漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
令和2年1月以降の出港船 乗組員大募集(未経験者歓迎)
0

    ブログテーマ:遠洋漁業,乗組員募集

     

     

    令和元年を5月に迎えたばかりではありますが

    もう、来年のお話をさせていただく時期になりました!

     

    遠洋マグロ漁船は、1月〜7月までは多くの船が気仙沼港を出港したり、入港してきたりするのですが

    8月になるとその数は激減し、気仙沼港に入港してくる船は1ヵ月に1隻あるかないかです。

     

    現在も募集は続けており

    「すぐに乗船したい!」という要望も多いのですが、入港船が少ないので

    なかなか今すぐとはいかない場合があります。(ごめんなさい)

     

    沿岸漁業と遠洋漁業の情報を混同してしまい

    気仙沼港に行けばすぐに乗船できると勘違いされてる方が多くいらっしゃるのですが

    そうもいかないのです。

     

    乗船までの手順としては

    まずは、宮城県北部船主協会までお電話をください。(TEL 0226-22-0793)

    マグロ漁船の操業など詳しくお伝えいたします。

    ご質問もできる限り全てをお答えいたします。

    ですから、通話時間も1時間以上になることも珍しくはありません。

    通話代も大変でしょうから、長くなるような場合は

    こちらから折り返しお電話させていただきます。

     

    私の話を聞いて、興味が深くなってきましたら

    一度、気仙沼港に来ていただき、マグロ漁船の船内を見学していただきます。

    乗る直前になって「こんな船に乗りたくない!」と思われてはお互いに大変ですから

    トラブルにならないように必ず来ていただきます。

     

    見学のほかに作業内容などの説明や質疑応答など、納得するまでしっかりと説明させていただきますので

    全行程終了まで3時間ほど要します。

     

     

    見学会終了後は一旦お帰りいただき、本当にマグロ漁船に乗ってやっていけるのかどうか

    再度検討していただきます。

    それでも乗船したいという方のみ、履歴書と身体状況などを記していただくアンケートを郵送してください。

     

    私は気仙沼で履歴書とアンケートを受け取り内容を精査、問題がなければ受け入れ船主をこちらの判断で決定していきます。

    履歴書は書き直しをお願いする場合もありますのでご了承くださいね。

     

    受入れ船主が決まりましたら

    再度、気仙沼に来ていただき面接選考を行います。

    選考結果は数日中にメールなどでお知らせいたします。

     

    内定をゲットしましたら

    今度はパスポートと船員手帳の準備をしていただくとともに

    船員保険加入等に関する書類をいくつかご準備いただきます。

     

    まだありますよ(笑)

     

    出港の2週間前に気仙沼に来ていただき

    5日間(月曜〜金曜)の乗船前の実技研修を行っていただきます。

    カッパや長靴、防寒着などの準備をするための採寸もこの時に行い、業者さんを通して一括発注します。

    気仙沼港では多くの新人漁船員が毎年誕生しますので、「新人準備セット」なるものがあり

    新人漁船員が必要なものは、採寸するだけで業者さんがすべて揃えてくれます。

     

    乗船前の実技研修が終わると、先輩船員同伴のもと個人仕込みを行います。

    10か月間必要となるお菓子や菓子パン、カップラーメンなどなどもの凄い数を仕込みます。

    ちなみに賞味期限が短いものは−60度で冷凍保存しますので、賞味期限に関係なく美味しくいただけます。

     

    個人仕込みが終わると、出港前の準備作業に入ります。

    食料や餌を大量に船に積み込むので大変です!

     

    この間にも、船主さんの陸上スタッフが

    国際航海に行くための手続きをしてくれるんです!

     

    1日の休暇を経て、晴れて出港となります。

     

     

     

    乗船できるマグロ漁船が気仙沼港に在港していてもこれだけの作業があるんです。

    すぐには乗船できないので

    「遠洋漁業の漁師になりたい。すでに会社を退職しているのですぐに行けます!」

    とおっしゃる前に、一度、宮城県北部船主協会までお電話いただけると幸いです。

     

     

    というわけで、令和2年1月入港船以降の募集を今から開始したいと思います!

    募集要項を掲載いたしますので、我こそはと思う方は熟読のうえお電話をお願いします!

     

    【募集漁船】

    遠洋マグロ延縄漁船

    【募集職種】

    甲板員、機関員(船舶エンジニア)

    【経験】

    不問

    【年齢】

    16歳〜35歳まで

    【学歴】

    中学卒業以上

    【漁法】

    延縄漁

    【航海日数】

    遠洋マグロ漁船 6か月もしくは10〜11か月

    【乗組員構成】

    漁労長をはじめ、船長、機関長、通信長等の役職に6〜7人(日本人)

    漁労作業要員としてインドネシア人が多く混乗します。

    【賃金】

    (例:遠洋マグロ漁船)

    水揚げ高により大きく変動しますが

    (一般船員)年360万円〜480万円

    経験を積み、資格を得ることで

    最短で5年後には800万円〜900万円も可能

     

    【乗船不可な身体条件】

    ・裸眼視力が0.3以下

    ・強度の色覚異常がある方(特定船員色識別適性確認表不合格)

    ・強度の食物アレルギーがある方

    ・聴力に強い問題のある方

    ・極度の偏食がある方

    ・過去に遡り薬物依存、衝動制御障害、うつ病などの精神病を患ったことのある方

    ・ADHD、アスペルガー症候群などの発達障害のある方

    ・四肢に麻痺または欠損のある方

    ・過去に遡り暴力団との関わりがある方

    ・多額の借金のある方(マイカー並びに住宅ローン等の場合は応相談)

     

    【乗船時期】

    遠洋マグロ漁船は1年を通して入出港が行われますので

    いつのタイミングでも乗船は可能です。

    1〜6月は毎月4〜5隻ほど入港、出港しますので

    その時期であればスムーズな乗船は比較的可能です。

    7月以降は毎月1隻ほどに減りますので、

    面接選考後、乗船まで1〜3か月くらい時間がかかる場合があります。

    内定がきまり、大きな問題がなければ乗船取消となることはありません。

     

     

    来年、令和2年のお話ですが、意外と時間はありませんので

    早急にご検討いただきお問い合わせください。

    お待ちしております〜〜!

     

     

    (夢に一歩)踏み出した瞬間は、とても孤独かもしれない。
    だが「その一歩」があるからこそ、本当の自分と出会うことができる。

    栗城史多(登山家、1982〜)

     

    -----------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

     

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 求人情報 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Rookie Fisherman Diary (From Kyoto-119)
    0

      ブログテーマ:洋上日誌,遠洋漁業,乗組員募集,求人

       

       

      約1か月ふりの洋上日誌のコーナー「Rookie Fisherman Diary」です!

       

      今回は今年の7月に気仙沼港を旅立った京都府出身の青年の様子をお伝えします。

      過酷なマグロ漁船の状況をかなり詳細に記してありますので

      皆さんも自分が乗船したことをイメージしながら読んでみてください〜

       

       

      それではスタートです!

       

      [第1週目](令和元年7月)

      船酔いのつらみが深い。何もしたくない。呼吸もめんどう。

      2日目は甲板にて簡単な漁具づくり、作業の合間に吐く、吐く、吐く

      この日誌を書くのもしんどい。

      ゲロとの戦い。こんな辛い経験は過去にはない。ゲロ戦記。

       

      [第2週目]

      (船酔いが)いつまで続くのか。先が分からない不安。弱気になる。

      部屋の照明スイッチを発見。消灯できることを初めて知る。

      飯が食えない、コック長に申し訳ない。

      乗組員の方々が皆さん優しい。気遣いが温かく、それだけで頑張れる。

      凪が続き、船酔いが息を潜める。

      部屋の大掃除がやっと終わる。

      機関長から南十字星を教わる。満点の星空に気づき、しばし眺める。

       

      [第3週目]

      時化とともに船酔いが目を覚ます。

      アンパンマンのマーチを聴いてひとり涙する。

      インドネシア・バリ島に入港!

      夕食の後はタフガイの先輩に遊びを教わる。

      その翌日にバリ島出港。あっという間のインドネシア。

      インドネシア人との初仕事。(インドネシア人に対する)自分の偏見がただただ恥ずかしい。

      (インドネシア船員と)話したいのに言葉が分からない。笑顔でごまかし口をつぐむ。

      何気なく使っていた船内のマグカップが、実は船頭のものだった!!

       

      [第4週目]

      船頭から過去の漁労日誌を見せてもらう。ボコボコの紙面に触れて思いをはかる。

      今日は一日も吐いていない。飲食もバリ島以来の久しぶり!

      南下にともない2日単位で季節は変わる。トビウオを見なくなる。

      LINEの通知が気になる。

      (電波が通じないので)何度開いても着信の確認ができない。

      お菓子とビール、おにぎりとたばこを供えて皆で大量を祈る。

      16時に揚げ縄開始。翌日6時30分終了。

      翌日も16時30分揚げ縄開始。揺れで足元がふらつく。生まれたての小鹿のよう。

       

      [第5週目](令和元年8月)

      初投縄。ブザーで飛び起き秒速で準備

      ラインホーラーがマグロの力で高速逆回転。怖くて何もできない。

      初凍結作業。マイナス60度の中で重い魚体を引きずり回し汗をかく。

      塩水で体にブツブツができた。寝付いたころに投縄のブザー。う〜

      起床して腫れた左手を見るとブランを握る形に固まっている。

      凍結作業中、レールを滑ってきた巨体を間一髪でかわす!

      長時間労働に慣れてくる。連日立ちっぱなしで足先の感覚がなくなる。

       

      [第6週目]

      仕事中のあくびは見えないようにしなさいと船長から注意をいただく。

      顔にかかる海水に腹が立つので、そのたびに「美味しい!!」と心で叫ぶ。

      手が腫れて、痺れて、日に日に握力がなくなっていく。

      時化の神様に全力でお祈りしたのが叶って今日は休み。15時間寝る。

      インドネシア人船員とビデオ鑑賞会。夕方から揚げ縄開始。

      初心者の立場に甘えていたのを先輩に見抜かれた。気を引き締めないと。

       

      [第7週目]

      インドネシア人船員の発音が分かりにくい。「傷!傷!」が「KISS!KISS!」に聞こえる。

      時化で休み。正直うれしい。でも漁師としては失格だと思う。

      最近、ふ抜けていると感じる。仕事中も楽したいとばかり考える。

      仕事に来るときは遅く、帰るのは早いと船長から注意をいただいた。

      コック長に甘えて毎日起こしてもらっている自分が恥ずかしい。

      インソールを入れたら驚くほど楽になった!今までの苦痛はなんだったのか。

      マグロをカギで引き揚げるとき、下手くそな自分は形だけマネして達成感いっぱいの顔してる。

       

      [第8週目]

      魚倉が埋まるにつれ、ツイスターゲームみたいな姿勢での作業を強いられる。

      仕事を覚えるのが遅いと言われる。大器晩成型なのであと少し猶予が欲しい。

      明日は時化で休みという情報を聞いて夜更かししたが、それはガセだった。

      寝不足で体がフラフラ。

      早上がりで風呂に浸かった瞬間、デッキへ呼び声かかる。髪も乾かぬ内に仕事再開。

       

       

       

      いかがでしょうか。

      かなり詳細に書いてますね。

      船酔いもかなり辛かったようですし、毎日の揚げ縄作業で早くも手が悲鳴をあげ

      作業の形に手が固まり、揺れで足がふらつき生まれたての小鹿のよう

      乗船初期には必ずこうなるようです。

       

      頑張らなきゃと思う時と、できるだけ楽をしたいと思うときがあったりと

      今の時期は気持ちの落差も凄くきつい時期。

       

      体力的なものは操業を続けていると慣れてくるけど

      やはり気持ちを維持し続けることがとても大変。

      今見える景色は自分の気持ち一つで決まります。

      前向きな気持ちでいれば、可能性に満ちた清々しい景色であり

      後ろ向きな気持ちでいれば、後悔に満ちた暗黒の景色に映る。

      全く同じ景色でさえ、真逆に見えるものである。

       

      常に前を向いて、しっかりと歩み、景色を堪能してほしいです。

       

      覚悟を決めて挑んだ漁師の道。

       

      あきらめずにがんばれ!!

       

       

      やり遂げろ!
      この世界で継続ほど価値のあるものはない。
      才能があっても失敗している人はたくさんいる。
      天才も違う。
      恵まれなかった天才はことわざになるほどこの世界にいる。
      教育も違う。
      世界には教育を受けた落伍者があふれている。
      信念と継続だけが全能である。

      カルヴィン・クーリッジ
      (第30代米国大統領、1872〜1933)

       

       

      --------------------------------------------------------

       

      遠洋マグロ延縄漁船
      近海マグロ延縄漁船
      乗組員を大募集(未経験者可)しております!
      厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
      本気のあなたを全力でサポートいたします。
      本気になれる35歳未満の男性

      まずはご連絡ください

      ↓↓↓↓↓

      【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
      乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
      名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
      住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
      電 話:0226−22−0793(月〜金)
      メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
      担 当:吉田鶴男

      | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | Rookie Fisherman Diary | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      乗組員募集活動で山形・秋田方面に訪問してみた!
      0

        ブログテーマ:遠洋漁業,乗組員募集,山形県,秋田県

         

         

        関東以北の水産高校等を足で通い、新規学卒者を受け入れようとする活動

        「学校訪問」を7月下旬ごろから行っています。

        今回は、山形県立加茂水産高校さんと秋田県立男鹿海洋高校さんに訪問してきました。

         

        気仙沼からですと、なかなかの距離がある両校ですが

        これを一泊二日で訪問するスケジュールです。

         

        気仙沼市にある自宅からJR一ノ関駅に向けて午前7時に出発します。

        一ノ関駅から午前8時30分台の新幹線に乗り、盛岡駅を経由して大曲駅まで向かいます。

         

         

         

        ここから10分ほど歩き、トヨタレンタカーさんでレンタカーをお借りします。

        店舗の方はとても親切で「次回ご利用の場合は駅までお迎えにあがります」とのことです。

        “最初に言ってよ〜”と思いながら、山形県立加茂水産高校へと向かいました。

         

        143キロの運転で約2時間45分を要します。

         

         

        昼食も車中でサンドイッチを食べながらの移動

        午後2時半ごろ到着。

         

         

        ここが山形県立加茂水産高校となります。

        最近はクラゲでとても有名になった加茂水族館のすぐ近く。

        学科の構成は

        ・海洋技術科・・2年次から航海系、工学系に分類
        ・海洋資源科・・2年次からアクアライフ系、食品系に分類

        生徒数は約110人ほどになります。

         

        小一時間ほどお話しさせていただきました!

         

        次は、そこから車で30分ほどの距離にある

        東北運輸局山形運輸支局酒田庁舎さんに訪問。

        ここには船員職業紹介窓口がありますので、漁船員募集のチラシを置かせていただきました。

        ありがとうございます!

         

         

        そこから約2時間のドライブとなり、秋田市に宿をとりました。

        秋田市は5年ぶりくらいでしょうか。

        市街地はいい意味でコンパクトで、私の好きな街のひとつです!

         

        次の日は、男鹿市へと向かいます。

        約1時間のドライブ

         

         

        途中、休憩で立ち寄った男鹿半島入り口にある「男鹿総合観光案内所」

        高さ15メートルの“なまはげ像”が迎えてくれます。

         

         

        なかなかの大迫力!

        これを見てしまったら写真を撮らずにはいられませんね(笑)

         

        さあ、頑張って運転です。

         

         

        秋田県立男鹿海洋高校へ訪問。

         

        平成16年に普通高校と統合になったこともあり、普通科のある海洋高校となっています。

         

        普通科は擬錙平奮悒魁璽后砲鉢脅錙淵咼献優江霾鵐魁璽后砲吠かれ

        水産科は食品科学科と海洋科に分かれます。

        全校生徒は350人ほど。

         

        ご丁寧に対応していただきありがとうございました。

         

        来た道を秋田市内まで戻り

        昼食となります。

         

        ランチは「秋田港セリオンという道の駅」でいただきました。

        そこにそびえ立つ地上100mの展望台「セリオン」

         

         

        以前は有料でしたが、今は無料なので

        訪れた時には登ってみてくださいw

         

        13時となり、最後の訪問先となる「東北運輸局秋田運輸支局」

         

         

        ここの船員職業相談窓口にも漁船員募集チラシをお願いしてきました。

         

         

        宮城県北部船主協会では、インターネットの求人だけに頼らず

        このようにして足で情報を発信し、収集しています。

         

        遠洋漁業に興味のある方は、宮城県北部船主協会にお問い合わせだけでもしてみませんか?

        今までの世界とは全く違う世界を知ることとなるでしょう。

        よろしくお願いいたします。

         

         

        割り切れないのが人生なんです。
        だったら割り切れないことをするのがいいんだな。

        本田宗一郎
        (本田技研工業創業者、1906〜1991)

         

         

        年収の良し悪し、世間体、自分の感性以外のもので自分の人生を図っていませんか?

        理詰めで人生を構築し、安泰な人生を描いていませんか?

        それでワクワクしますか?

        水平線の向こうはどんな感じか、どんな冒険が待っているのか。

        どんな魚がいて、真剣勝負で引き揚げて

        考えただけでワクワクしてませんか。

         

        自分にはできるだろうか?友人たちに相談したらなんて言われるのか?

        そんなことを考えて自分の人生を止めていませんか?

        時間は容赦なく進んでいきますよ。

        どう考えてもワクワクが止まらないのであれば、電話一本で聞いてみればいい。

        余裕があるなら気仙沼に来てみればいい。

        あなたのワクワクが本物かどうかが分かるはずです。

         

        -----------------------------------------------

         

        遠洋マグロ延縄漁船
        近海マグロ延縄漁船
        乗組員を大募集(未経験者可)しております!
        厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
        本気のあなたを全力でサポートいたします。
        本気になれる35歳未満の男性

        まずはご連絡ください

        ↓↓↓↓↓

        【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
        乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
        名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
        住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
        電 話:0226−22−0793(月〜金)
        メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
        担 当:吉田鶴男

        | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 確保育成活動 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        遠洋マグロ漁船船内見学会および船主さんとの懇談会を開催!
        0

          ブログテーマ:遠洋漁業,船内見学会,乗組員募集

           

          1年を通して、遠洋漁業の乗組員を募集し続けているのですが

          そこに応募してくる乗船希望者(未経験者)の動きには大きな波があります。

           

          1月くらいから問い合わせ件数が増えてきて、4月前後になると乗船希望者からのお電話が毎日数件いただくようになります。

          それが7月くらいから下降をたどり、8月になるとピタリと止んでしまいます。

          再び10月になると乗船希望者からのお問い合わせが増え、12月になるとピタリと止み

          また1月から増えていくという同じサイクルを繰り返しています。

           

          とても不思議です。

          ですから、通常だと今(9月)はいわゆる閑散期になるのですが、今年は違っています。

          8月になっても乗船希望者からのお問い合わせが止まないのです。

           

          気仙沼だけでなく、全国的なものだと思いますが

          陸上企業では求人を出しても人が集まらないと、人手不足が大きな問題となっています。

          離職率が良い、悪いの前に人が集まらないのです。

           

          そんな中で、過酷な遠洋漁業で乗組員募集(未経験者)をだしただけで

          多くのお問い合わせを受け続けるというのは幸せなことなのかもしれませんね。

           

          遠洋マグロ漁船の入港船が少ないこの時期に

          遠洋漁船を見たこともない多くの方からお問い合わせをいただくことになったので

          「乗船希望の意思が強そうな人達を全員一気に気仙沼に呼んでみようか!?」という発想に行きつきました。

           

          まずは、実際の遠洋マグロ漁船を見学し

          過酷な状況をしっかり理解してから再度検討してほしいというのが狙いです。

          出港してしまったら、少なくても半年以上は後戻りできません。

          乗ってから後悔してほしくないのです。

           

          呼び寄せることにしたメンバーは全部で8名

          北は北海道、南は大阪まで広範囲となります。

          しかも、旅費は完全自己負担。自分の力で来てもらいます。

           

          想定内ではありましたが

          大阪府からの3名が連絡がつかなくなり、いわゆるドタキャン。

          そうかと思ったら、当日になって地元宮城県から急きょ1名が参加を表明してきたので

          最終的には6名での見学会となりました。

           

          9月10日午後1時に、宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会に集合。

          2名が遅れるとの連絡が入ったので4名でこじんまりとスタートしました。

           

           

          参加することとなった6名の内訳は次の通り

          ●宮城県仙台市から2名(27歳、29歳)

          ●神奈川県から2名(23歳、29歳)

          ●北海道から1名(21歳)

          ●山形県から1名(18歳)

           

          私のありがたい講話を終え、見学する遠洋マグロ漁船に移動

          船内まで40分に渡りじっくりと見学させていただきました。

           

           

           

          船の見学を終えると、再び船主協会が入居する気仙沼市水産振興センターに戻り

          フロアにある水産情報等発信施設で遠洋マグロ漁船の1年の航路を簡単に説明。

           

           

          この巨大な地図で説明しました。

           

          そして、遠洋マグロ漁船の実際の操業映像が上映される

          その名も「海と生きるシアター」!!

          で、リアルに操業を感じてもらいました。

           

           

           

          そして、最後のイベントなる、「遠洋マグロ漁船の船主さんとの懇談会」

          各社にお声がけをさせていただいたところ6社が参加!

           

           

          40分間でしたが、さまざまなお話ができました。

          素人さんならではの質問に笑いがおきたりとなかなか楽しい時間となりました。

           

          16時で閉会となり、ひとりひとり感想を聞いたところ

          「さらに乗りたくなりました!」

          と、気仙沼に来た時以上に目をキラキラさせていましたね〜

           

          かなり厳しい話を冒頭からしたと思うのですが、、、

          さらに心に火をつけてしまったような(笑)

           

          はじめてにしては、とても良かったと思っています!

          また人数が集まれば、継続的に開催してもいいですね。

           

           

          その様子が、11日付三陸新報にも掲載されました。

          「海の男」に思い寄せ〜若者が遠洋マグロ船見学

          素敵なタイトルですw

           

          全員が我々の仲間となれるよう

          彼らと連絡を密にとっていきたいと思います!

           

           

          現実的になれ、と忠告する人々はいつの世の中にもいる。
          夢を潰し、人生を貧しくするのが自分の務めと思っている人々である。
          しかし

          ありがたいことに、人の持つ理想を励まし、人の目標に喜んで付き合おうとする人が、少数だが必ずいるものだ。

          マックギニス
          (米国のカウンセラー)

           

           

          人の夢を潰すドリームクラッシャーに負けないで

          自分の意思でこの遠洋漁業の道を選んでいただきたいと思います。

           

          しかし、新聞の写真をみると

          私のおなか周りのお肉がかなり気になります(笑)

          今日からダイエットを頑張ります。

          いや、明日から?www

           

           

           

          LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

           

          遠洋マグロ延縄漁船
          近海マグロ延縄漁船
          乗組員を大募集(未経験者可)しております!
          厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
          本気のあなたを全力でサポートいたします。
          本気になれる35歳未満の男性

          まずはご連絡ください

          ↓↓↓↓↓

          【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
          乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
          名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
          住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
          電 話:0226−22−0793(月〜金)
          メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
          担 当:吉田鶴男

          | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 確保育成活動 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          漁業就業支援フェアIN仙台に参加してみました!
          0

            ブログテーマ:漁業就業支援フェア,仙台

             

             

            全国センター主催の漁業就業支援フェア2019も予定の3地区(東京・大阪・福岡)が終了し、一息つくと

            宮城県では、県主催の「漁業就業支援フェアIN仙台」が開催されます。

            8月31日、今年も参加してきました!

             

             

            今年で3回目となり、宮城県北部船主協会も3年連続の参加となります。

            会場はいつもの仙台駅東口にある「イベントホール松栄」の6階

             

            三陸道開通のおかげで、気仙沼市から2時間で会場入りできるようになったのは嬉しいですね。

            その前までは東北自動車道を経由して3時間もかかっていたのですから。

            往復2時間の短縮は大きいです!

              

            宮城県主催なので、ブース出展は漁業者に限られるため

            どうしても沿岸漁業が主体となり、我々のような遠洋漁業者は他には見当たりません。

             

             

            少々寂しい感じもしますが、逆に言えば遠洋漁業希望者には独占的にお話しできるので

            メリットとといえばメリットです!

             

            ブースもしっかりと飾り付けをし、昼食を経て、12時の開場です!

             

             

            東京で開催される就業フェアのように、開場前に行列ができ

            開場とともに人がなだれ込むようなことはありませんが

            ゆっくり、ゆっくりと参加者がは入ってきます。

             

            今までは、1日ブースの前に座っていても3人と面談すればよかった方ですが

            今回はその3倍くらいの人が来てくれたように思います!

            このようなフェアに参加すると毎度思うのですが、いろんな人生があるなと感じます。

            その様々な人生が気仙沼港の遠洋漁業という点で混じり合うことで、その人の人生が飛躍的に好転することをいつも願っています。

             

            そのうちの何名かを気仙沼港に呼んで、大型漁船を見学しながら

            具体的なお話をする約束も取り付けました。

             

            ブログの検索数も最近は好調で、1日あたり1,000を超える日も珍しくはなくなってきました。

            お問い合わせの件数も多く、現在では7人が乗船に向けて検討に入っています。

            その他には各水産高校からの問い合わせが6件ほど来ているんです。

            それにここで約束を取り付けた数名が加わるので、約1ヶ月くらいの短期間で、これだけの人に強い興味をもっていただけることは

            とても嬉しいですね。

             

            インターネット上で検索されるキーワードの動向を注視し

            若い人に検索されやすいようなブログの構築に努めています。

             

            今回参加した漁業就業支援フェアIN仙台も、はじめは手探り状態が強いイベントのような感じがしましたが

            回を重ねるたびに成長しているなと感じます。

            主催者は準備にとても大変だと思いますが、このイベントの継続を心から願うしだいです。

             

            さぁ、私らも大変です。

            これから興味をもっていただいている人たちと真剣勝負の面談を行い

            ひとりでも多くの若者を遠洋漁業に輩出し、全力でサポートしていきたいと思っております!

            皆様の応援、よろしくお願いいたします!

             

             

            新しいことを勉強してると世の中は怖くありません。
            何もしないで、じっとしているから、怖くなるんです。

            林家彦六
            (落語家、8代目林家正蔵、1895〜1982)

             

            -----------------------------------------------

             

            遠洋マグロ延縄漁船
            近海マグロ延縄漁船
            乗組員を大募集(未経験者可)しております!
            厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
            本気のあなたを全力でサポートいたします。
            本気になれる35歳未満の男性

            まずはご連絡ください

            ↓↓↓↓↓

            【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
            乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
            名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
            住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
            電 話:0226−22−0793(月〜金)
            メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
            担 当:吉田鶴男

            | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            乗組員募集活動で神奈川、静岡方面に訪問してみた!
            0

              ブログテーマ:遠洋漁業,乗組員募集活動,未経験者歓迎

               

               

              来年3月卒業予定の高校生獲得のための募集活動も大詰めとなってきました!

              船主協会では7月3日に全国の水産高校に求人票を発送し

              福岡県立水産高校、茨城県立海洋高校、福島県立いわき海星高校、青森県立八戸水産高校

              岩手県立宮古水産高校、私立東陵高校へと訪問してきました。

              ガイダンスなどを通じて宮城県気仙沼向洋高校や宮城県水産高校へも訪問したりもしました。

               

              今回、私が訪問したのは神奈川県立海洋科学高校と静岡県立焼津水産高校!

               

              初日は、朝7時過ぎに気仙沼を発ち、8時半過ぎの東北新幹線に乗車、一路神奈川県立海洋科学高校へと向かいます。

              そして、東京駅からJR京浜東北線、品川駅から京急本線に乗り換えてからの

              ‘’横須賀中央駅”までの電車旅

               

              さらに、そこから徒歩で10分、レンタカーを借りてからの車で30分という、トータル5時間半ほどの移動です。

              ちなみにランチはコンビニでサンドウィッチ笑

               

              まずは、神奈川県立海洋科学高校へ訪問

               

               

              ここの先生はユニークな方が多く、いつも楽しく懇談させていただいております。

              横浜まで40〜50分というエリアでもあるため、漁船に乗船する生徒が多くはないのですが

              ここから漁船に乗船した生徒は非常に頑張ってくれているので

              希望者が無くても、毎年欠かさず訪問しております。

               

              この出張に出かける直前に、遠洋マグロ漁船に乗船したいという若者から連絡があり

              住所を聞けば“横須賀市”だというので、水産高校を出たあと、彼の自宅付近のファミレスで面談しました。

              しっかりしたいい青年です。

              年間、様々な青年と出会うのですが、人の数だけ人生があり

              様々な紆余曲折を経て、マグロ漁船という過酷な道を選んできます。

              決して多額の借金があるなどの理由では無く、しっかりした想いでこの道を選んできてくれるので

              私もしっかりと対応しなければなりません!

               

              現実をしっかりとお話し、ある意味で現状より過酷な状況をイメージして乗船しないと

              乗船した時に過酷すぎて驚いてしまい、継続する意欲をなくしてしまう事があります。

              そうなると、お互いに幸福ではないので相手が納得するまで続けます。

               

              横須賀エリアを終了した後は静岡市まで移動し

              この日はここで終了です。

               

              翌日も、静岡駅前でレンタカーを借りて

              静岡県立焼津水産高校へ向かいます。

               

               

              雨が降ったり止んだりの不安定な天気

              いつもお忙しいところにお邪魔してるのですが、しっかりとご対応いただき

              いつも感謝しております。

               

              続いては、静岡県立漁業高等学園。

              ここは、遠洋漁業の漁師を育成するための施設で、1年間の全寮制。

              素晴らしい施設を兼ね備え、毎年多くの幹部候補生を遠洋漁業に輩出しております。

              園長にはいつもお世話になっているので、ご挨拶に伺いました。

               

              宮城県立でもできないかなぁ〜〜と指をくわえていつも見ています(笑)

               

              午後からは中部運輸局静岡運輸支局清水庁舎に訪問しまして

              少々のチラシを置かせていただき、防臭活動へのご協力をお願いしたしだいです。

               

              今後、何人の生徒さんが遠洋漁業を志してくれるのか未知数ですが

              このような地味な活動の土台作りがとても大切なわけです。

               

              皆様、お忙しい中

              親切にご対応いただき、本当にありがとうございました。

              今後とも、気仙沼地区をよろしくお願いいたします。

               

               

              若い人で、何度かつまずいたり、障害にぶつかったりしない者はいない。
              しかし、障害にぶつかっても落胆してはならない。
              いちばん苦しいときでも、気を落としてはならない。
              前進を続ける気概をもて。
              勇気をもて。
              希望の光が、我々を照らしている。

              周恩来
              (現中国の初代首相、1898〜1976)

               

              -----------------------------------------------

               

              遠洋マグロ延縄漁船
              近海マグロ延縄漁船
              乗組員を大募集(未経験者可)しております!
              厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
              本気のあなたを全力でサポートいたします。
              本気になれる35歳未満の男性

              まずはご連絡ください

              ↓↓↓↓↓

              【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
              乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
              名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
              住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
              電 話:0226−22−0793(月〜金)
              メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
              担 当:吉田鶴男

              | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 確保育成活動 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              未経験でも始められる遠洋漁業という仕事
              0

                ブログテーマ:#遠洋漁業,#乗組員募集

                 

                「未経験でも始められる遠洋漁業という仕事」

                と書いてしまうと、怪しい仕事のように見えてしまうのですが

                きちんとした漁師の仕事です。

                 

                以前は、Googleで「遠洋マグロ漁船」と検索すると

                都市伝説のお話がたくさんリストアップされてきました。

                洋上で突き落とされるとか、女性を洋上に拉致するとか

                借金の形に乗せられるとか、遠洋マグロ漁船に乗船させるブローカーがいるとか、、、

                洋上でミンチにされて廃棄されるなんてのもありましたね。

                 

                とんでもない内容でいっぱいでした。

                 

                これは、遠洋漁業はほとんど情報を公開してこなかったので

                1年に渡る船内生活という特異な環境が人々の想像を掻き立て

                あり得ない情報が真しやかにささやかれていたんですね〜

                 

                震災後、新人船員の募集を大規模に行おうとした私の大きな弊害になりました

                この「漁船員になろう!」のブログをはじめ

                正しい情報をきちんと公開し、キーワードの浄化を図ろうと努力を重ねた結果

                今では正しい情報が上位を占めるようになりました!

                 

                試しにググってみてください!

                 

                そもそも、遠洋マグロ漁船に乗船させるブローカーって

                多分、私のことなんですよね(笑)

                私はリクルーターと名乗り、しかも無料で

                さらに、運輸局から「船員職業紹介従業者」という認可までいただいています。

                ご安心のうえ、ご相談ください。

                 

                こちらも試しに「遠洋マグロ漁船 リクルーター」でググってみてください。

                トップページのリスト全てが私の情報になっていると思います。

                ちなみに、私のフルネームは「吉田鶴男」と言いまして

                こちらで検索してみても、トップページ全てが私の情報となっております。

                 

                日本経済新聞掲載記事.jpg

                【日本経済新聞より】

                 

                特殊な仕事かもしれませんが

                決して、裏の仕事ではない

                きちんとした表の仕事であると言いたいのです。

                 

                遠洋漁業は「経験者のみ採用」もしくは「縁故」、「地元の人のみ採用」という間違った常識が

                根強く全国に広まっており、「未経験者でも乗れるなんて思わなかった」と乗船するタイミングを

                逃したというお話もよく聞きます。

                 

                常時募集しておりますが、あらためて募集要項を掲示いたしますので

                興味のある方は是非ともご連絡ください。

                 

                 

                 

                【募集職種】

                 甲板員、機関員(船舶エンジニア)

                【経験】

                 不問

                【年齢】

                 16歳〜35歳まで

                【学歴】

                 中学卒業以上

                【漁法】

                 延縄漁(カツオ船は一本釣り)

                【漁場】

                 乗船する船により大きく異なります。

                【航海日数】

                 遠洋マグロ漁船 6か月もしくは10〜11か月

                 近海マグロ漁船 約1ヶ月

                 遠洋カツオ漁船 約45日

                【乗組員構成】

                 漁労長をはじめ、船長、機関長、通信長等の役職に6〜7人(日本人)

                 漁労作業要員としてインドネシア人が多く混乗します。

                【賃金】

                (例:遠洋マグロ漁船)

                 水揚げ高により大きく変動しますが

                 (一般船員)年360万円〜480万円

                 経験を積み、資格を得ることで

                 最短で5年後には800万円〜900万円も可能

                 

                乗船不可な身体条件】

                ・裸眼視力が0.3以下

                ・強度の色覚異常がある方(特定船員色識別適性確認表不合格)

                ・強度の食物アレルギーがある方

                ・聴力に強い問題のある方

                ・偏食のある方

                ・過去に遡り薬物依存、衝動制御障害、うつ病などの精神病を患ったことのある方

                ・ADHD、アスペルガー症候群などの発達障害のある方

                ・四肢に麻痺または欠損のある方

                ・過去に遡り暴力団との関わりがある方

                ・多額の借金のある方(マイカー並びに住宅ローン等の場合は応相談)

                 

                【乗船時期】

                遠洋マグロ漁船は1年を通して入出港が行われますので

                いつのタイミングでも乗船は可能です。

                1〜5月は毎月4〜5隻ほど入港してくるので

                その時期であればスムーズな乗船は比較的可能です。

                6月以降は毎月1隻ほどに減りますので、

                面接選考後、乗船まで1〜3か月くらい時間がかかる場合があります。

                内定がきまり、大きな問題がなければ乗船取消となることはありません。

                 

                近海マグロ漁船、遠洋カツオ漁船は毎月入港しますので

                常時受入れ可能ですが、多少時間がかかる場合があります。

                 

                よろしくお願いいたします。

                 

                 

                挑戦しなければ定められた人生を歩くしかない。

                ビヴァリー・シルズ
                 (米国の女性オペラ歌手、ソプラノ歌手、オペラ劇団監督、1929〜)

                 

                -----------------------------------------------

                 

                遠洋マグロ延縄漁船
                近海マグロ延縄漁船
                乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                本気のあなたを全力でサポートいたします。
                本気になれる35歳未満の男性

                まずはご連絡ください

                ↓↓↓↓↓

                【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
                電 話:0226−22−0793(月〜金)
                メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                担 当:吉田鶴男

                | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 基礎知識 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                Rookie Fisherman Diary (From Kesennuma-115)
                0

                  ブログテーマ:洋上日誌,遠洋マグロ漁船,募集,求人

                   

                  新人の見送りの場には、ご両親も見送りに来てくれることも多いです。

                  そのご両親に、息子さんに日誌を書いてもらい、それをブログにアップしていきますので

                  楽しみに待ってて下さいと約束したのにもかかわらず

                  この新人くんの日誌のアップは2か月ぶりになってしまいました。

                  申し訳ありません!

                   

                  前回の更新分、第1週目から第4週目まではこちらのURLでご覧になれます。

                  http://gyosenin-boshu.net/?eid=622

                   

                  第5週目からのスタートです!

                   

                   

                  第5週目(令和元年6月)

                  日本を出てから早くも1ヶ月、海況も操業1回目とは変わり

                  かなり波が荒れ、操業中も時折波をかぶるようになり

                  とうとう、インド洋に来たんだなと感じた。

                   

                  第6週目

                  揚縄作業で各場所を廻るようになった。

                  しかしまだ、自分の仕事が遅いと感じた。

                  日々の練習の積み重ねが大事だと思った。

                  そして、洋上で19歳の誕生日を迎えました。

                   

                  第7週目

                  毎日の操業でクルーたちの顔に疲れが見えてきた。

                  サイドローラーのところでブランを持っていたら縄が切れて顔に当たった。

                  すごく痛かった!

                   

                  第8週目

                  初めて、少し魚の解剖に回った。

                  マニタイとトンボとサメの解剖を教わった。

                  思った以上に難しかった。

                   

                  第9週目(令和元年7月)

                  遅れて乗船した乗組員と会った。約3か月ぶり。

                  少し話をして楽しかった。

                  ここ最近は結構、縄の揚がりが早いと感じた。

                   

                  第10週目

                  沖では何がおこるか分からないので、自分の身は自分でしっかりと管理しなければならないと思った。

                   

                  第11週目

                  約2か月ぶりの陸に上がった。(外地寄港)

                  仲のいいクルーたちと遊びに行った!

                  家族とも連絡して、みんな元気そうだった。

                  これからまた数か月は海の上なので、気を引き締めてがんばろう!

                   

                  第12週目

                  約2週間ぶりの操業だったので、けっこう疲れました。

                  これからミナミマグロの操業が始るので、気を引き締めてがんばろうと思った。

                   

                   

                  以上となります。

                  今年の3月に地元の気仙沼向洋高校を卒業し

                  そのまま海の男の道を選んだ彼。

                   

                  日々、自分を奮い立たせて奮闘しているのがわかる。

                   

                  360度、視界全てが海の世界

                  全長50メートルの船内生活

                  大きく揺れる船、波をかぶりながらの操業

                  コンビニもなければ、自動販売機だってない

                  閉鎖的な空間で

                  眠い目を擦りながらも、続く過酷な労働

                  辛いことが9割を占める。

                  地獄のような思いをするかもしれない。

                   

                   

                  でも、残る1割が最高なんです。

                  皆で力を合わせて、大きなマグロを仕留めた時の感動は格別なんです。

                  その、わずか1割を求めて大海原へと向かっていくんです。

                  それが海の男というものです。

                   

                  私はとにかく怪我のないことだけを祈っています。

                  頑張って!!

                   

                   

                  【イベントのお知らせ】

                   

                   

                  2019 漁業就業支援フェアin仙台 が開催決定!!

                   

                  このフェアは、東京や大阪などで開催する就業フェアとは違い

                  宮城県が独自に主催するものですが

                  漁師を求める宮城県内の漁業者がブースを出展し

                  漁師を志望する方々がそれぞれのブースで面談するという形は同じだ。

                   

                  もちろん、宮城県北部船主協会の我々も参加します!

                  興味のある方は、ぜひご参加ください!!!!

                   

                   

                  人にバカにされたことを流せないのは

                  そのとおりだと自分自身をバカにしているもう一人の自分がいるためです。
                  他人がなんと思おうが

                  これならいけるというものを見つけ

                  しっかり継続させていくことです。
                  やればできるから自信がつき、もう一人の自分は消えます。

                  志茂田景樹
                  (作家・絵本作家、1940〜)

                   

                  -------------------------------------------------

                   

                  遠洋マグロ延縄漁船
                  近海マグロ延縄漁船
                  乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                  厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                  本気のあなたを全力でサポートいたします。
                  本気になれる35歳未満の男性

                  まずはご連絡ください

                  ↓↓↓↓↓

                  【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                  乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                  名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                  住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
                  電 話:0226−22−0793(月〜金)
                  メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                  担 当:吉田鶴男

                  | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | Rookie Fisherman Diary | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  Rookie Fisherman Diary (From Kesennuma-112)
                  0

                    ブログテーマ:遠洋マグロ漁船,新人漁師,洋上日誌,乗組員募集

                     

                     

                    根強い人気となっています「洋上日誌」のコーナーです!

                    今年の4月に気仙沼港を出港した、普通高校を卒業したばかりの18歳の少年。

                    その最新の日誌が届きましたので、皆様にご報告いたします。

                     

                    先日、職場見学に来た高校生も

                    このコーナーを楽しみにしているようです。

                    リアルワンピース(笑)みたいでワクワクするんでしょうね♪

                     

                    続きをご覧ください。

                    前回までの様子はこちらで確認できます。

                    http://gyosenin-boshu.net/?eid=623

                     

                     

                     

                    【第9週目(令和元年6月)】

                    恥ずかしながら、揚げ縄中で1ヶ月も経っていないのに倒れてしまい

                    他の人に迷惑をかけてしまいました。

                    右親指も怪我してしまい、あまり上手くスナップ外しが出来なくなってしまいました。

                     

                    お好み焼きが食べたい!!

                     

                     

                    【第10週目】

                    右親指がようやく治ってきて、スナップ外しなどが出来るようになってきました。

                    軍手を付けるときや、指に振動が来るたびに痛かったので良かったです。

                     

                    焼肉が食べたい!!

                     

                     

                    【第11週目】

                    投縄のスナップ付けでブランのスナップは遅れずに付けられてきましたが

                    やはり玉の2つのスナップを付けるとき、少し遅れてしまうので

                    次は完璧に出来るようにします!

                    次の投縄でブラン投げをするのでスムーズにできるように頑張ります。

                     

                    漫画が読みたい!!

                     

                     

                    【第12週目】

                    投縄で少しだけブラン投げをやらせてもらいましたが、やはりまだ慣れていなくって

                    ブランを早く出したり遅く出したりしてしまい、揚げ縄でブランが早くきたり遅くきたり忙しくなってしまいました。

                    あと、自分が出したところだけモツレが多かったです。

                     

                    餃子が食べたい!!

                     

                     

                    以上となります。

                    慣れない環境で、気持ちを張りつめた日々

                    一気に疲れが出たんでしょうね。

                    倒れたみたい。

                    体力もさることながら、精神面が先に疲れたんでしょうね。

                     

                    指の怪我も治ってよかったです。

                     

                    船の仕事は繊細な仕事が多い。

                    できるだけスムーズに作業を進めるために

                    常に時間を気にしながら仕事をする。

                    少しの遅れでも皆の迷惑なってしまうので

                    焦ってしまうのですね。

                     

                    これも最初の試練です。

                    焦るのは分かりますが、怪我に繋がることもあるので

                    落ち着いて作業を進めて欲しいと思います。

                     

                    「自分が出したところだけモツレが多かったです。」

                    簡単に説明すると、もともと輪になって収納されているブランに餌を付けて海に投げ入れる、となるのですが

                    これにも経験必要で、最初のうちは

                    先輩達の同じように投げ入れたつもりでも、自分の分だけグチャグチャになって揚がってきます。

                    ブラン(枝縄)は真っ直ぐに海中に垂れている状態で

                    はじめて漁労長が狙っているマグロが食いやすい深さに達するのですが

                    モツレ(グチャグチャ)てしまうとその深さに餌が達しません。

                    つまり、ひとつの仕掛けが無駄になってしまうということ。

                    さらに、そのモツレを外す必要がでてきます。

                     

                    簡単そうに見える作業にも奥の深さが見えてきます。

                     

                     

                    お好み焼きが食べたい、焼肉食べたい、餃子が食べたい

                    と、くれば「パンケーキ食べたい」を入れて欲しかったですが(笑)

                     

                    陸上みたいに、食べたいものをすぐに食べれる環境でもなく

                    追加の買い物を自由にできることもなく

                    360度が海という特殊な環境なので、どうしても食べ物の欲求が出てきてしまいます。

                    これを書かれてしまうと、私も胸が締め付けられてしまうのですが

                    何とか乗り切って欲しいところです。

                     

                    乗船してから約4か月

                    今から約半年後、一回り大きくなった男になっていることを

                    心から祈っています。

                     

                    頑張れ!!!

                     

                     

                    耐えがたきに耐えたことは、想い起こすごとに愉快である。

                    ルキウス・アンナエウス・セネカ
                    (古代ローマの政治家・哲学者、紀前1頃〜紀元65)

                     

                     

                    2000年以上も前の言葉

                    苦しみに耐えたことは、後にネタとなり笑い話になる。

                    耐えることが人生に深みを与えるという不変の言葉。

                    苦しみから逃げてばかりの人には当てはまらず

                    真正面から受け止めた人にだけ与えられる特権のようなものではないかな。

                     

                    帰ってきたときに、愉快な話として聞かせてくれ。

                    食べたいものを食べさせてやるから。

                     

                    -----------------------------------------------

                     

                    遠洋マグロ延縄漁船
                    近海マグロ延縄漁船
                    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                    本気のあなたを全力でサポートいたします。
                    本気になれる35歳未満の男性

                    まずはご連絡ください

                    ↓↓↓↓↓

                    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                    住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
                    電 話:0226−22−0793(月〜金)
                    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                    担 当:吉田鶴男

                    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | Rookie Fisherman Diary | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    令和元年度新規学卒者獲得をめざして!(乗組員大募集)
                    0

                      JUGEMテーマ:マグロ漁船,カツオ漁船,乗組員大募集

                       

                       

                      新年明けましておめでとうございます!

                      と、言っていたのがつい最近のように思いますが、もう8月!

                      8月の第一土曜、日曜は「気仙沼みなとまつり」

                       

                      普段の港での行きかう人達は漁師さんか漁業関係者がほとんど。

                      それが年に一度のお祭りになると一気に人が押し寄せるので、もの凄い人だかり♪

                       

                       

                       

                       

                      いつも、こんな賑わいだったらいいのになぁ〜〜と思うのは私だけでしょうかw

                      夜には大花火大会。

                       

                       

                       

                       

                      なかなか花火の写真って難しい〜

                      魚市場もライトアップされて素敵な感じ

                       

                       

                      このお祭りが終わると、秋を意識し始める気仙沼港。

                      梅雨明けしたばかりですが、次のサンマ漁に向け雰囲気が変わっていくのです。

                       

                      私達も、来年3月に水産高校等を卒業する生徒さんの獲得に向けた活動が追い込みとなります。

                      先月末には福岡県立水産高校に行ってきましたが

                      今度は職員の中田くんに茨城県立海洋高校、福島県立いわき海星高校に行ってもらいました。

                       

                       

                      あの猛暑の中、片道5〜6時間も車を運転する出張

                      本当にご苦労様でした。

                       

                      お盆休みが終わりましたら、今度は私が

                      山形・秋田方面と、神奈川・静岡方面に出かけていきます。

                      50歳も近くなると、なかなかシンドイところですが頑張ります(笑)

                       

                      この他には

                      我々が訪問するのとは逆に、高校生側から職場訪問という形で各水産高校から来ていただくことがあります。

                      今は全国の6校からお問い合わせや実際に訪問していただいております。

                       

                       

                       

                      先日も、ある高校から生徒さんに来ていただいたので

                      新魚市場のフロアにある

                      遠洋マグロ漁船等の操業場所等が一目でわかる巨大マップをもとに

                      出来るだけリアルはお話させていただきました。

                       

                      興味津々で、目がキラキラ輝いていて

                      話す私もテンションがどんどん上がりっぱなし

                       

                      最終的にはどの地域の、どの漁業種類を選択するかは生徒しだいなので

                      気仙沼を選んでいただけるように、魂を込めての説明です(笑)

                      大げさかもしれませんが、他人を動かすということは容易ではなく

                      感動しなければ動いてくれないものです。

                       

                      そのために、誠心誠意、心を込めた対応が必要。

                      想いを込めながら、引き続き活動していきたいと思います。

                       

                      今年も残すところ5か月弱、全力で駆け抜けさせていただきます!!!

                       

                       

                      至誠にして動かざる者いまだにあらざるなり。

                      (誠意と真心を尽くせば、心を動かされない者はいない)

                      吉田松陰
                      (江戸幕末期の思想家・教育者・兵学者・武士、1830〜1859)

                       

                       

                      ---------------------------------------------------

                       

                      遠洋マグロ延縄漁船
                      近海マグロ延縄漁船
                      乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                      厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                      本気のあなたを全力でサポートいたします。
                      本気になれる35歳未満の男性

                      まずはご連絡ください

                      ↓↓↓↓↓

                      【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                      乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                      名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                      住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
                      電 話:0226−22−0793(月〜金)
                      メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                      担 当:吉田鶴男

                      | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 確保育成活動 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + ランキング参加中♪
                      クリックお願いします
                      + プレビューランキング
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE