漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 「将来の幹部候補に!3年連続地元高校から漁船員」〜三陸新報 | main | 会議で東京、そして面接選考で福岡県へ >>
気仙沼港でまた、ひとりの航海士が誕生しました
0

    先週の22日、若手船員の見送りに行ってきました。

     

    IMG_6033.JPG

     

    私がカメラを片手に港に行くと、さまざまな方から「この船に新人が乗るの?」って聞かれます。

    「もう新人じゃないよ4年目だもの」

    「今年、資格をとって今回から航海士だよ」

    こう返すと、皆さん本当に喜んでくれますw

     

    IMG_6036.JPG

     

    この彼と最初に会ったのは平成27年の秋ごろだったでしょうか。

    当時は山形県立加茂水産高校の3年生

    正直、こいつ大丈夫かなぁ〜〜っ

    すぐ辞めるんじゃないかなぁ〜〜って心配だったのですがw

    こうして丸三年を過ぎても、勇ましく沖へ向かう姿にたくましさを感じます。

    体もガッチリとして漁師の体つき

    初航海の時はあまりの体格の変化に、母親が息子の腕に触れ涙してました。

    たくましくなった嬉しさと、こんなに筋肉がつくという事はどれほど苦労したのだろうという母心とが

    交錯した涙だったように思いました。

     

    IMG_6034.JPG

     

    出港前日、仕事を終え帰ろうと思ったところに彼から電話がありました。

    「吉田さ〜ん、今日飲みに行かないんすか?」

    まだ十代だと思っていた彼も22歳。

     

    じゃ、今から行こうということで

    市内の小さな居酒屋に。

    出港直後の11月26日が彼の誕生日ということもあり

    『海技士試験合格祝い及び第一級海上特殊無線技士試験合格祝い、並びに航海士昇格祝いと出港祝い、そしてお誕生日おめでとう』という長々とした名称のお祝いを2人でしました(笑)

     

    22歳の青年と49歳のおっさん。

    年の差27歳。

    まさに親子の年齢差。

     

    初航海から今までの事

    すごく悩んだこと

    出来ないことが出来るようになった時の喜び

    海技士試験のときのこと

     

    いろんな話をしました。

     

    特に印象に残ったのがマグロの「サイカツ」のお話。

    引き揚げたマグロの内臓を取り除いたり、エラを取ったりする凍結前の処理のことになりますが

    通常10分以内となってるものを、最初のうちは30分以上かかっても終わらなかったといいます。

    温かかった先輩の視線が徐々に冷たくなり

    時間もかかった上に処理もボロボロ

    作業が終わったと先輩に報告し、処理を見られた時の深い眉間のシワ

     

    なかなか作業が早くならず、時折聞こえる誰かわからぬ舌打ちの音

    いよいよ言われるお叱りの言葉に心がボロボロ

    それでも諦めずに作業を続け、皆と同じ時間に終わらせることができるようになった。

    先輩の眉間のシワもない。

    ごく普通に、自分のした処理そのままで先輩方が次の作業に移る。

    手直しもない。

     

    これがとても嬉しかったといいます。

    特にお褒めの言葉もないけれど、自分の仕事が一定水準に達したんだと感じる瞬間だったそうです。

     

    仕事はとても大変で、7ヶ月航海の中で休みが3日しかなかったけど

    自分は人に恵まれたおかげで乗り切れた。

    不平不満を言ったらキリがないけれど、与えられた環境でどのように楽しむかを考え

    どれだけ笑顔を作るかで、コンビニが無くても、スマホが使えなくても

    それなりに楽しくやっている。

     

    こんな話を聞くと、大人になったなぁ〜と嬉しく思います。

     

    IMG_6037.JPG

     

    次に帰ってくるのは7カ月後かな。

    今回は昇格したので、仕事にもそれなりのレベルが求められます。

    プレッシャーに負けずに頑張って欲しいですね。

     

    IMG_6040.JPG

     

    時間をみて、頑張れメールを送ってあげたいと思います。

    それでは半年後。

     

    IMG_6042 (1).JPG

     

    紙一重の薄さも、重なれば本の厚さになる。

    君原 健二(1941年 - )

    日本の男子陸上競技(長距離走・マラソン)選手

     

    なんでも一日一日の積み重ねだね。

     

    --------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 確保育成活動 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/653
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE