漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 気仙沼向洋高校で漁業ガイダンス | main | 新造船「第一昭福丸」のお披露目に伺ってみました! >>
祝♪ブログ「漁船員になろう!」が8周年
0

    この日がやってきました。

    令和2年2月1日、ブログ「漁船員になろう!」が8周年を迎えました!!

     

    この日が来ると思いだしますね〜

    平成23年3月11日の東日本大震災。

     

    201103271440.JPG

     

    201103271447.JPG

     

    201103291221.JPG

     

    201103291236.JPG

     

    これは震災後、車で動きが取れず自転車で職場(船主協会)に向かう途中の光景と

    当時の船主協会付近の光景です。

     

    半年以上は来る日も来る日も乗組員の雇用継続に向けた活動に奔走し

    がむしゃらに活動しましたね〜

    よく乗り切れたと思います。

     

    あれから8年。

    120名を洋上に送り出し、他に7名が出港に向けたスタンバイ。

    このブログをはじめてから、これまでさまざまな新聞やテレビなどにも多く取り上げていただき

    貴重な経験をさせていただきましたし、多くの皆様の優しさに触れることもできました。

     

    8年も経過すると

    若者の気質にも変化が見られるので、こちら側も変化し続ける必要があると感じています。

    そう考えると、これからが本番なのかもしれませんね。

     

    何とか若者を漁船漁業へと導く道は作れたものと自負しておりますが

    今後は、導かれた若者がこの道で良かったと感じてくれるような漁船漁業界にしていかなければなりません。

     

    航海日数の短縮と休日の増加、そして賃金アップ

    さらには多くの時間を過ごすこととなる船内環境、労働環境の改善。

    見直すところはまだまだある。

     

    でも、一番は人間関係ではないでしょうか。

    人間関係が良好だと辛い仕事でも前向きに挑むことができるもので

    エネルギの源になると信じています。

     

    既存乗組員には、ここで今一度

    新人船員を育てる意義を伝えていきたいと思っています。

     

    インターネットで「マグロ漁船」と検索してみれば

    出るわ、出るわの都市伝説。

    フェイクニュースに溢れていますよね。

    HPを開いてみると、19屯くらいの漁船の写真があって

    それでインド洋まで行ってるかのような内容。。。

    突っ込みどころ満載ですよ。

     

    ただ、「遠洋マグロ漁船」とか「近海マグロ漁船」のように

    もう一段深いキーワードで検索していくと、かなり正しい情報を知ることが出来ます。

    こんなフェイクには負けられませんよ!

     

    平成24年2月からこのブログを開設し、半年が過ぎた頃でしょうか。

    そのころ不思議な夢を見たのです。

     

    とても明るい空間で、私は真っ白なモヤに包まれていました。

    まるで雲の上にでもいるような感じ。

    周りを見渡していると、うっすらと人影が見えてきました。

    大勢の人たちが私の周りを囲んでいます。

    モヤがゆっくりと消えると、その大勢の人たちの表情がはっきりと見て取れるようになりました。

    100人くらいはいるでしょうか。

    全員が満面の笑みで、私を拍手で迎えてくれています。

    そして口々に

    「すごいね〜〜!」

    「ずっと見てたよ!」

    「ありがとう〜〜!」

    と称賛してくれるのです。

     

    状況が呑み込めず、キョトンとしていると

    70歳くらいの男性が近寄ってきて、私に両手で握手を求め、こう話し始めました。

    「私は中学を卒業してから50年間、遠洋マグロ漁船に乗ってきました。」

    「震災の時、警告を聞かず避難しなかったせいでここに来てしまった。」

    「ここにる皆がそうだ」

    「残した家族が心配だった。これからの気仙沼も心配だった」

    「あそこにある大きな窓から気仙沼を眺め、案じていたんです」

    「そしたら、あなたの活躍が見えた!」

    「どんな壁にぶち当たっても、乗り越え続けるあなたの姿が見えた!」

    「マグロ漁船に若い人が乗らなくなり、私らの世代で終わるんだと思っていた」

    「それをすべて変えてくれた。港は若い人で溢れてる!私の若いころの港と同じ港がここにある!」

    「ありがとう!本当にありがとう!」

    と涙ながらに話していらっしゃいました。

    ここで夢は終わりです。

     

    この男性は誰だったのか、「ここ」とはどこなのか?

    私には分かりません。

    ただ、この夢は今でも鮮明に覚えており

    私の勇気になっています。

     

    私は震災当初からの夢はひとつ。

    「若者であふれる港を創る」

     

    宮城県北部船主協会と会員(船主)、そして乗組員とともに

    9年目の一歩を歩んでいきたいと思います。

    今後とも、ブログ「漁船員になろう!」をよろしくお願いいたします。

     

     

    ファイト!闘う君の唄を

    闘わない奴等が笑うだろう

    ファイト!冷たい水の中を

    ふるえながらのぼってゆけ

    中島みゆき(ファイト!より)

     

     

    ------------------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性
    まずはご連絡ください
    ↓↓↓↓↓
    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男
    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | コラム・エッセイ | 17:45 | comments(0) | - | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE