漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< すぐさま水産高校訪問開始(宮古・八戸)!! | main | 漁船志望の申し込みや問い合わせが続々!? >>
新人漁船員の乗船前実技研修がスタート!
0

    遠洋マグロ延縄漁船に乗船すべく、乗船前実技研修が開始されました!!

     

    今回の研修生は何と、地元気仙沼市出身のIくん(26歳)

    地元出身者だと“珍しい”と感じる方も多いと思いますが

    受入れている私からすると、あまり“珍しい”と感じなくなりました。

     

    IMG_5113.jpg

     

    気仙沼から漁船員になるものが少なくなったことから

    若手乗組員をするため、そのエリアを気仙沼市から近隣市町村

    宮城県内、東北地区、関東以北、そして全国へと広めるとともに

    水産高校卒業者に限っていた募集内容も

    その限定を外し、自由に応募できる形にしてきました。

     

    そして、この「漁船員になろう!」のブログを開設し

    漁船漁業について全力で語ったところ、全国の多くの方々からご支持いただけるようになり

    過去に例を見ないペースで後継者の確保育成を進めてきました。

     

    全国から集まった若者の洋上生活を“Rookiie Fsiherman Diary"として随時紹介したり

    地元気仙沼の若者にも全国から集まった若手漁船員の活躍を知ってもらおうと

    地元新聞三陸新報に“海の男にあこがれて”というコーナーを設けていただき

    新人漁船員を1人ずつ紹介していったのです。

     

    この効果もあってか、徐々に宮城県内(特に仙台)からの問い合わせや申し込みが増えていき

    直近に受け入れた10人(この彼を含む)の出身地を見ますと、内5人が宮城県内。

    さらにこの5人の内2人が気仙沼市出身の若者という状況になってきました。

     

    今後の受入れが予定されている2人については、その2人とも気仙沼市出身という

    素晴らしい状況へと変化しております。

     

    諦めなければ、小さくとも変化はあるものです。

     

    実技研修を行っている部屋からは時折、厳しい声が聞こえます。

     

     

    「何回言ったらわかるんだよ!!」

    「そうじゃないって!!」

    「何でそこを“そうするの”、“こうしろっ”てさっきから言ってるだろうが!!」

     

    研修生の返事は全て

    「はいっ!」

    「はいっ!」

    「はいっ!」

    即座に返します。

     

     

    講師も時間をかけて、一所懸命習得した技術です。

    そこを教えてもらうのだから、まずは従順であることが大切です。

    しっかり返事をし、教えていただいたことを何度も練習し素早く身に付ける努力をする。

    習得したらこの技術を伝えてもらったことに感謝をする。

     

    自分の独自の方法を編み出している人もいますが

    それはこの次の段階です。

    まずは講師が培った技術を従順な姿勢ですべて受け止めることが

    そもそものスタートだと思うのです。

     

    “従順”な人間を“奴隷”と勘違いしたり

    教えて知識や技術を“教えてやった”と逆に捉えている組織や人が行うと

    歪(いびつ)な結果を生んでいるわけですが

    これが基本なんだと思うんです。

     

    毎日、毎日厳しい言葉が続きますが

    昼食時間などは、今までの事が嘘のように笑い声で研修室がいっぱいになります。

    これが漁師の世界なんでしょうね。

     

    IMG_5119.JPG

     

    当船主協会の新人職員も

    彼と一緒になって実技訓練!!

    もしかして、厳しい声は彼ではなくて

    こっちの方だったりして(笑)

     

    同じ昼飯を食べて、同じ時間を共有していくことで

    自然と一体感が生まれ

    洋上に旅立つ彼が心配になってくる。

    まだ彼の親という年齢ではないけれど

    兄弟のような感覚で今後の彼をサポートしてくれたらいいと思っています。

    この気持ちが、サポートする我々には一番大事な部分です。

     

     

     

     

     

    漁船漁業は厳しい仕事ゆえ

    他の人に「お前に出来るわけがない」と言われたかもしれない。

    実際、私は彼に同じような意味合いの言葉を彼に直接ぶつけたことがある。

     

    でも、彼はその言葉を跳ね除けて

    遠洋マグロ漁船の道を選んでくれた。

    ここが厳しい道の第一歩。

     

    でも、この1年後は輝かしい未来になっているはずだ。

     

     

    人生における最大の喜びは

    「お前に出来るわけがない」と

    言われたことをやってのけることだ。

    ウォルター・バジョット

    (イギリスのジャーナリスト、1826-1877)

     

     

    この喜びを得た達成感で満ち溢れることに違いない。

     

     

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男



    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 確保育成活動 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/480
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE