漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 平成31年春卒業の新規学卒者確保状況がまとまりました!! | main | 連載企画 第42回「海の男にあこがれて」 >>
ラヂオ気仙沼「GOOD DAY GOOD DAY」に登場!
0

    師走となり、バタバタと忙しい季節。

    気温も低くなり、最低気温が氷点下を示す日が連日続いております。

     

    東北とはいえ、沿岸部で雪のあまり降らない気仙沼市ですが

    チラホラ降る雪を見ると、12月という冬の季節を感じざるえません。

     

    頭には帽子、首にはマフラーを装備し、ダウンコートをまとい本格的な冬へと挑みます。

     

    そんな中、三陸新報に我々の後継者確保の実績が報じられました。

     

    三陸新報新卒者乗船記事.jpg

     

    気温が低くとも、明るい未来を感じさせる温かい記事。

     

    今年の春には「震災以降の新規就業者確保数100人突破」の一報が報じられましたが

    残念ながら、最近はその離職率の高さが報じられるようになりました。

     

    あくまで陸上企業との比較となるので、「過酷」と言われるマグロ漁船などは

    離職率の高さが目につくのだと思います。

     

    震災直前などは

    募集活動を積極的に行ったにも関わらず

    5年間もの間、誰一人として乗船しなかった時代があり

    その前などは1年で退職する人が大半で

    国家資格を取得して一人前の漁船員になるのは10人に1人とも20人に1人とも言われていました。

     

    その時代を考えると、後継者確保育成事業としては確実に成長しておりますし

    ブログを活用した新事業開始から

    たった6〜7年で117人もの若者を洋上に送り出せたことは奇跡としか言いようがありません。

     

    今だけを切り取り報じることは簡単です。

    事業の流れを見て欲しい。

    震災以降、気仙沼の船主が一丸となって取り組んできたドラマを見てほしい。

     

    ドラマの第一章は

    東日本大震災で、瓦礫の山と化した気仙沼港から立ち上がり

    後継者100人を集めるまでの物語。

     

    第二章は

    順調に新規乗組員を獲得してきたが

    「離職率」という壁にぶつかり、新人達や現場乗組員と真正面から向き合い

    環境整備に奔走する物語。

     

    そうです。

    これからが第二章のクライマックス!

     

    「また吉田さんはおかしなことを言ってるなぁ〜」と笑う人、呆れる人もいるでしょう。

    でも、なんとか第二章を完結させなければいけません!

    頑張りましょう!

     

    でも、今までの物語を震災をモチーフにコメディータッチで描いたら面白いと思うのは私だけでしょうか(笑)

    漁船や乗組員だけじゃなく、船主もそのスタッフもグローバルに事業を展開している遠洋漁業。

    私なんかも日本中をかけずり回ってるわけで、面白いエピソードなんかも山ほどある(笑)

     

    ようやく本題に入りますw

     

    今年も若い力が漁船漁業界に注がれるという三陸新報の記事をふまえ

    ラヂオ気仙沼(ミニFM局)さんから番組出演の依頼を受けました!

     

    GOODDAY×2.jpg

     

    番組名は「GOODAY GOODAY」

    私は昼の12時45分から13時頃まで出させていただきました。

    生放送なので、確実に出演しなければいけないということと

    放送機器を前に話すのは苦手なので、電話出演という形をとらせていただきました。

     

    岩手県一関市にある、同じくミニFM局の「FMあすも」さんにも生出演させていただいたことがありますし

    文化放送「くにまるジャパン」さんには何度も出させていただいておりますので

    多少慣れているとはいうものの「生放送」というのは何度やっても緊張しますねw

     

    12月12日の放送で

    宮城県北部船主協会という組織について、現状について、後継者がどんどん集まって来ている事について、今後の展開など

    様々なことを話させていただきました。

     

    いつものようにアドリブなので、今となっては何を話した細かいことは覚えてません〜

     

    取りあげて頂けるのはホントに嬉しいこと。

    今後ともよろしくお願いします!

     

     

    吉田さんは何でそんなに熱くなれるんですか?と聞かれることも多い。

    同じ気持ち

     

    技術者は自分の無力さを知ってるよ。

    毎日壁にぶつかってばかりだからな。

    だからこそ必死に腕を磨いて、徹夜で開発に没頭して、次こそはって信じて、物を作り続けてるんだ。

    何でか分かるか?面白いんだよ。

    昨日できなかったことが、今日できるようになる。

    今日分からなかったことが、明日分かるようになる。

    それを自分の技術でやれたら、最高だ!

    ドラマ「下町ロケット」

    佃 航平

     

    -------------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0021 宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 11:56 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    いつも読ませていただいております
    違う角度で漁船を見せていただき大変感謝しております
    そして自分の仕事への気持ちなどが萎え、卑屈になったりしたときふとこのブログを読むと、私に対して激励されたかのような名言や、船員様方とのやり取りが現れます。

    人材問題という根本で、地道な活動で切り開き
    今度は離職という問題へアタックする姿を
    影ながら応援し自社への取り組みに活かしたいと思います
    (弊社も人材もんだはありまして…

    師走ですので体に気を付けて
    これからも熱い文章を心より来たいしております
    | 漁船電装屋さん | 2018/12/18 9:12 AM |
    気持ちだけで書いている駄文ですが、読んでいただき誠にありがとうございます。

    このような仕事をしているのは全国的にみても私だけだと思うので
    ホントに特殊な切り口だと思います(笑)

    震災以降、自己プロデュースを徹底的に行い
    漁船漁業発展のために、自らをどのように活動させるか真剣に考え続けて今があります。

    おかげで完全なる前向き人間になってしまいましたw

    私が発信する言葉で、勇気が湧いてくることがあるのだとすれば
    とても光栄に思います。

    漁船電装屋さんもご自愛ください。

    引き続き頑張りますので、応援よろしくお願いします。
    | 船員職業紹介担当 吉田 | 2018/12/18 4:12 PM |









    http://www.gyosenin-boshu.net/trackback/592
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE