漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 気仙沼向洋高校で開催された漁業ガイダンスに参加しました! | main | 若手船員との再会が次々と >>
若手漁船員トークショー&遠洋マグロ漁船見学会を開催!
0

    昨年の秋頃、地元の水産高校となる気仙沼向洋高校から

    「生徒は2年生で長期の洋上実習を行い“延縄漁”を体験するものの、実際のマグロ漁船を見ていない」

    「マグロ漁船の見学をさせてもらえないか」

    と依頼がありました。

     

    これは船主協会として断ることが出来ません!

    「是非、見学会を行いましょう!!!」とその場で引き受けてきました!

     

    お話があった時期は入港船が少なく、学校側のスケジュールと合わせられなかったので

    入港船の多い2月に行うという事で決定。

     

    さて、宮城県北部船主協会が主催する「遠洋マグロ漁船見学会」

    生徒を港に呼んで、ただ普通に見学会を行ったのでは面白くありません。

     

    しかも、話を引き受けたのが私です(笑)

    誰もやった事のないような見学会にする必要があります!

     

    それで、船主協会の職員である中田くんに「何かアイディアはないか?」と投げかけたところ

    帰ってきた答えが「若手船員のトークショー」という企画でした。

     

    漁業就業支援フェアでの企画された「遠洋マグロ漁船員トークショー」がとても面白かった!

    複数の若手船員を相手に吉田さんが司会して、もっと掘り下げた話をしたらさらに面白くなるとの理由でした。

     

     

    昨年、漁業就業支援フェアの主催者さんから、

    次回開催の東京会場において、若い遠洋マグロ漁船員さんのお話を対談形式で来場者に披露したいと相談があったので

    気仙沼地区の若い船員を昨年7月に開催された漁業就業支援フェア東京会場に派遣したことがありました。

     

    その時の写真がこれです。

     

     

    私もその場にいたのですが、この企画はホントに面白いと思いました。

    今度は気仙沼向洋高校を舞台に、これをやってみようという事なんです。

    もちろん、船主協会としても初めての事!

     

    まずはパネラーとなる若手漁船員を探さねばなりません。

     

    遠洋マグロ漁船での操業を終え帰国してきた若い漁船員に

    「気仙沼向洋高校でトークショーの企画があるんだけど、パネラーとして参加しないか?」と

    声をかけたら、全員即答で「是非やってみたい!」

    4人の若手船員が詳しい内容も聞かずOKしてくれたことで、あっさりとパネラーが揃いました♪

     

    次は、遠洋マグロ漁船の見学会。どのようにしたらいいのか分からない。

    注意すべきことは何なのか、何もわからない。

     

    船主協会には見学会のノウハウが無いので

    地元の小中学生を対象としたマグロ漁船見学会を幾度となく開催している

    宮城県北部鰹鮪漁業組合さんにご協力お願いしました。

    何度かご指導をいただくことで、見学会のイメージが持てるようになりました。

     

    さらに

    同組合さん系列の「北かつ まぐろ屋」さんにも

    生徒に美味しいマグロを食べさせてやりたいとお願いしたところ

    お寿司の提供を頂けることになりました!!

     

    「北かつまぐろ屋」の画像検索結果

     

    お世辞とかじゃなく、ここはおススメです♪

    ホームページもご覧くださいね。

    http://www.maguroya-honten.com/

     

     

    マグロ漁船の見学会をイメージすると

    どうしても人員が足りません〜

     

    船主協会の職員が私含めて3人しかいないので

    新人漁船員実技研修の講師のお2人にも協力依頼

    トークショーのパネラー4人も今度は遠洋マグロ漁船の解説員として活躍してもらいます。

    それでも足らず、気仙沼遠洋漁業協同組合さんにも応援していただくことで

    人員が揃いました!

     

    今度は、見学する船はどうしたらいいか?

    新しいマグロ漁船か、ドックを終えたばかりのピカピカの船がいい。

    船の全景を見せたいし、乗下船もスムーズなので港に対し横づけの船がいい。

    気仙沼船籍の船がいい。

    とか、要望がつきません(笑)

     

    そこで、ドックを終えたばかりの7勝栄丸(勝倉漁業蟒衢)に見学船としての協力を依頼し

    快諾していただきました。

    連日の寒波で船の作業が遅れぎみだったのですが、見学会には間に合わせたいと

    急ピッチで作業をしていただきました。

     

    船主協会だけでは何もできなかったのですが

    多くの方のご協力があって

    「若手漁船員トークショー&遠洋マグロ漁船見学会」の当日を迎えることができました。

    本当に感謝しかありません。

    ありがとうございました!

     

     

    このイベント当日、学校の玄関にあるモニターには告知が映し出されており

    一気に緊張が増してきますw

     

     

    まずは、若手漁船員のパネラーの方々には、新しく建設したばかりの校舎見学をしていただきました。

    やはり注目は「航海シュミレーター」

     

     

    1億4000万円以上という特殊な設備に全員脱帽!

    「ヤバいなこの学校〜」と興奮してました。

     

     

    一等航海士の若手漁船員は夢中で操船してましたね〜

     

     

     

     

    40分程校舎見学をした後

    まずはトークショーの会場となる教室へ移動。

     

    映像機器類をセットし終えた頃に生徒が入室

    情報海洋科海洋コースの1年生19名が本日のお客様となります。

     

     

    まずはご挨拶から。

     

    続いて、遠洋マグロ漁船の操業映像をご覧いただいた後

    パネラー4人の自己紹介!

     

    そして、インド洋漁場、ケープタウン漁場、北大西洋漁場の説明を実際経験してきた

    パネラーに説明してもらいました。

     

     

    完全に先生になってますね(笑)

     

    トークショーの本番

     

     

    皆、緊張ですW

     

    生徒さんに事前に調査していた質問内容を軸に私がパネラー1人1人に話しかけていく感じ

     

     

    「初の遠洋航海に出港するときは、どんな気持ちだった?」

    「最初の試練となる船酔いは何日続いたの?」

    「操業時間ってどれくらい?」

    「そもそも、何のために遠洋漁業を選んだの?」

    「疲れがとれなくて、作業時間に遅刻した事はある?」

     

    などなど、私が準備していた20の質問を次々に投げかけていきました。

     

    居眠りする生徒もなく、みんな真剣に私達の話に耳を傾けてくれました!


    パネラーの若手漁船員達も

    「もう1時間くらい延長しても良かったですね!」

    「多くの生徒が僕らの話をメモしながら聞いてくれた!感激」

    と楽しんでくれた様子。

     

    会場では、あまりの過酷な作業にどよめいたり、失敗談に笑いがこぼれたりと

    100点満点ではないにしろ、十分合格点であったと思っています!

     

    広報担当の私はマスコミ対応もきちんとしましたW

     

     

     

    次は、港に場所を移しての遠洋マグロ漁船見学会

     

     

     

    生徒も作業衣に着替え、全員そろったところで見学会の開始!

     

     

    パネラーだった若手漁船員達にも関係部署の解説員をお願いし

    配置についてもらいます。

     

     

    マグロ漁船内のサロンでは「北かつ まぐろ屋」さん提供の

    お寿司をごちそうに

     

     

    生徒のお顔はプライバシーの関係でお見せできませんが

    美味しい、美味しいと笑顔で食べてくれました!

     

     

    機関場も見学し、船室も見学

     

     

     

    ブリッジの見学

     

    ここは、遠洋マグロ漁船の漁労長OBであり

    新人漁船員が必ず受講する、乗船前実技研修の講師に解説をお願いしました。

     

     

    そして、最後に甲板部に下がり、揚げ縄作業の解説。

    この解説も同じく遠洋マグロ漁船の漁労長OBであり

    新人漁船員が必ず受講する、乗船前実技研修の講師にお願いしました。

     

     

    そして、全員集合で記念写真♪

     

     

    小学生などもこのようなスタイルで記念写真を撮るので

    同じように配列してみたら、、、

    さすが高校生、ギュウギュウでした(笑)

     

    まぁ、まぁ、我々も初めてなものでお許しくださいW

     

     

    今回のトークショーや見学会を通じて、生徒さんは何を感じたでしょうか。

    漁船って面白そう〜と思ってくれたでしょうか

    逆に、乗りたくないなぁ〜と思ってしまったでしょうか

     

    私は4人のパネラーにも話したんです。

    「隠さず現実を話そう」

    「マグロ漁船に乗りたくないって思われてもいいから、素直な生の声を伝えよう」

     

    皆、しっかりと自分の言葉で体験してきた現実を伝えてくれました。

    過酷な労働環境をきちんと伝えてくれました。

     

    トークショーの最後はこの質問で締めくくりました。

    「かなり過酷な現場であるのに、マグロ漁船に乗り続けようとする意味は何なのか?」

     

    この質問のために、この1日があると言っても過言ではない重要な質問。

     

    マグロ漁船に乗りたいと思うか、そう思わないか

    私はこの質問の答えに生徒はどう感じたかに賭けたいと思います。

     

    パネラーの皆さん、ご協力いただいた皆様

    本当にありがとうございました!

     

    翌日の新聞には、この日の様子がしっかり掲載♪

     

    (三陸新報)

     

    (河北新報)

     

     

    体は食べたもので作られる。

    心は聴いた言葉で作られる。

    未来は話した言葉で作られる。

    北原照久(おもちゃコレクター)

     

    ---------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0021 宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 確保育成活動 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/602
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE