漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 連載企画 第41回「海の男にあこがれて」 | main | 新規学卒者の内定続々! >>
Rookie Fisherman Diary (From Iwate-94)
0

    洋上日誌のコーナー「Rookie Fisherman Diary」です!

     

    このコーナーは「漁船員になろう!」の知名度を大きく広げてくれた当ブログの宝ともいえる存在。

    各メディアにも紹介され、文化放送のラジオ番組「くにまるジャパン」では強い感動を受けるとの事で

    “ブログ「漁船員になろう!」はヤバい!!”と評していただきました。

     

    洋上で必死に頑張る青年が、空いている僅かな時間に眠い目をこすりながら洋上日誌を書いてくれている。

    それがメールやFAXで遥か洋上から私の元に届き、ブログに綴る。

     

    そのブログに感銘を受けた若者が遥か洋上に羽ばたき洋上日誌を書き、私の元へと送ってくれる。

     

    つまり、私は若手乗組員の思いを繋いでいるだけでしかないのです!

    震災以後100人以上の若手乗組員が洋上に羽ばたきましたが

    評価されるべきは私ではなく、洋上で一生懸命に命を燃やす若者達なのです!

     

    今日ご紹介するのは、岩手県の商業高校を卒業後、すぐに遠洋マグロ漁船に乗り組んだ18歳の少年の洋上日誌を

    出港日から時系列でご紹介いたします。

    約8か月航海を終えて帰って来る少年の成長ぶりをご覧ください。

     

    7516845376_IMG_4778.JPG

     

    【1週目(平成30年4月)】

    1日目、少しの船酔い

    2日目、船酔いはだいぶ良くなった。

    3日目、インドネシア語しか飛び交わない生活に少しも違和感を感じない自分に違和感(笑)

     

    【2週目】

    そろそろバリ島に入ります。

    日本を出てから船の空調が壊れ、夜寝るときは船員みんな外(部屋から出て通路)で寝たりして楽しいです。

    バリ島に入りました。

    初海外は少し怖いけど、ショッピングセンターや食事など、いろいろ船長と回るので楽しんでいます。

     

    【3週目】

    船の空調が直り、バリ島からの出港です。

    空調事件の次は水事件です!!

    船の飲料水が無くなって、バリ島の水が体に入ったため体調不良。

    様々なことがおこりますが、とても良い経験です!!

    何とか楽しんでます!

     

    【4週目】

    揚げ縄スタートです。

    はじめての12時間作業は、気付けば時間が経ってました。

    魚がかかった時の皆のテンションの上がりようは見ていて疲れが吹っ飛びます!

     

    【5週目】

    仕事の把握に時間がかかる。

    投縄で餌を触った後にご飯を食べたら吐いてしまった。

     

    7516845376_IMG_4780.jpg

     

    【6週目(平成30年5月)】

    仕事はだいぶ理解できた。

    インドネシアの船員が優しく仕事を教えてくれる。

     

    【7週目】

    まだ仕事に慣れない。

    投縄の餌の臭いも慣れない。

     

    【8週目】

    投縄でブイを投げるのをミスしてしまった。

    次は無いようにする。

    ミスを1つずつ減らしていく。

     

    【9週目】

    スナップを取るときに手を痛める。

    最初慣れないと体が痛い。

     

    【10週目(平成30年6月)】

    手が痛いのはいつの間にか無くなった。

    肩が痛くなってきた。

     

    7516845376_IMG_4781.jpg

     

    【11週目】

    みんなスナップを取るのが上手い!

    自分もカッコ良く取れるように毎日勉強。

     

    【12週目】

    スナップも少しずつ多く取れるようになってきた。

    全ての行動を素早く!

     

    【13週目】

    ラインホーラーに指をはさんで内出血をおこした。

    やはり同世代の船員が居ないと、幾ら皆がめんこがって(可愛がって)くれたとしてもストレスが溜まっているらしい。

    不意に泣いてしまった。

    今日、船頭に餌がけが早くなったと言われ泣きたいほど嬉しかった。

     

    【14週目(平成30年7月)】

    自分が思っていた以上にみんなが優しく教えてくれる。

    笑顔が無い日は一日もない。

     

    【15週目】

    インドネシアの皆は冗談が大好きで、いっぱいちょっかいをかけられるので楽しく仕事ができる。

     

    【16週目】

    この日誌のおかげで月日が意識できる。

    毎日、時間が早く感じる。

    もう船に乗って4か月経つのだと思うと早い!

     

    【17週目】

    8月になったらミナミマグロ操業が始るそうです。

    少し南下するので気温も低くなるそうですが、ひとつひとつ仕事も覚えて皆の役に立てるよう努力していきます。

     

    【18週目】

    仕事の方は少しずつ慣れてきましたが、寒さにはなれません。

     

    【19週目(平成30年8月)】

    Happy Birthday to me!!

    19歳を船の上で迎えました。

    今後も一生懸命に取り組みます!

     

    【20週目】

    ミナミマグロ操業が初めっているのに、まだマグロの処理を覚えられていません。

    早く覚えないといけないが、力の入れ方など難しい。

     

    7518827568_IMG_4789.jpg

     

    【21週目】

    マグロの処理もある程度覚え、あとはスピードを上げるために練習、練習の日々です。

     

    【22週目】

    魚の処理をしている時にうっかり出刃で手を切ってしまった。
    皮がむけた程度で良かったが、気をつけないと。

     

    【23週目】

    初めて野生のアンジンラウを見た。
    かわいかった。

     

    【24週目(平成30年9月)】
    マグロ操業が終わりました。
    寒かった。
    次はジャワ沖にジャランジャラン(インドネシア語=お散歩の意)

     

    【25週目】

    今操業しているところは非常に暑いところです。

    毎日汗をかいています。

     

    7516845376_IMG_4786.jpg

     

    【26週目】

    魚の処理のスピードは上がっているものの、やはり皆には負けてしまう。

     

    【27週目

    家族からの託送品が届いた。

    中にあった手紙であやうく涙。

     

    【28週目】

    ルンバルンバ(インドネシア語=イルカの意)を見た。

    野生に関わらず見るのが初めてだと思う。

    船に並行して泳ぐ姿はとても可愛かった。

    出刃で指を切り、船頭に2針縫ってもらった。

     

     

    以上となります。

     

    インドネシア船員を含む乗組員に温かく迎えられた彼は

    笑顔を絶やすことなく航海を終えたことが読み取れます。

    時には悔しかったり、時には涙したり

     

    同じメンバーで約50メートルの船内での生活は

    陸上では考えられないほど刺激に満ちた生活だったと思います。

     

    彼は今航海最後のバリ島の休暇を楽しみ

    今日本に向かっています。

     

    そんな彼は、バリ島に入港した時

    私にラインをくれました。

    次のように書かれておりました。

     

    仕事が終わりバリ島に入りました。

    誕生日には心あるメールを下さりありがとうございました。

    お陰様で1航海無事終えることができました。

    楽しいこと、悔しいこと

    様々な感情の中

    自分と戦い、船に乗り続けたこの仕事の話でも

    陸に帰ったら父親のように聞いてくれたら嬉しいです!(笑)

    バリ島休暇大いに楽しみま〜す!

     

    父親のように聞いてほしい。

    分かりましたよ。

    しっかり聞いてあげますよ。

    しっかり受け止めてあげますよ。

     

    日本までもう少し。

    気を抜かず、帰ってきてください。

    待ってるよ。

     

     

    親思ふ心にまさる親心。

    吉田松陰

     

     

    実のご両親の他に会社や船頭さん、そして本船乗組員

    あなたには親父がたくさんおります。

    皆、あなたの成長を楽しみにしてるんです。

     

    その親たちに強い感謝の念を持てば持つほど

    それを上回る愛情があなたに帰ってきます。

     

    長期航海ご苦労様。

    よくがんばりました!!!

     

    ------------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0021 宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | Rookie Fisherman Diary | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/585
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE