漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 【漁業就業支援フェア2020開催決定のお知らせ】 | main | おかえり!新人船員が長期航海から帰ってきた! >>
Rookie Fisherman Diary (From Kyoto-119)
0

    大好評の洋上日誌のコーナーです。

     

    そして、(from kyoto)?

    もしかして??

     

    と思うコアなファンもいらっしゃるのではないでしょうか。

    洋上の激務を面白く伝えてくれる『洋上のエッセイスト』(と私は呼んでいる)

    の登場です!

     

    今回は何と、エピソード1(初航海)の最終回

    第37週目から日本に到着するまでをお伝えいたします。

    私としては何だか寂しい気もします(笑)

     

    早速お伝えいたします。

     

     

    【第37週目】

    同じデッキブラシなのにパワフルな先輩が扱うと「シャッシャッシャッ」から「ゴガッコガガガガッ!」と音が変わる。

    明らかな排気音の差を感じる。

    休み。魚がないのでミクロネシアから出る。

    魚がある。気分が良い。

    今日も魚がある。このままのペースで最後まで行って欲しい。

    少しクシャミをしたり、疲れたそぶりを見せると「コロナ!コロナ!」と叫んで面白がるインドネシア船員。

    モツレや壊れたスナップにもコロナ!と言う始末。

    投縄やって揚縄やって、そして掛ったのは小ぶりのキハダ一本だけだった。

    また魚がないなぁ。近辺の船はどこもだいたい同じらしい。

     

    【第38週目】

    小さいカニが投縄機に入ってしまった!!無回転で綺麗に飛んで行った。

    普段より早く飯を終えただけなのに、船長は空を見上げ「雨が来るな」と呟いた。

    メバチの神経通しに失敗した。あの巨体が腰の高さまで飛び跳ねて大暴れした。危なかった。

    今日はキハダの日。キハダがたくさん。

    階段の真ん中であぐらをかいて迷走していたのは我らが船長だった。

    スナップ外しで負傷した指先の爪の傷がキンキン痛い。

     

    【第39週目】

    作業台の端にある不自然なクレーターや傷跡は先輩の仕業だったとここで知る。

    今日は魚がない。最近の1トンペースがここでストップ。

    タンカー給油。コロナ対策で全員マスク装着。油の臭いで気分が悪い。

    凍結室の雪ではサラサラすぎて雪だるまは作れない。

    小さなサイズの魚が掛かってしまうと、芽を摘んだようで寂しい気分になる。

    表倉庫で作業中、先輩にまた狙撃された。隙を見せてしまった。

     

    【第40週目】

    些細なことがきっかけでインドネシア人と喧嘩になった。

    そろそろ休みが欲しいなぁ

    最近、雨ってばかり。降って止んでまた降って。カッパが忙しい。

    三歩歩けば忘れる鶏と同じだな!と船長から言われてちょっと悔しい。

    今日の投縄は海がとても穏やかでCGみたいでした。

    喧嘩して以来、スナップ外しがグンと上手くなった。ご利益喧嘩!

     

    【第41週目】

    寝ぼけたカツオドリがマストにぶつかり降ってきて背後に落下した。危なかった。

    新調した船長の帽子がダサい。前の赤いやつの方が似合ってた。

    先輩のブイの回収が力技すぎてアシストする僕も大変。

    メカを捌きたいが、船長は10年早いという。

    魚を逃した直後なのにインドネシア人の冗談で爆笑したことを先輩に注意された。

    でかいメカを揚げた。久しぶりにホイストを使った。

     

    【第42週目】

    ひさびさにオールしてしまった。揚縄中眠気で大変だった。

    足で外すスナップテクにチャレンジ!1回も出来ず。

    ショッカーケーブルがサメに噛まれて避けてしまった。

    最近は安定して1トンペースが続いている。早くビッグウェーブが来て欲しい。

    投縄中にブランのモツレを連続でやってしまった。先輩から高速連打頭突きをいただいた。

    引き揚げられるメカのひしゃげた変顔(?)が面白く、カギに力が入らなかった。

    生きの良いバチが掛かった。引いて引かれての繰り返しで軍手が火を噴いた。

     

    【第43週目】

    ブランリールで巻いたブランを外す時、船長はピョコっとジャンプする。

    台風みたいな嵐に襲われてみんなテンション爆上げ。なぜかカッパを脱ぎだした奴もいる。

    漁労長に休みの予定を聞いたら、最後までないとのこと。燃えてきた!

    インドネシア船員とまた喧嘩してしまった。

     

    【第44週目】

    魚がない。インドネシア船員はラマダン!ラマダン!と面白いことを言っている。

    菓子が底をついた。凍結終わりの楽しみがなくなった。

    揚縄の最後に来る当たり前のモツレを解消して、今日が終わる。

    投縄中に綺麗な半円んお虹を発見。先輩の目を盗んで一枚パシャリ!

    ド級のモツレが来た。あっちこっちから揚がる幹縄やブランで大忙しだが、この状況を楽しんでいる自分がいた。

    情報屋のインドネシア船員によると、揚縄はあと10回で終わるらしい。

     

    【第45週目】

    漁労長からカントリーマアムをいただいた。3日に1枚のペースで食いつなぐ。

    今期最大級のバチが揚がった。餌を掛けたのは自分なので誇らしい。

    イルカを見た。水族館にいるような可愛げは無かった。

    初めての部分分け解剖にチャレンジ。気持ちいい作業だった。

    魚がかかり、力任せに引っ張っていたら釣針が外れて鬼速で飛んできた。危なかった。

    今頃になって湿疹が気になる。

    寝違えた。寝台の狭さにまだ慣れない。

     

    【第46週目】

    船長が心無いと言われたことをまだ根に持っている。

    ブランが切れてスナップだけ揚がって来た。今日一番テンションが上がった出来事だった。

    あと10回で終わるのはガセだった。長靴に穴開いた。

    長靴のガムテープがすぐ剥がれるので新しいのに替えた。

    あと9回で終わるらしい。スナップ外しに失敗。爪が割れて出血。

    あと7回に訂正。

    色白でおめめパッチリの美人バチがたまに掛かる。

     

    【第47週目】

    モツレの解消にもたついてまたペラってしまった。ペラないように気をつけないと。

    食パンが食べたい。

    長らく続いた咳がやっと治った。原因は不明。

    仕事が終わって寝台に転がった時のしあわせ感。

    明日は最後の日。残り10回からここまでが長かった。

    終わった。74連勤。1日休み。

    チャンチャン。サビだらけ。サンダーが唸る。

     

    【第48週目】

    船長がグラビアのページを開いて微笑んでいた。

    ペンキ塗りも仕上げに入る。

    ブランの傷チェック。

    デッキ擦り。大が漏れそうなのでドアを鬼速でノックしたらインドネシア船員が下を履かずに飛び出してきた。

    水温が下がってきた。海水浴にはまだ早いっぽい。

    青ヶ島が地図上に見えてきた。Japanは近い。

    八丈島付近を通過。電話が繋がる。明日入港予定。

     

     

    第36週目までの日誌はこちら

    http://gyosenin-boshu.net/?eid=683

     

     

    以上となります。

     

    この彼も、気仙沼港へと帰ってきました。

     

    IMG_6450.JPG

     

    彼の1年間に渡る航海記いかがだったでしょうか。

    辛く過酷な1年が、彼にかかれば楽しく刺激的な日常になってしまう(笑)

     

    本人も努力を重ねたことと思いますが

    日誌中に何回も登場する船長。

    そして漁撈長。

    何より、彼の傍でサポートをしてくれた先輩(乗船9年目)の存在が大きいだろう。

    この彼も、「この先輩がいなかった自分は洋上でくじけていたかもしれない。」と私に話してくれた。

     

    そして

    「僕はこの会社、この船で本当に良かったと思います。」

    と言ってくれたことが本当に嬉しかった。

     

    船の仕事を全体的にみてどう感じた?と私が質問すると

    帰ってきた答えが

    「陸上の仕事と比べるとケタ違いに過酷で、何もない洋上ですが毎日が変化に満ちている。」

     

     

    乗組員の皆様。

    長期航海、本当にご苦労様でした。

    新人の面倒をしっかり見ていただきありがとうございました。

    お陰様で人間的に大きな成長を成し遂げたようです。

    今後とも、よろしくお願いいたします。

     

    休暇後は「洋上日誌シーズン2」が始まります。

    ご期待ください(笑)

     

     

    努力すれば報われる?

    そうじゃない

    報われるまで努力するんだ!

    魔裟斗

     

     

    ------------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性
    まずはご連絡ください
    ↓↓↓↓↓
    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男
    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | Rookie Fisherman Diary | 10:12 | comments(0) | - | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE