漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 新造船「第一昭福丸」のお披露目に伺ってみました! | main | 「漁船員になりたい人の必読書第2集」編集開始! >>
第二回若手漁船員トークショー&遠洋マグロ漁船見学会を開催!
0

    事のはじまりは、2018年の秋ごろ。

    まだ、気仙沼向洋高校が仮設校舎だったころの話です。

     

    求人関係で高校に伺ったとき、ある先生から

    「生徒は2年生で長期の洋上実習を行い“延縄漁”を体験するものの、実際のマグロ漁船を見ていない」
    「マグロ漁船の見学をさせてもらえないか」
    と依頼があったことから始まります。

     

    私は仕事を引き受けるからには

    「私なり」のテイストで仕事をこなしたい。

    普通の見学会では面白くないと思いました。

     

    船主協会に話を持ち帰り

    「特別な見学会をしたいが、何かアイディアはないか?」と検討したところ

    出てきた答えが「若手漁船員のトークショー」をドッキングさせてはどうかというもの。

     

    これだけ若い人が集まり、大型漁船に乗船している港は他にはないはず。

    船主協会にしかできない、気仙沼ならではの企画が誕生しました。

     

    船員たちが船内で食事をとるサロンで、実際に食事をしてもらってはどうかと

    宮城県北部鰹鮪漁業組合さんに協力を依頼し、お寿司を生徒に振舞っていただきました。

     

    第一回目の様子は「気仙沼向洋高校ホームページ」でもご覧いただけます。

     

    主催側としても、かなり面白かったので

    是非、第二回目もやりたいなぁ〜〜と思っていたところに

    第二回目の依頼を学校側から頂戴し、企画することとなりました!

     

    ただ、昨年通りというのも面白くないので(笑)

    もうひとつ何かを付け加えたい。

    どうしよう??

     

    ということで

    第二回目は、“株式会社みらい造船”に協力をお願いし

    造船場見学も追加することになったのです。

     

    当然のことながら

    第一部 遠洋マグロ漁船見学会(コの字岸壁)

    第二部 株式会社みらい造船見学

    --昼食休憩--

    第三部 若手漁船員トークショー(気仙沼向洋高校)

    を移動含め4時間でこなす超タイトなスケジュールとなってしまいました(笑)

     

    11時過ぎに生徒がコの字岸壁に到着。

    見学するのは詆妖諜業部所有、第68清福丸(379屯)!

     

    IMG_012.JPG

     

    この日は船主さんが不在だったので

    私がご挨拶。

     

    さっそく船内見学に移ります♪

    私は1班担当で、船尾から見学スタート!

     

    IMG_014.jpg

     

    船尾で行う投縄作業の説明をします!

    説明をするのは、この船に乗船する若手船員Iくん(20歳)

    第三部ではパネラーも務めてもらいます。

     

    続いて、階段を下りて船底の方へと向かいサロンの見学

     

    IMG_015.PNG

     

    IMG_010.JPG

     

    乗組員はここで食事をとるので

    体験の意味を含めて「漬けマグロ寿司」を堪能♪

    美味しそ〜〜

    私も一貫いただけばよかったと今更ながら後悔(笑)

     

    20名の生徒のうち7名が女子なので

    女子チームもあったりしてw

     

    IMG_019.PNG

     

    そして、女子の方が元気だったりして(笑)

     

    つづいて、エンジンルームの見学です。

     

    IMG_6101.JPG

     

    顔が写ってませんが、エンジンルームの解説を担当したのが

    同じく若手一等機関士のTくん(25歳)!

    この青年も第三部ではパネラーを務めます。

    顔写ってませんけどw

     

    次はお風呂場などの生活の場を見学し〜

     

    IMG_6102.JPG

     

    船員室の通路を通って、ブリッジへ

     

    IMG_016.PNG

     

    ブリッジの担当は、いつも新人船員の乗船前実技研修の講師をしていただいている千葉講師♪

    生徒の顔も真剣でした。

    相変わらず説明が上手い!

     

    IMG_017.PNG

     

    甲板に下りまして

    揚げ縄作業の説明をしてくださるのは、同じく新人船員の乗船前実技研修の講師をしていただいている前川講師♪

    いつも真剣です!

     

    IMG_013.JPG

     

    約40分くらいかけての船内見学も無事終了〜!

    少し時間が空いたので、記念撮影も行いました!

     

    IMG_6121.JPG

     

    次は、第二部(株式会社みらい造船見学)です!

    生徒たちはジャンボタクシー3台に分乗し、現地へ向かいます。(忙しい、、)

     

    主催者側の大人たちは

    見学船の片づけ戸締り班とみらい造船見学班、トークショー準備班の3班に分かれ

    持ち場へと向かいます。

     

    IMG_020.JPG

     

    IMG_021.JPG

     

    みらい造船さんに到着!

    普段、絶対に見ることのないアングルから遠洋マグロ漁船を見学!

     

    IMG_6128.JPG

     

    スクリューや舵など、水面下にある部品もしっかり見学することができました!

     

    IMG_022.JPG

     

    IMG_023.JPG

     

    みらい造船さんの計らいで、ご自慢のシップリフトの説明をしていただきました。

    シップリフトとは、説明よりもこちらの動画をご覧ください。

     

     

    こんな感じで、この大きなマグロ漁船を水中から陸へと押し上げる装置なのです。

     

    IMG_027.JPG

     

    IMG_025.JPG

     

    私も上に登って説明を聞きたかった〜w

     

    付き添っていただいたみらい造船のスタッフさんにご挨拶し

    再びジャンボタクシーに飛び乗り学校へと向かいました。

     

    IMG_0329.JPG

     

    宮城県気仙沼向洋高校到着〜

     

    生徒は制服に着替え、昼食をとります。

    我々もここでお茶を飲める時間を何とか確保♪

    お茶が上手い!

     

    学校のはからいで、はじめてこの学校に訪問した主催者側のスタッフは

    校内見学もさせていただきました。

    ありがとうございました!

     

    休憩時間もつかの間

    第三部、若手漁船員トークショー開始の時間です。

     

    生徒から事前に質問事項を預かっていたので

    その質問にそって進行します。

    司会は昨年に続き、私が担当。

     

    IMG_030.jpg

     

    パネラーを務めますのは

    68清福丸一等機関士のTくん(25歳・乗船5年)

    同じく、68清福丸甲板員のIくん(20歳・乗船2年)

    の2名が担当します。

     

    もう2名くらいパネラーが来る予定でしたが

    開催日までの帰港が間に合わず、二人に頑張っていただきました!

     

    IMG_031.jpg

     

    なかなか質問のレベルが高く驚きましたので

    いくつか紹介したいと思います。

     

    ・マグロ漁船でどのような怪我をする可能性がある?

    ・初めてマグロ延縄漁をしたときはどのような気持ち?

    ・乗組員の構成、人数、外国人船員との割合は?

    ・乗組員同士、特に外国人船員とのコミュニケーションはどうしてる?

    ・外国人船員との関りで困ったことは?

    ・操業中に船が壊れたらどうする?

    ・船のネット環境は?

    ・一日の睡眠時間は?

    ・1日で一番うれしい時間(楽しみ)は?

    ・船の食事で一番好きなメニューは?

    ・家の食事と船の食事、どちらがおいしい?

    ・恋しくなる食べ物は?

    ・クリスマスやお正月は、いつもよりいい食事になる?

    ・休暇中でも船の癖では早起きすることはある?

    ・陸にあがると海に行きたくなりますか?陸にずっといたいと思いますか?

    ・労働時間、給料、休暇はどれくらい?

    ・休暇中は家族と過ごす以外に何をしているか?

    ・初めて乗船したとき一番きつかったことは?

    ・手紙は書きますか?

     

    こんな感じの質問をパネラーにぶつけていくのです。

     

    ・恋しくなる食べ物は?

    ・手紙は書きますか?

    ・陸にあがると海に行きたくなりますか?陸にずっといたいと思いますか?

     

    なんてのはいい質問でしたね〜♪

     

    IMG_034.jpg

     

    途中、枝縄の巻取り実演や

     

    IMG_032.jpg

     

    船で一番使うロープワーク「縄刺し」の実演も行いました!

    いとも簡単にやってしまうので、生徒たちは凄いと思ってくれたかどうか?

    実際にやってみると難しいんですよ。

    来年は生徒にもやってもらおうかな〜と考えてます。

     

    トークショーはこんな感じで1時間行いました。

     

    企画、準備にはかなりの時間を費やしましたが

    始まってしまえば、すべて一瞬で終わっちゃいます!

    今年も凄く充実したイベントになったと思います。

     

    IMG_0680.JPG

     

    地元の三陸新報にも掲載していただきました!

     

    今日一日の出来事が、生徒の心に少しでも残ってくれれば

    大成功ではないでしょうか。

     

    このイベントは宮城県北部船主協会主催となり

    報道だけを見ますと

    私ひとりが企画運営したかのように見えたりしますが

     

    このタイトなスケジュールを分刻みで組んでくれた船主協会スタッフの中田くん。

    貴重な休暇中なのに、イベント前準備の船内片づけ清掃から見学船の案内、そしてパネリストまで快く引き受けてくれたTくんとIくん。

    船内見学で洋上での漁撈作業をリアルに解説していただいた前川、千葉両実技講師。

    貴重な休暇中にもかかわらず、イベント前準備の船内片づけ清掃を手伝ってくれた68清福丸の機関長。

     

    そして

    見学船の提供をしていただいた詆妖諜業部。

    漬けマグロ寿司を提供してくれたうえ、人員を割いてくれた宮城県北部鰹鮪漁業組合。

    お忙しいところ人員を割いてくれた気仙沼遠洋漁業協同組合。

    唐突なお願いにもかかわらず快く場内見学を了承していただいた蠅澆蕕ぢちァ

     

    皆さまのおかげで

    「若手漁船員トークショー&遠洋マグロ漁船見学会」が成立しております。

     

    来年の第三回目は、また違った企画をする可能性が高いですが

    引き続きご協力のほど、お願いいたします。

     

    その前に、私のトークスキルをもっと伸ばさなければ、、、と痛感しております(笑)

     

     

    (お知らせ)

    このトークショーでの様子や私の感想をラジオでお伝えしますので

    お時間のある方は聞いてみてくださいね。

     

    ラヂオ気仙沼(77.5MHZ)

    令和2年2月17日(月)

    『GOODAYGOODAY』

    12時45分から55分まで10分間生出演いたします。

     

    市外の方はスマホアプリ『ListenRadio』をインストールすることで聞くことができますよ。

    宜しくお願いいたします。

     

     

     

    伝えることをあきらめちゃいけない。
    聞く気持ちがある人には、必ず伝わるから。
    木藤亜也
    (脊髄小脳変性症患者、1962〜1988)

     

    -----------------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性
    まずはご連絡ください
    ↓↓↓↓↓
    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男
    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 確保育成活動 | 18:39 | comments(2) | - | - |
    嬉しくなりました。何時も見ています。
    「継続は力なり」です。良くここまで来ましたね。
    地元の人たちの「思い」を集めて、もっと活発にやって下さい。
    | 菅原 啓 | 2020/02/17 10:59 AM |
    お久しぶりです!
    いつも読んでいただきありがとうございます。
    新しいアイディアどんどん投入して
    活発に活動していきたいと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします!
    | 船員職業紹介担当 吉田 | 2020/02/21 4:12 PM |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE