漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 最年長の新人船員が出港! | main | 宮城県北部船主協会が移転しました! >>
気仙沼向洋高校を卒業したばかりの少年が洋上へと羽ばたきました!
0

    今回も新人船員の出港のお話です。

    続いてますね(笑)

     

    今回、ご紹介しますのは

    今年の3月に地元の気仙沼向洋高校を卒業したばかりの少年

     

    前にご紹介した、5人一斉に行った実技研修の中のひとりであり

    最後の出港となりました。

     

     

    このメンバーの中では唯一の海洋科(マグロ漁船の実習も行う)卒業なので

    他のメンバーが船酔いもない中で頑張っているものですから

    何かしらのプレッシャーはあるのかなぁと思います!

     

    出港の門出を祝うかのような晴天

     

     

     

    この船には3年目になる若手船員も乗船中

    兵庫県から気仙沼にやってきた22歳の青年

     

     

    彼はとても明るく、すごくいい性格をしてるんです!

    この彼としても、年齢の近い後輩が乗船してくることは

    気持ちの上では楽なんじゃないかな

     

    海洋科卒業とはいえ、何もわからない素人

    先輩として、しっかり教えてくださいねw

     

     

    出港時間も迫り、船主の挨拶がはじまりました。

     

     

    とても緊張している様子。

    無理もないですよね。

     

     

    陸と船とを結ぶ、歩み板が外されます。

    この瞬間から航海スタート!

     

     

    それと同じタイミングで五色のテープが船へと繋がれ

    しばしのお別れ

     

     

    昔は、乗組員全員が日本人で

    その家族、兄弟、親戚、スナックのママなど(笑)

    とにかく凄い人数で、とても華やかな見送りでした。

     

    時代と共に日本人船員も少なくなり

    その華やかさも影をひそめていったのですが

    震災後、漁船員を盛大に見送ろうという“気仙沼つばき会”さんの活動により

    華やかな見送りが再び蘇ってきたのです。

     

    そして、それに答えるかのように

    漁労長さんが最上段から出港の挨拶をすることが恒例となっていきました。

     

    以前は船尾を港に着けた、いわゆる縦着けの状態

     

     

    こんな感じの状態から出港した船もあったのですが

    今では声援に答えるために

    横着けの状態から出港します!

     

     

    もう後戻りはできません。

    前を向いていくしかありません。

     

     

    若手船員2人も元気に声援に答えます!

     

     

    こちらも負けてはいられません(笑)

    頑張れよ〜〜〜〜!!

    先輩がついてっから大丈夫!

    思いっきり仕事してこいよ!!

     

     

     

     

     

     

    行ってしまいました。

     

    本船は南下し、インドネシア共和国のバリ島へと向かいます。

    現在は赤道を通過し、あと2日弱くらいでバリ島に着くのではないでしょうか。

     

    彼の近況はまだ入っていませんが

    おそらく大丈夫でしょう♪

     

    そろそろラインを入れておこうかな。

     

    バリ島に着いて、公衆wiFiが入った時に

    まっ先にラインが着信したら嬉しいと思うんです!

     

    遊びたい盛りの18歳

    県外の方から見れば、大きな借金があるのか?などと疑問に思うかもしれませんが

    そんなことはありません。

    憧れた船乗りという道に飛び込んだだけなのです。

     

    ブラックだ、ハラスメントだと過剰に反応している昨今。

    部下に残業を頼んでも「無理です」と返されてしまう昨今。

     

    まぐろ漁船は本当に過酷な現場であります。

    1割のやりがいと9割の地獄

    睡眠時間を究極に削ってでも行うマグロの漁獲作業

    ここに生きる道を見出す若者が後を絶ちません。

     

    遠洋マグロ漁船は毎日感じる「生きてる」って感覚が半端ない!

    若い船員は口を揃えます。

     

    私達、気仙沼市民は

    彼らのような若者に大いなる敬意を払わなければなりません。

    本当にありがとう!

     

     

    船のパーツにはそれ自体の重みで沈むものがある、エンジンやプロペラなどのように。
    だが船の各パーツが集まって組み立てられると、その船は浮く。
    私の人生の様々な出来事もまたしかり。
    悲しい出来事もあれば、楽しい出来事もあった。
    しかし、それらが堅固に結び合っていれば浮かぶ船となり、どこへでも航海できるのだ。

    ラルフ・ソックマン
    (米国のメソジスト教会牧師、1889〜1970)

     

    ------------------------------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0021 宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://www.gyosenin-boshu.net/trackback/615
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE