漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 4級海技士養成コースが創設! | main | 遠洋マグロ漁船の求人情報【未経験者大募集】 >>
Rookie Fisherman Diary (From Fukuoka-100)
0

    当ブログの大変人気のコーナーでありながら

    皆様への報告事項が多くありすぎて、紹介が遅れておりました。

    大変申し訳ございません。

     

    船主協会の職員も頑張ってくれているので

    何とか、このブログに向き合う時間が増やせるようになりました。

    今までは週1回を続ける事が限界でしたが

    もう少し更新回数を増やせると思います♪

    このブログの運営でさえ、人の力を借りなければ成立しないものだなと痛感しております。

     

    最近、読者の方から

    「ブログから出る熱量が下がっている感じがする」

    「以前はブログから出るパワーがすごくて、ひとつの記事を読み終えるのにすごくエネルギーが必要だった」

    「今は長文の記事でもサクッと読めてしまう」

     

    完全に見透かされていると驚いてしまった!

    これは自分でも気づいており、何とかしなければと焦っていたところでした〜

    向き合う時間も増えたので、今まで以上に魂を込めて更新していきたいと思います!!!!

     

    読む側も大変でしょうけど(笑)

    何卒、よろしくお願いしいたします。

     

     

    では、日誌の方に移ります。

    福岡県立水産高校を今年の3月に卒業し、遠洋マグロ漁船に乗り組んだ少年の日誌です。

    海の男になって自分を鍛えなおしたい。

    マグロ漁船に乗って高い給料も得たい、稼ぎたいという気持ち以上に

    人間的に成長したいという彼の日常をご紹介します。

     

    IMG_9357.jpg

     

    【1週目】

    ※船酔いや筋肉痛のため筆圧弱く読み取りにくいので抜粋となります。

    たくさんの人に見送られたあの日から一週間が過ぎました。

    この一週間は正直、あまり振り返りたくないものです。

    船酔いで寝てばかりで食べれず・・・(解読不能)

     

     

    【2週目】

    この一週間は酔うことはなく、他の人と一緒に仕事はできました。

    でも、同じスピードではありません。

    まだまだ不慣れな仕事で追いつける気はしないのですが
    頑張って追いかけていきたいです。

    やっとバリ島に到着しました。

    陸は心がホッとします。

     

    【3週目】

    バリ島で3泊過ごしました。

    船頭や船長が色々とおいしい料理の店に連れて行ってくれました。

    「楽しんだから仕事頑張る」と気合を入れてみたけれど

    すぐに船に酔ってしまったり、出港の時以上にひどく酔ってしまったりとダメダメです。

    とりあえず今は頑張るしかありません。

     

    【4週目】

    この一週間で仕事が本格化しました。

    投縄に揚げ縄、凍結まで。

    やはり危険な場所に行ったり、してしまったりしました。

    その度に船長や甲板長に怒られたりします。

    自分なりに仕事を頑張っていても、周りから見たらやる気の無いように見えてしまったりします。

    はじめての人がもう一人いて、その人は成長していってるけど、自分は作業中にとまどったり

    失敗したりして周りに迷惑をかけてばっかです。

    今の自分に必要なのは焦りと急ぐことかもしれません。

    吉田さん

    まだ、仕事の楽しさを見つけきれてません。

     

    【5週目】

    この一週間はダメな自分が現れてしまいました。

    投縄の遅刻、機関長の怒らせてしまうなど

    まだ「アガリ」も出来ていないので、周りの人にたくさん迷惑をかけ続けています。

     

    【6週目】

    この一週間も怒られました。

    考えて行動することができてないからです。

    危ない場所に行ったり、マグロの背中をカギで刺したりしてしまいました。

    甲板長からは「五感で感じるもの全てを考えろ」のアドバイスをもらいました。

    今は全く実感がないですが、分かることができるように頑張ります。

     

    【7週目】

    この一週間は揚げ縄で「アガリ」を今まで以上に多くやりました。

    ずっと釣りつけることばかりしていたので「アガリ」をしている時は遅かったり

    他の人に「よろしくお願いします」ばかり言っています。

    毎日同じことばかりしているのに、仕事が覚えられない自分が悔しいです。

    恥ずかしいです。

     

    【8週目】

    (船舶FAXの受信状態が悪いため読み取りにくく抜粋になります)

    今週の終わりで気仙沼港を出港して2か月。

    投縄、揚げ縄、凍結がはじまって1ヶ月が経過します。

    投縄ではまだスタンバイの状態です。

    もうすぐ、エサ付けとブラン出しができるようになります。

    まだ目配り、気配りが足りてません。

    凍結では動けているようですけど、まだ考えなしのところがあるようです。

    吉田さん、2か月たった今でも仕事の楽しさを見つけられていません。

     

    【9週目】

    社船に乗っている新人は成長しているようです。

    私はあまり進歩が見えません。

    彼との違いは何だろうか。

     

    【10週目】

    今週は揚縄の仕事が少しずつだが、周りの人についていけてきた感じがしました。

    でも、やっぱり失敗ばかりしてしまいます。

    早く仕事が出来るようになって、インドネシア人と普通に話をしたいです。

     

    【11週目】

    今週は転載をしました。

    漁船からタンカー船に魚を移すのを見るのは初めてでした。

    今回はアシスタントで待機していましたが、次回からはメインで動きたいです。

    今月で19歳になりました。

    気を一段と引き締めてがんばります。

     

    【12週目】

    今週は揚縄の仕事が一進一退を続けました。

    仕事が誰にも言われないくらい上手になった日もあれば

    周りの人から注意される日もありました。

    仕事が上手にできた日は仕事が楽しいと思いました。

     

     

    以上となります。

     

    精神的に苦しい日々が続いているようですね。

    ただ、本人はとても焦ってるように思います。

    焦りが必要と本人は書いてますが、今は落ち着いていくしかありません。

     

    それに、たった2か月で誰からも注意されないような仕事をしようと思う方が間違いです。

    陸上で別の仕事をしたところで、2か月では一人前になれないのです。

    漁師の仕事はそんなに簡単ではありませんよ。

     

    高校を出たばかりの今の時期は、理想と現実とのギャップに頭を悩ませるもの。

    多かれ少なかれ、全員がぶち当たる最初の壁です。

    私を含め、働いたことのある人の全員が経験している事だと思いますよ。

     

    他の新人との比較に悩んでいるようでもありますね。

    悩みのほとんどは他人との比較から起こりますので、比較をしてはいけません。

     

    成長しているとされる彼とあなたとの間に違いがあるとしたら

    それは、心の持ち方でしかありません。

    1つの事柄を成長とみるか失敗とみるか

    これを決めるのは“あなた”でしかないのです。

     

    出来ると信じて取り組めば

    仮に失敗としても、なぜ失敗したかを考え、次に生かそうとするので

    失敗ではなく「経験」になるのです。

     

    あなたの場合は、失敗を失敗としか捉えられないので「失敗」のままで終わります。

    甲板長などのいう「考えろ」とは、失敗を「経験」に変えなさいということです。

     

    目先の事に囚われるな

    他人の成長スピードに惑わされるな

    諦めず、昨日の自分より今日の自分が成長していればそれでいい。

    今日一日を振り返ってみてください、何か成長していることがあるはずです。

     

    気仙沼には、あなたを応援している人がいることだけは忘れてほしくない。

     

    頑張って欲しい。次の日誌を期待して待ってます

     

     

    初めて振ったバットに、ボールは当たったか?
    初めて乗った自転車は前に進んだか?
    違うよな。
    こけて傷だらけになりながらあきらめずに続け、ついにお前たちは自転車に乗れるようになり、ヒットを打てるようになった。
    (他のことも)一緒やろ。

    木下晴弘(1965年〜、株式会社アビリティトレーニング代表取締役)

     

    ------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | Rookie Fisherman Diary | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/560
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE