漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 福岡県出身の新人くんが2航海目出港!! | main | 最年長の新人船員誕生! >>
新人くん2人がそれぞれの船で同時出港!
0

    5人同時実技研修という、今までにないスタイルで研修を行った3月上旬。

     

     

    で研修を行ったメンバーが随時出港しております。

     

    一番最初に出港したのは、実技研修が終了した2日後に洋上へと旅立ったKくん(大阪府出身・21歳)

     

     

    「船酔いもほとんどせず、元気に頑張っている」と船からの報告がありました!

    なかなか大したもんですw

    大変な環境ですが

    自分で決めた道だもの

    必死にもがいて、頑張って欲しいと思います!

     

     

    頑張る、の「頑」という字を分解してみると

    「元」「頁」に分けることができます。

    「元」は冠をつけた人の象徴であり

    「頁」頭を象徴したもののようです。

    つまり、考えや想いを意味します。

     

    この「元」と「頁」をくっつけると

    「自分の想いの中で、冠をつけられるほど一番の軸となるもの」という意味になりますよね。

    しかし、周りの人たちは

    船に乗ったこともないのに「お前には無理!」とか「出来るはずがない!」などと言います。

    私はその人たちの事を夢破壊人(ドリームクラッシャー)と言っているのですが

    そんな人達の言葉に負けず、想いを張ることを「頑張る」というのです。

     

    中には「頑張れない」人もいますが、人の意見を聞きすぎたり

    他人の物差し(考え方)に惑わされたり等して冠を見失ってしまった人に他なりません。

     

    私は、大型漁船に乗りたいという人達の「冠」を確認する役割なのかもしれませんね。

    「頑張れるか?」(どんな大変な状況下にあっても、冠の付いた自分の想いを張り続けられるか?)

    と相手に何度も確認し、今日の出港になってるのです。

     

    そんな彼らの想いを私は大事にしていきたいと思っています。

     

    冠を掲げた若者が次々と出港していきます。

     

    大阪のKくんから遅れること約3週間後

    冒頭で書いた5人の研修生の中のさらに2人の若者が、4月上旬に気仙沼港を旅立ちました。

    しかも、同日同時刻の出港。

    同じ港だったら良かったのですが、別々の港になるので見送りも大変!

    しかも、微妙に距離が離れてる!!!

     

    まずは、長野県出身のAくん(20歳)の見送り

     

     

    研修中はクールだった彼も、これからの操業にワクワクしているのか

    最高の笑顔を私に見せてくれました!

     

     

    インドネシア船員ともコミュニケーションがとれており頼もしい限り♪

     

    この笑顔のまま、1年を全うして欲しいと思うのは私のわがままでしょうか(笑)

    出港まで居れなくてごめんなぁ〜〜

     

    港を移動して、岩手県出身のTくん(19歳)の見送りに着ました!

     

     

     

    どのみち、洋上では坊主になるので、、、

    ということで、気合を入れることも含めて

    くりっくりの丸坊主にしてきましたw

     

    やっぱり、思いっきり撫でてやりました(笑)

     

    港には実技研修を担当した千葉講師も駆けつけていました。

     

     

    講師の目も真剣で、最後の講義が行われます。

    しっかと心に刻んだことでしょう。

     

     

    出港の時間も迫ってきました。

     

    船主さんから、あらためて新人Tくんを皆に紹介していただき

    航海の安全と大漁を祈願する挨拶が行われました。

     

     

    そして、乾杯!!(ちなみにノンアルコールです)

     

     

    Tくん、頼んだぞ!!

     

     

    見送り人から五色のテープが集められ

    船へと繋がれます!

     

    時折、強い風が吹きテープが大きくなびくさまはとてもキレイ!!

     

     

    船が動き出すとあっという間

     

     

     

     

    船が離れてしまえば一瞬です。

     

    これからバリ島へと向かいます。

     

    続いて、別な港から出港するAくんが乗っている船を離れていくのが見えます。

     

     

    2人とも、立派な海の男になって帰って来ることを期待しています!

     

    大変な仕事ではありますが、冠の付いた自分の想いを十二分に張って来て欲しいと思います!!

    頑張れ!!

     

    行ってらっしゃい!!

     

     

     

    すべて人生のことは、「させられる」と思うから辛かったり惨めになるので

    「してみよう」と思うと何でも道楽になる。

    曽野綾子(作家、1931〜)

     

     

    周りは何も変わっていないのに

    心ひとつで周りが違って見える。

    このような事を心理療法用語で「リフレーミング」というらしい。

    物事に対する視点を意図的に変えることで生き方をポジティブにしていくこと。

     

    リフレーミングで生き方を楽しんでしまえ!

     

    --------------------------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0021 宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/609
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE