漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 漁業就業支援フェアIN仙台に参加してみました! | main | 乗組員募集活動で山形・秋田方面に訪問してみた! >>
遠洋マグロ漁船船内見学会および船主さんとの懇談会を開催!
0

    ブログテーマ:遠洋漁業,船内見学会,乗組員募集

     

    1年を通して、遠洋漁業の乗組員を募集し続けているのですが

    そこに応募してくる乗船希望者(未経験者)の動きには大きな波があります。

     

    1月くらいから問い合わせ件数が増えてきて、4月前後になると乗船希望者からのお電話が毎日数件いただくようになります。

    それが7月くらいから下降をたどり、8月になるとピタリと止んでしまいます。

    再び10月になると乗船希望者からのお問い合わせが増え、12月になるとピタリと止み

    また1月から増えていくという同じサイクルを繰り返しています。

     

    とても不思議です。

    ですから、通常だと今(9月)はいわゆる閑散期になるのですが、今年は違っています。

    8月になっても乗船希望者からのお問い合わせが止まないのです。

     

    気仙沼だけでなく、全国的なものだと思いますが

    陸上企業では求人を出しても人が集まらないと、人手不足が大きな問題となっています。

    離職率が良い、悪いの前に人が集まらないのです。

     

    そんな中で、過酷な遠洋漁業で乗組員募集(未経験者)をだしただけで

    多くのお問い合わせを受け続けるというのは幸せなことなのかもしれませんね。

     

    遠洋マグロ漁船の入港船が少ないこの時期に

    遠洋漁船を見たこともない多くの方からお問い合わせをいただくことになったので

    「乗船希望の意思が強そうな人達を全員一気に気仙沼に呼んでみようか!?」という発想に行きつきました。

     

    まずは、実際の遠洋マグロ漁船を見学し

    過酷な状況をしっかり理解してから再度検討してほしいというのが狙いです。

    出港してしまったら、少なくても半年以上は後戻りできません。

    乗ってから後悔してほしくないのです。

     

    呼び寄せることにしたメンバーは全部で8名

    北は北海道、南は大阪まで広範囲となります。

    しかも、旅費は完全自己負担。自分の力で来てもらいます。

     

    想定内ではありましたが

    大阪府からの3名が連絡がつかなくなり、いわゆるドタキャン。

    そうかと思ったら、当日になって地元宮城県から急きょ1名が参加を表明してきたので

    最終的には6名での見学会となりました。

     

    9月10日午後1時に、宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会に集合。

    2名が遅れるとの連絡が入ったので4名でこじんまりとスタートしました。

     

     

    参加することとなった6名の内訳は次の通り

    ●宮城県仙台市から2名(27歳、29歳)

    ●神奈川県から2名(23歳、29歳)

    ●北海道から1名(21歳)

    ●山形県から1名(18歳)

     

    私のありがたい講話を終え、見学する遠洋マグロ漁船に移動

    船内まで40分に渡りじっくりと見学させていただきました。

     

     

     

    船の見学を終えると、再び船主協会が入居する気仙沼市水産振興センターに戻り

    フロアにある水産情報等発信施設で遠洋マグロ漁船の1年の航路を簡単に説明。

     

     

    この巨大な地図で説明しました。

     

    そして、遠洋マグロ漁船の実際の操業映像が上映される

    その名も「海と生きるシアター」!!

    で、リアルに操業を感じてもらいました。

     

     

     

    そして、最後のイベントなる、「遠洋マグロ漁船の船主さんとの懇談会」

    各社にお声がけをさせていただいたところ6社が参加!

     

     

    40分間でしたが、さまざまなお話ができました。

    素人さんならではの質問に笑いがおきたりとなかなか楽しい時間となりました。

     

    16時で閉会となり、ひとりひとり感想を聞いたところ

    「さらに乗りたくなりました!」

    と、気仙沼に来た時以上に目をキラキラさせていましたね〜

     

    かなり厳しい話を冒頭からしたと思うのですが、、、

    さらに心に火をつけてしまったような(笑)

     

    はじめてにしては、とても良かったと思っています!

    また人数が集まれば、継続的に開催してもいいですね。

     

     

    その様子が、11日付三陸新報にも掲載されました。

    「海の男」に思い寄せ〜若者が遠洋マグロ船見学

    素敵なタイトルですw

     

    全員が我々の仲間となれるよう

    彼らと連絡を密にとっていきたいと思います!

     

     

    現実的になれ、と忠告する人々はいつの世の中にもいる。
    夢を潰し、人生を貧しくするのが自分の務めと思っている人々である。
    しかし

    ありがたいことに、人の持つ理想を励まし、人の目標に喜んで付き合おうとする人が、少数だが必ずいるものだ。

    マックギニス
    (米国のカウンセラー)

     

     

    人の夢を潰すドリームクラッシャーに負けないで

    自分の意思でこの遠洋漁業の道を選んでいただきたいと思います。

     

    しかし、新聞の写真をみると

    私のおなか周りのお肉がかなり気になります(笑)

    今日からダイエットを頑張ります。

    いや、明日から?www

     

     

     

    LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0037 宮城県気仙沼市魚市場前8番25号 気仙沼市水産振興センター
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 確保育成活動 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/640
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE