にやって来る若手船員を家族だと思っております。
      我が子のように、兄弟のように思っております。

      地元の高校を卒業し、見知らぬ土地に移り住んだ経験のある方ならわかるかと思いますが
      親や兄弟から送られてくる品物や手紙に心から感謝したことはありませんか?
      そして涙し、懺悔したことはありませんか?
      その後、体中にエネルギーがみなぎり、頑張ろうって思ったことありませんか?

      親である私のやるべきことの答えはおのずと決まってくるのです。

      仕事とはお金を稼ぐためにするのではありません。
      お金を稼ぐためだけに仕事をする人に、いい仕事をしている人は誰一人いません。
      お金はあくまで社会で生きるための道具でしかありません。

      お金を稼いで、両親を温泉に連れていきたい。美味い物を食べさせてやりたい。
      お金を稼いで、社会で自立した立派な男になった姿を親に見せてあげたい。

      お金を稼ぐその奥に何があるかです。
      その奥にあるものを見つけられた人は、仕事を楽しめる余裕も見つけられるし、心も豊かになるものです。
      陸だろうが、海だろうが同じです。

      「応援してくれる吉田さんにも成功した姿をみせたい」

      そう思ってくれるように、新人達に心を注ぐしかないのです。

      あらためて回答します。
      「なぜ、そのように手間を惜しまずできるのか」
      答えは簡単です。新人達の親になる覚悟を決めているからです。

      たったこれだけなのですが結果は生まれています。
      全員ではありませんが、気仙沼を去っていった若者達とも連絡を取り合ってます。
      一度でも家族の契りをかわした相手の幸せを心から願っているだけです。
      親とはそうゆうものです。

      IMG_1356.jpg


      (息子に)あんなにやかましく、こまごま言ってやるのは
      わしの、深く考えた上での計略なんだ。
      あの子だって、うるさいとは思っていながら
      自分に何かとやかましく言ってくれる者が在るという思いは
      また、あれにとって生きて行く張り合いになるのです。
      あれの行末を、ずいぶん心配している者が、ここに一人いるという事を
      あれに知ってもらったら、わしはそれで満足なのだ。

      太宰治[だざい・おさむ]




      【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
      名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
      住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
      電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
      メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
      土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
      担 当:吉田
      | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      漁業就業支援フェア2015(仙台会場)に参加しました!
      0
        大阪会場に続き、今年度2回目となる漁業就業支援フェア2015(仙台会場)に参加してきました!

        今回は仙台駅前のアエル30階 TKPガーデンシティー仙台 Dホールを会場に行われました!

        S0591154.JPG

        S0601156.JPG

        30階から仙台市内を眺めると、都会なんだなぁ〜と感じますね。

        S0671165(600px).jpg

        気仙沼市とは大違いです(笑)

        ブース数はいつもより多い20ブース。
        あとは参加者がどれだけあるかです。
        いつもの仙台会場は参加者が少なく、ブース来訪者を待ってる時間の方が多いくらい。
        今回はどうなるのかと、いちまつの不安を抱えての参加です。

        いつものようにブースを飾りつけ

        S0621158.JPG

        ブース出展者向けの説明がはじまります。

        S0641160.JPG

        S0651161.JPG

        ここまではいつも通り〜
        昼食をはさんで12時30分よりフェアスタートです。

        スタートすれば想像以上の人数。

        S0681166.JPG

        最終的には70人以上の方に参加いただきました。

        当ブースには過去最高の11人!!
        奥様や子供をつれて、真剣に話を聞きに来た方が多く
        とても驚きました!

        忙しすぎてこれ以上は写真とれてません〜

        妻帯者の希望者さんに私は同じことを言いました。
        「奥さんの覚悟はどうですか?」

        正直、旦那の覚悟は二の次です。
        奥様の覚悟がとても重要になります。
        旦那さんが洋上に行っている間のトラブルは全て奥さんが対応しなければなりません。
        子供が病気した。
        子供が反抗期を迎えた。
        ご両親のどちらかが倒れた。
        1人で対応するのはとても大変なことです。
        1人で考え、行動するしかないのです。

        愚痴を旦那さんにこぼす事もできず、心配もかけれず
        1人で対応するのです。

        もともと漁師の方と結婚したのであれば
        最初から覚悟のうえでしょうが、途中から漁師の妻になることはとても大変です。
        この覚悟ができるかどうかです。

        私と関わった以上、不幸になっては困ります。
        円満だった夫婦間に亀裂が入っては困るのです。

        大きくうなずきながら私の話を聞く奥さん
        途中、涙ぐみながら話を聞く奥さん

        旦那にはこう話します。
        あなたは夢である漁師になるために
        奥さんもその道に連れ込むのです。
        2人で真剣に話し合ってください。
        結婚するときには、幸せにすると誓ったはず。
        漁師の妻になることが奥さんにとって幸せかどうか確認してください。

        私としても、喉から手がでるほど欲しい人材もおりましたが
        一度、突き放すしかありません。

        私の父も遠洋マグロ延縄漁船の機関長でした。
        出港したら1年間帰ってきません。
        その間の母親の苦労も散々見てきました。
        見ていながらも反抗し、さらに苦労をかけた時期もありました。
        漁師の妻として嫁いでも大変なのです。

        マグロ漁船だけではありません。
        漁師は一人ではできません。
        奥さんの協力無しには続けられないのです。

        夫婦なのにあまり会えませんが、何十年たっても仲の良いご夫婦も多くいらっしゃいます。
        海外に単身赴任しているご家族も同様の思いがあるでしょう。

        妻帯者の方は、家族が一丸となって初めて続けられるのです。

        今回は嫌な話をしてしまいましたが
        この道しかないという覚悟を決めて、漁師の道を歩んでください。
        その人生に迷いさえなければ、問題は解決していくものです。
        独身者も含め、この道が俺の道という覚悟を決めた方のみご連絡いただきたいと思います。


        結婚して幸福になるには、汗の苦労を絶えず分かち合わねばならない。
        ナポレオン・ボナパルト
        (19世紀初めフランスの皇帝・軍人、1769〜1821)



        【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
        名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
        住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
        電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
        メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
        土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
        担 当:吉田

         
        | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        漁業就業支援フェア2015(大阪会場)に参加しました!
        0
          先日、大阪市で開催された漁業就業支援フェア2015(大阪会場)に参加しました!

          毎年、夏の時期に東京も開催されるのですが
          今年は大阪会場1回とのこと。

          関西、近畿地区からも問い合わせが多く
          大阪会場で会いましょう〜と何人かと連絡をとっていたので
          私の期待値は高いものがありました♪

          この漁業就業フェアは早めに会場入りし、主催者スタッフさんや他地区の方とお話するのが楽しみのひとつ。
          時には他地区の異漁種の方と仲よくなっちゃたりします(笑)

          でも、今回は空気感が違い
          皆さん忙しそう・・・
          会場の雰囲気もいつもと違う感じがしました。

          P6276692(600px).jpg

          だんだん、私も緊張してまいりました〜

          P6276696.JPG

          P6276693.JPG

          今回からポスターが変わりました。
          私のお気に入りで毎回講演のときに使っている遠洋マグロ延縄漁船「123勝栄丸」の大漁旗の写真。
          今回これが抜擢され、ポスターに採用されることになりました♪
          ダイナミックでいい感じの仕上がりです〜
          新人漁師の笑顔も素敵ですね!

          P6276695.JPG

          今回は60を越えるブースがあり、いつもの2倍くらいの広さ
          スタッフさんも忙しいはずですね。

          自分のブースセッティングを終え、いつもの操業風景を記録したDVDを流します。

          P6276700.JPG

          P6276712.JPG

          P6276704.JPG

          開場すると、どんどん人が押し寄せてきました!!

          P6276702.JPG

          P6276701.JPG

          P6276705.JPG

          ブースが一気に込み合います!!

          P6276709.JPG

          当ブースにもスタート早々に人が訪れ
          やる気パワーでこちらが押され気味でしたね〜
          しっかりと人選していきたいと思います。

          最終的に300人以上の人が参加。
          最大規模の東京会場並みの来場者でした!

          充実したフェアでしたね♪

          P6266687.JPG

          この地からも優秀な船員が輩出されることを期待しております!


          人生はまるで夢のようにはかない。
          いつ死んでもいいように、一瞬に命をかけて生きる。

          織田信長[おだ・のぶなが]
          (戦国時代〜安土桃山時代の武将、1534〜1582)



          この言葉を心に刻み、精一杯頑張りたいと思います。


          【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
          名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
          住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
          電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
          メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
          土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
          担 当:吉田
          | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          漁業就業支援フェア(東京会場)に参加しました!
          0
            3月21日(土・春分の日)
            東京・半蔵門で開催された漁業就業支援フェア(東京会場)に参加してきました!

            DSC_1495.JPG

            DSC_1496.JPG

            急きょ、開催が決定されたもので
            いつもの有楽町「国際フォーラム」等ではなく、半蔵門「ベルサール半蔵門」での開催!
            はじめての会場なので、来場者数が少々不安ではありましたが
            多くの来場者があると信じての会場入りです。

            DSC_1497.JPG

            DSC_1498.JPG

            DSC_1499.JPG

            DSC_1508.JPG

            全51ブース。
            1ブースに数事業体が入っていることもあるので事業体数を数えたらかなりの数になりますね!

            まずは、出展ブースの方を対象とした説明会。

            DSC_1503.JPG

            それが終わると、少ない昼食時間をはさんで開会です!
            ただ、半蔵門にはすぐに食事をとれるところも少なく、ファミリーマートのから揚げ弁当とあいなりました(笑)

            会場したとたんに人が押し寄せ、最終的には400人に迫る勢い!
            漁師に興味をもってる人って、やっぱり多いんだな〜と嬉しくなりますね!

            DSC_1505.JPG

            DSC_1506.JPG

            今回は将来的に漁師になりたいって人が多く、すぐに漁に出たいという人が少ないような印象でしたが
            当ブースには多くの人が訪れていただき、満足したフェアとなりました。

            船主協会に多くの方からお電話をいただく
            「昔から漁師に憧れていた。でも、漁師になるきっかけを逃してしまった」
            「二十歳になり、25歳になり、どうしても漁師の夢を忘れられない」
            このような方が多い。とても多い。

            このブログで多くの若者が海を目指す姿を見て
            漁師になりたい衝動が抑えきれなくなった人が多い。

            漁師という職業は、どの漁業種類を選んでも楽ではない。
            自分にもできるのか?と不安になる人も多いと思うが、すべてはやる気しだいだと思っている。
            言い方を変えれば、覚悟を決めれば誰にでもできる仕事であると思っている。

            1つのことに真剣に取り組み必死で頑張る。
            頑張っても解決できないことも沢山ある。
            でも、頑張って頑張って取り組み続け
            窮地に追い込まれたときにでる力、知恵

            ここまで来たときに初めて大きくステップアップできる。

            高くジャンプしようとするときは、必ずしゃがむ。
            この「しゃがむ」という行為なしには大きなジャンプは望めない。

            こんなことを書くと「昭和っぽい」とか言われそうだけど
            これは事実なのです。
            大きくジャンプ、ステップアップしたときの景色を見てほしい。
            今までの人生で見たことありますか?
            見たことが無いのであれば、とても可哀そうなこと。

            たった一度の人生だもの、大きく羽ばたいてみませんか?
            多くの人は「しゃがむ」行為を拒み、または諦め
            低い位置から上を眺め、「あ〜〜上にいきたいなぁ」と大切な時間を無駄にしている。
            どんな人でも1年は365日で1日は24時間。

            上に行きたければ上に行けばいい。ただそれだけのこと。

            上から目線で書いてるわけではありませんが、ステップアップした景色は本当に素晴らしい。
            私の見える景色をみんなに見せてあげたい。
            自分が自分であることに誇りを持ち
            そんな風に生んでくれた親に感謝し、応援してくれる人たちに心から感謝する。
            そんな素晴らしい景色である。

            漁船員という人たちは、人にしていただいた事を心から感謝し
            恩返しを忘れない人が多い。
            お世話になった人からお願いされれば損得抜きに答えていく。
            そんな人達だ。

            それは必死に頑張り、耐えた人にしか分からないもの。
            そこを拒んだ人たちには絶対にわからない気持ちだろう。

            漁業就業支援フェアで情報収集することはとても良い事だと思いますが
            飛び込む勇気も持ってほしいと思います。

            高い景色を見るフィールドが気仙沼港なのであれば、私は全力で応援する。
            あなたの努力に応じた応援をしていこうと思っている。
            気仙沼に来ている新人達全員に同じことを言っている。
            中途半端な努力に応援している時間は私にはないのだから。

            カツオ・マグロ漁船に興味のある方は、ぜひともお問い合わせいただきたい。

            困難に直面すると
            かえって心が躍り
            敢然と戦いを挑んで、これを打破していく。
            そんな人間でありたい。

            松下幸之助



            次は6月!大阪フェアとなります。
            もちろん参加しますよ!


            【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
            名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
            住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
            電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
            メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
            土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
            担 当:吉田
            | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            漁業就業支援フェア(福岡会場)に参加しました!
            0
              平成24年3月14日(土)に開催された「漁業就業支援フェア2015(福岡会場)」に参加しました!

              このイベントは全国の漁業者(漁業種類問わず)が一同に集い
              漁師の担い手を探す漁業者と、漁師になりたい人を繋ぐ最大のイベントであります。
              開催時期は不定ながら、東京・大阪・福岡を中心に年間5回ほど開催されるもので
              全国からカツオマグロ漁船の担い手を探す我々は毎年全会場に参加し、積極的に多くの方々と面談しているのです。

              開催の連絡を受け、苦手な飛行機で2時間の苦痛に耐え、福岡県に上陸です。

              DSC_1490.JPG

              DSC_1491.JPG

              到着したのは昼過ぎ。
              そのまま観光・・・とはいかず
              レンタカーを借り、移動で疲れた体をおして「福岡県立水産高校」へのリクルート活動を敢行します!
              今回はリクルート活動とともに、昨年福岡県から乗船した若者のご父兄様ともお会いすることも目的のひとつです。
              ご子息の洋上での活躍をお伝えするため。
              私はご父兄とお会いし、ご子息のお名前を呼ぶ場合「○○くん」等とはいいません。
              いつもの通り「○○」とか「あいつ」とか言うのです。
              大変失礼なのは承知しているのですが、ご父兄には大切な家族であるとともに私にとっても家族なのです。
              洋上での様子もはっきりとストレートに伝えます。

              ご父兄様も私の意向を汲んでくださり、トラブルになることなく涙ながらに聞いてくださいます。

              小一時間ほどで福津市にある「福岡県立水産高校」に到着です。
              進路担当の先生とお話をします。
              小難しい話は抜きにして、気仙沼の誠意を伝える。そんな感じです。

              DSC_1492.JPG

              この写真を撮ってると、女子生徒のひとりが私を指し「あ、写真撮ってる!」と声をあげました。
              そそくさと車に乗り、逃げるように学校を出てしまった自分がとても情けなかったですね(笑)
              不審者じゃないのに・・・
              夕方となり、大渋滞のなか福岡市内に戻ります。

              DSC_1494.JPG

              博多駅までやってきました。
              東北では暗くなる時間なのに・・・日本は長いなぁと感じます。

              この日は大人しくホテルに泊まった・・・ことに・・・させてください(笑)

              いつもは博多の中心、天神で行われるのですが
              今回は博多区吉塚本町「福岡県中小企業振興センター 2階大ホール」での開催です。

              DSC_1496.JPG

              大勢の方が来ることを祈り、会場入りです。

              DSC_1498.JPG

              今回も多くのブースが軒を連ねているようです。

              DSC_1501.JPG

              DSC_1507.JPG

              主催者の挨拶や説明を受けます。

              DSC_1503.JPG

              DSC_1505.JPG

              その後昼食をとり、いよいよスタートです。
              例年福岡会場は東京などとは比べると来場者が少ないのですが
              今回は総勢77名(前回105名)。
              立地もあるのでしょうか、今回はとても少なく感じましたが
              やる気のある若者数名と面談できたので良かったと思っております。

              DSC_1506.JPG

              次回は東京!

              (東京会場)
              日時:3月21日(土・祝)12:30〜16:00(受付開始 12:00、受付終了 15:30)
              プログラム:漁業ガイダンス 12:30〜
               会場:ベルサール半蔵門 2階ホール(東京都千代田区麹町1-6-4)
              アクセス:
              ○半蔵門線 半蔵門駅3番出口直結
              ○有楽町線 麹町駅3番出口より徒歩6分
              ○JR線・丸ノ内線・南北線 四ツ谷駅麹町口より徒歩14分

              多くの皆様のご来場をお待ちしております。

              高校の三年間
              僕は寝る前の10分間素振りをしていました。
              それを1年365日、欠かさず続けました。
              それが僕の、誰にも負けないと思える努力です。

              イチロー


              自分ができると思う事、何でもいいんです。
              いい若者を獲得できるか、説得できるか分からないけれど
              フェアには必ず参加する。
              そして全力を尽くす。
              たったこれだけでも環境は変わりました。
              とにかく、1回1回に尽くすことを続ける事。
              これしかありません。


              【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
              名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
              住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
              電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
              メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
              土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
              担 当:吉田
              | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              漁業就業支援フェア2014東京会場に参加しました!
              0
                12月19日のセミナーを終え、翌日は「漁業就業支援フェア2014東京会場」の開催です!

                会場は同じ東京国際フォーラムB5ホール。

                DSC_1322.JPG

                東京会場はいつも参加者多く、とても忙しくなることが予想されるので
                気合をいれて会場します。

                エスカレーターを登っていくと、漁業就業支援フェアの看板が迎えてくれます。

                DSC_1325.JPG

                DSC_1326.JPG

                会場に入り、いつものように宮城県北部船主協会の出展ブースを飾りつけします。
                今回は少し趣を変えて、派手さを控えて作りました。

                2014_1220_12224400.jpg

                今回はこれで行ってみましょう!!

                出展ブース方が集まり主催者からの説明を受けます。

                2014_1220_16294200.jpg

                2014_1220_10522400.jpg

                これが終われば短い昼食時間です。


                時間は12時30分となりました。漁業就業支援フェア2014東京会場が開催です!!
                はじまったら大変でした!!
                次から次へと来場者が当ブースを訪れてくれました。その数9人!
                皆さん一生懸命な方ばかりで、一人当たり20〜30分
                あっという間の16時の終了時間となりました。
                トイレにも行けず、休憩も取れず、ずっと話しっぱなしでした〜〜!
                でも嬉しいですね。
                昨日のセミナーを聞いて大変興味を持ったという若者もいましたしね!

                最終的には309人のご来場をいただき、大変有意義な時間を過ごすことができました。
                この9人の中から、何人採用できるか。もしくはゼロなのか。
                真剣に審査していきたいと思います。

                大型漁船漁業は99の苦難の奥にある1の楽しみ、やりがいを見出さなければ勤まるものではありません。
                大きな船に乗り1年もの長い時間を洋上で過ごします。
                海のダイヤと呼ばれるマグロを追う仕事です。
                仕事とか漁師とか。。。そんな域を超えているような気がします。
                冒険家やハンターといった域ではないでしょうか。

                仕事に命を賭けるという事を「馬鹿げてる」という人もいるでしょうが
                漁船員という危険な仕事をあえて選んでくる若者が増えている事も事実。

                私はそんな危険に挑む男たちを全国から集める全国唯一のリクルーターである。

                気仙沼に来ていただいたら、皆で温かく心で、家族同様に考えて育てていきたい。
                陸上にいる間だけでも心で接していきたい。

                そんな男たちを大事にしていきたいと思います。

                誰が気仙沼に来てくれるのか、本当に楽しみです。


                私の夢は、
                死ぬ間際まで輝いた目をして生きていくこと。
                大場 満郎(おおば みつろう)
                (1953〜、山形県出身の冒険家、「アースアカデミー・大場満郎冒険学校」の創設者)



                【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
                メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
                担 当:吉田
                | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                6回目の講師のお仕事(漁師のしごと・くらしを知るセミナー in 東京)
                0
                  一般財団法人 全国漁業就業者確保育成センター主催による漁師のしごと・くらしを知るセミナー in 東京が
                  平成26年12月19日(金)、東京国際フォーラム ガラス棟G404会議室(東京都千代田区丸の内3丁目5−1)にて開催されました。

                  このセミナーというのは翌日開催される「漁業就業支援フェア2014東京会場(東京国際フォーラムB5ホール)」の前段として開催されるもので
                  主催者が運営するホームページ「漁師.JP」では主旨がこのように書かれております。

                  漁師の仕事について理解を深めていただくために、講義形式による座学セミナーと
                  実際に乗船する体験乗船を開催しています。
                  座学セミナーでは、現役漁師を講師にお招きし、漁師の仕事の醍醐味や暮らしぶりについて話していただきます。
                  転職して漁師になった方を講師に招くことも多いので、経験談を聞くこともできます。
                  体験乗船では、短時間ですが実際に漁船に乗せてもらい
                  なかなか見る機会がない船の上での作業の様子を間近で観察することができます。


                  私としては漁業就業支援フェアはお祭りであり、その前夜祭みたいな感じです(笑)
                  ここで深く漁業に興味をもっていただき、漁業就業支援フェアに参加を促し、少しでもマッチングを高める事に繋がっていくわけです。

                  そして、私がそのセミナーの「遠洋・沖合漁業部門」の講師として参加することとなりました。
                  講師という仕事は、遠洋カツオ・マグロ漁業や近海マグロ漁業を皆様に知っていただくには絶好のチャンスでありますが、呼ばれなければ行けないという辛いところもあります。
                  でも何とか今回で6回を数えることができました。

                  一番最初は平成25年7月22日にハローワーク仙台で行ったのがはじまりです。
                  この日は私の43歳の誕生日(笑)
                  その記念日に生まれて初めて講師なるものをさせていただきました。
                  200人収容の大きな部屋に参加者3人という、ピン芸人の下積み時代のような状況でスタート(笑)
                  私と言えば、3人を相手に話するのはいつもの事なので
                  肩の力が完全に抜け、60分間の予定が90分近くも話してしまうというものでした。
                  今思えば、私の取りとめのない話を90分も聞いていただけたことに感謝しかないですね。

                  そこからは
                  「ふるさと回帰フェア(早稲田大学)」で1回
                  「漁師のしごと・くらしを知るセミナー in 大阪(難波御堂筋ビルディング)」を2回
                  「千葉県立館山総合高校他3年生のみなさま(漁業実習船内)」で1回
                  と続いたわけです。
                  自分でも1時間近くよく話すことがあるなと感心しますが、口が勝手に動いてくれる感じであり
                  その奥で自分が冷静に聞いている感じです。
                  ホント不思議な感じです。

                  前ふりが長くなってしまいましたが、セミナーの様子をお伝えいたします。

                  JR有楽町駅の目の前にそびえ立つ「東京国際フォーラム」が会場です。
                  1997年、東京都庁跡地に1647億円(用地費除く)の巨費を投じて建設された地上11階、地下3階の公的総合文化施設。東京の代表的国際コンベンションセンターの一つにも数えられる大きな建物です。

                  東京国際フォーラム(400px).jpg

                  セミナー会場は船をモチーフにしたと言われるガラス棟の4階

                  2014_1219_13261900.jpg

                  14時から2時間の予定で行われますが、40分以上前から次々と参加者が会場入りしてきます。
                  35人定員に対して40人以上が参加した満員御礼の開催。
                  さぁ、どうなることやら〜

                  2014_1219_13474100.jpg

                  定刻の14時となり、主催者側からセミナープログラムと
                  漁師という仕事の概要を説明いただきます。

                  2014_1219_14051600.jpg

                  2014_1219_14054800.jpg

                  2014_1219_14061500.jpg

                  いよいよ、私らの出番です。
                  まずは、石川県で大型定置網漁業を営んでいる窪川氏のプレゼン
                  東京出身で前職が予備校講師という経歴の持ち主で
                  さすがのトーク術に少々圧倒される私です。

                  2014_1219_14234900.jpg

                  2014_1219_14241900.jpg

                  2014_1219_14400600.jpg

                  続いて私。
                  パワーポイントなるものを初めて使い、原稿も今回のために書き下ろしたもの
                  新作を引き下げての参戦です。

                  2014_1219_15034300.jpg

                  2014_1219_15035100.jpg

                  2014_1219_15090600.jpg

                  2014_1219_15153500.jpg

                  2014_1219_15414300.jpg

                  2014_1219_15415300.jpg

                  2014_1219_15522600.jpg

                  私らの持ち時間も終わり質疑応答に入ります。
                  会場には女性の姿も見え、熱気あふれる質疑が繰り広げられました!!

                  2014_1219_15562500.jpg

                  2014_1219_15575600.jpg

                  終わってしまえば一瞬の出来事でしたが
                  今の段階でやれるだけのことはやったという満足感でいっぱいでした。
                  「あーすれば良かった」「こーすれば良かった」
                  という気持ちもありますが、それは今回の講師という仕事を終え少し成長した自分から湧き出る思いですから
                  後悔とは違います。
                  次に生かせばいいだけの話です。
                  これを「後悔」と捉える人が多いですが私にはよく分かりません。
                  「成長した証」なのに塞ぎ込むなんてもったいない話です。

                  後日、主催者から「わかりやすく、参加者の評価も高かった」とお言葉をいただき、ようやく肩の荷がおりたような気がします。
                  次回またお話をいただければ出向いて行きたいと思います。

                  以上、セミナー講師のお仕事でした(笑)


                  山はこれ以上大きくならないが、
                  私たちはいくらでも成長できる。
                  「エドモンド・ヒラリー」
                  (Edmund Hillary / 1919〜2008、世界初となるエベレスト登頂に成功)



                  【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                  名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                  住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                  電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
                  メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                  土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
                  担 当:吉田
                  | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  漁業就業支援フェア2014(大阪会場)に参加してきました!
                  0
                    今年度4回目となります「漁業就業支援フェア2014(大阪会場)」に参加してきました!
                    新人漁師を募集している漁業者と直接お話ができる漁師を目指している人には画期的なイベント。
                    沿岸漁業から我々のような大型漁船まで、多種多様な漁業種の方とお話が出来るのです。

                    私と言えば大阪市内で1件の面談があったので、前日の12日(金)に大阪へと向かいました。
                    少々早めについたので、御堂筋難波ホールで開かれた「漁師のしごと・くらしを知るセミナー in 大阪」を覗いてみることに。

                    そこでは、セミナー講師として2度ほどご一緒させていただいた濱田氏と次回の「漁師のしごと・くらしを知るセミナー in 東京」
                    で私と対談させていただくことになる窪川氏の御二方が講師としてお話されておりました。

                    1418363412266.jpg

                    窪川さんは漁師になる前は予備校の講師という経歴の持ち主で
                    短い時間に多くの情報を詰め込トーク術はさすがという感じです。
                    言葉に親近感を感じるし、耳触りも良く
                    「この方と来週仕事するのか」と思うと緊張してきましたね(笑)

                    1418365303585.jpg

                    私より5歳年下ではありますが、私が尊敬してやまぬ濱田氏の講話。
                    しっかりした内容のトークにはとても安定感がありますね。

                    濱田さんに私は「村長」と呼ばれてます。
                    全国から多くの若者を気仙沼に集めて「吉田村」を開村するのではないかという笑い話から生まれたニックネームです。
                    呼ばれる私も何気に気に入ってます(笑)

                    素晴らしいお2人のトークに魅了されたひと時でした。
                    途中参加、途中退場という大変失礼な事をしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

                    そして私は次なる打ち合わせ会場へ〜!

                    日付が変わり、12月13日(土)
                    いつもの開場となる天満橋OMMビルへ

                    DSC_0749.JPG

                    会場へ伺いますと、スタッフの皆さんが笑顔で迎えてくれます。

                    DSC_1300.JPG

                    いつも優しい女性スタッフのMさんや
                    セミナーなどでも大変お世話になっている男性スタッフYさん
                    いろいろと相談に乗ってもらっているKさん等々
                    いつも感謝しております。
                    ありがとうございます!

                    さっそく出展ブースを飾りつけしまして、参加者の来場を待つこととなります。

                    DSC_1304.JPG

                    画像中央に手書きで書いてありますブースごとのコメント。
                    今回は「海のダイヤ・マグロを探しに大海原に旅立とう!」
                    ちょっと気に入ってます(笑)

                    来場総数は181名
                    その中で5名が当ブースに来場しました。
                    じっくりとお話しましたが、1人でも気仙沼に連れて行けるよう
                    これから交渉していきたいと思います。

                    どのフェア開場も同様ですが
                    質が年々高くなっていることがとても嬉しく思います。
                    質というのは「やる気」という事です。
                    どうしても漁師になりたいという強い気持ちを持っている方が多いという事です。

                    漁業、漁師という仕事にこんなにも多くの方に興味を持っていただけるなんて・・・・
                    諦めずリクルートを続けてきて本当に良かったと思います。

                    12月19日(金)は「漁師のしごと・くらしを知るセミナー in 東京」に講師として参加。
                    翌12月20日(土)は「漁業就業支援フェア2014 漁師の仕事!まるごとイベントin東京」にブースを出展いたします。
                    興味のある方は是非ともご参加ください。
                    情報収集だけでもかまいません。しっかりと対応いたします。

                    【セミナー】
                    http://www.ryoushi.jp/seminar/

                    【フェア】
                    http://www.ryoushi.jp/fair/


                    自分で夢のある生き方が出来ない人が、他人の夢を笑う。
                    H・ジャクソン・ブラウンJr.
                    (米国END Inc.経営者・作家、1940〜)


                    人にマグロ漁船にのってマグロを追いたいという夢を語ったら笑われた。
                    という人がいる。
                    これを理由に乗船をキャンセルしてくる方もいる。
                    笑った人を良く見てください。
                    どうですか?


                    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                    電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
                    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                    土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
                    担 当:吉田
                    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    漁業就業支援フェア(仙台会場)に参加してきました!
                    0
                      仙台駅西口のアエルで開催された平成25年8月3日以来、1年ぶりの開催!
                      今回は仙台駅東口の「イベントホール松栄」での開催。

                      DSC_1107.JPG

                      ここの6階が会場となります。
                      私も気仙沼を朝7時半に出発し、堂々会場入りです。

                      私のような有名人になりますと、顔パスで会場に入れるのです!!
                      と言いたいのですが、やはり受け付けは必要のようです(笑)

                      DSC_1103.JPG

                      DSC_1113.JPG

                      会場を眺め、出展ブースを数えますと13団体ありました。
                      私達のような大型漁船もあれば、沿岸漁業もあり
                      多種多様な漁業者のお話を聞けるわけです。
                      漁師になりたい人からすれば、最高のイベントなんですよね!

                      DSC_1111.JPG

                      我々もブースの準備を進めます。

                      DSC_1108.JPG

                      宮城県北部船主協会のブースとしては遠洋マグロ漁船の船主が2社。
                      私はそれ以外の漁業種(近海マグロ漁船、遠洋カツオ一本釣り等)希望の方に答えていくような形になります。

                      昨年は17団体40人の参加者で、とても閑散とした印象だったので
                      今回は盛り上がるように期待したいところです。

                      定刻となりぞろぞろと来場者が入ってきました。

                      DSC_1112.JPG

                      我々のブースにも沢山の人が来るように祈るばかり〜

                      DSC_1115.JPG

                      面談が開始されると、我々のブースにもどんどん人が集まってきました。
                      昨年とは大違い!
                      あまりにも人が切れないので、主催者に来場者数を聞いたところ50人だという(最終来場者数55人)
                      50人の割には多いなと感じていたら、1人当たりの滞在時間が去年と比較にならないほど長いとのこと。
                      つまり、一度来た来場者が何ブースも訪問し帰ろうとしないのである。
                      それだけ皆さん真剣だということです。
                      こんなにも多くの方が漁業に目を向けて下さっている事に、とても感謝しております。

                      このブログを読んで、マグロ漁船に乗るなら気仙沼と
                      わざわざ遠くから仙台会場入りした方もおり、嬉しい悲鳴が止まりません!

                      何とかお目当ての方も見つかり、これから忙しくなりそうですね♪

                      ところで、このフェアの当日の地元新聞「三陸新報」朝刊の今を伝えるというコーナーに
                      登場させていただきました。
                      今を伝える(三陸新報・吉田)ブログ用.jpg

                      若手漁船員の兄貴的存在
                      「港再生の力にならなければ」

                      「海の男として成長した姿を見る事が何よりもうれしい。自分の家族のような気持ちで見守っています」
                      これまで50人以上の若者たちの漁船員になるという「夢」をかなえてきた。
                      「将来には幹部として漁船漁業界をリードする人材になってほしい」と若手乗組員から送られてくる
                      洋上日誌や電子メールに目を通す日が続く。
                      しかし、慣れない長期にわたる洋上生活。
                      中には仕事や日常生活での悩みも綴られてくるという。
                      「何とか悩みを取り除いてあげたい」
                      その一心で船主の協力をもらい、海外や国内の基地へ応援メッセージを届けてもらい勇気づけることもある。
                      乗組員にとってはまさに「最高の兄貴」的存在。
                      その兄貴からもらった励ましを受け、若者たちは七つの海で魚を追い続ける。
                      全国から若者が集まり出したのは、震災後にはじめた協会のブログだった。
                      それまでは「3K」とやゆされ、乗船する若者は激減。
                      平成16年から21年までは希望者はゼロが続いた。
                      危機感を持ち、全国を奔走した事もあり
                      22年にようやく希望者が出てきたところに東日本大震災が発生し、苦労がすべて水の泡になった。
                      しかし「少しでも港再生の力にならなければ」と奮起。
                      スマートフォンを使っている若者が多い事に気付き、ブログでPRすることを思いついた。
                      自らホームページを立ち上げ「漁船員になろう」をキーワードに漁船漁業の素晴らしさなどを熱く訴え続けている。
                      現在も全国から問い合わせが多く寄せられ
                      それぞれインターネットを通じて家庭環境や身体状況など細かく聞き取るという。
                      「中途半端で終わっても本人のためにはならないから」と
                      9割は漁船員の仕事の厳しさ、辛さを語ることにしている。
                      それでもーと、船員を希望して気仙沼にやってくる人が増えている。
                      2年目、3年目の先輩乗組員から後輩の育成を手伝いたいとの申し出もある。
                      「今後、若手乗組員同士の交流会なども企画。情報交換を通して魅力ある職場づくりにつなげていきたい」
                      と語る。


                      新聞を自分で転記していても恥ずかしいくらいの内容です(笑)
                      これからも、もっともっと頑張らなければなりませんね。

                      困難でやりがいのある仕事を始める時は、私は次のような人を探す。
                      人生を楽観的にとらえ、情熱を持つ人、毎日の問題に熱意と自信を持って取り組んでいる人
                      勇気があり、想像力に富む人、周到な計画と勤勉さで、自己の気迫を一点に集中でき
                      しかも、「これは大変な仕事ですね。でも、必ず成功させましょう」と言ってくれる人。
                      ヘンリー・ジョン・カイザー
                      (米国の造船王、1882〜1967)



                      【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                      名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                      住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                      電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
                      メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                      土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
                      担 当:吉田
                      | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + ランキング参加中♪
                      クリックお願いします
                      + プレビューランキング
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE