漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 第2回東北地区船員教育機関、海運・水産会社等関係者との懇談会 | main | Rookie Fisherman Diary (From Ishikawa-87) >>
漁船乗組員確保養成プロジェクトがいよいよ始動!(焼津水産高等学校)
0

    自民党水産基本政策委員会(石破茂委員長)が打ち立てた漁船乗組員確保養成プロジェクト!

    ちなみに事務局は私がいつもお世話になっている一般社団法人大日本水産会。

     

    このプロジェクトって何?

    水産経済新聞にはこのように書かれております。

    日かつ漁協が提唱し、大日本水産会が昨年7月に自民党に対し漁業就業者確保・育成対策を要望。

    その結果、自民党水産基本政策委員会で検討され、政官業界を挙げて立ち上げられることとなった。

    プロジェクトは、今後10年間で海技士がどれほど不足するかをシミュレーションし

    関係省庁の協力・支援を得て水産高校生のリクルートや海技士資格取得に向けた対策を計画的・組織的に進める。

     

     

    漁業就業支援フェアを全国で開催している“全国漁業就業者確育成センター”が

    このプロジェクトの協力を得て、初めて開催する水産高校単位の漁業就業支援フェア!

     

    漁業就業支援フェアといえば、東京、大阪、福岡などの大都市にある巨大ホールを貸し切って

    全国から漁業者と漁師になりたい人を集める大規模なイベントを行っているのですが

    今回は水産高校単位という超ミニマムな企画です。

     

    全国水産高等学校長会と連携をしたこの企画に対し

    一番最初に賛同してくれたのがこの“静岡県立焼津水産高等学校”

    私も参加するため、静岡県焼津市に降り立ちました!!

     

     

    気仙沼とは比べ物にならないほど気温が温かい〜〜〜

     

     

    さぁ、気持ちを入れて学校へと向かいます。

     

     

    この学校は全校生徒600人

    船に乗るためのクラスである海洋科の生徒数が全国的に減っている中

    この学校の海洋科の生徒数が80人という

    その多さで屈指の規模を誇ります。

    焼津という土地柄もあり、必須となる洋上実習は大型のカツオ船(559t)で行われるため

    カツオ船を希望する生徒が多いのが特徴です。

     

    私は遠洋カツオ一本釣り漁船のリクルート活動も行っており

    一昨年には2人をこの学校から遠洋カツオ一本釣り漁船に採用させていただきました。

     

    大きな教室に、海洋科3年生と専攻科2年生が集められました。

    ここで漁業ガイダンスが行われます。

     

     

     

    ガイダンスとは

    各漁業種の中央団体の方々が、その漁業の特徴や魅力を語る時間です。

    遠洋カツオ、マグロ漁船は

    日本かつお・まぐろ漁業協同組合が担当。

     

     

    他には

    全国遠洋かつお・まぐろ漁業者協会

    全国近海かつおまぐろ漁業協会

    海外まき網漁業協会

    日本トロール底魚協会

     

    が漁業の魅力をしっかりと説明。

     

    その情報をもとに、生徒たちは別教室に移り

    そこに設置してある各漁船(船主)のブースを訪問し、具体的な話を聞くという事になります。

     

     

     

    別教室にはこんな感じでブースが組んでありました。

     

    生徒がどんどん入ってきます。

     

     

     

    やはり静岡の船主さんの方がネームバリューも高く

    東北から来た我々のアウェイ感が半端ないですが(笑)

    6人の生徒さんと話すことができました。

     

    話した感じで共通することは

    「お金も大事ですがやりがいを得たい」という思いが強いように感じました。

    彼らは小学生や中学生の時から“船乗りになりたい”とか“漁師になりたい”という理由をもって

    水産高校に進学してきている。

    高校の三年間を通しても、理由がぶれることはなく

    あたり前のように“漁船に乗りたい”といって我々のブースを訪ねてくる。

    そこに迷いというものがない。

     

    自分のブレまくりだった高校時代を思い出すだけで

    とても恥ずかしくなった。

    面談しながら「こいつら凄いな、、」と心の中で何度もつぶやいた。

     

    自分の生きる道を決めてる人って、やっぱり強いです。

     

     

    夢や目標などが無いまま大人になり

    社会人として働いている人もたくさんいると思うんです。

     

    きちんと仕事をし、それなりの賃金を得て家賃を払い、光熱費を払い

    立派な社会人に見えてはいるものの

    心の中で“俺の人生ってこれでいいのかな”と葛藤している人って

    意外と多いのではないでしょうか。

     

    大きな船に乗り、洋上へと向かう自分を思い描いていた

    子供の頃を思い出す。

     

    でも、頭の中をある言葉が占領します。

    “今さら”

    今さら船に乗ったって、漁師を目指したって

    “どうせ俺なんか”

    漁師を目指して、仮に漁師になれたとしても生活できるほどの収入を得られるのだろうか

    “結局は陸でサラリーマンをするのではないか”

     

    こんな“できない理由”が頭の中をグルグル回り

    モヤモヤした今の生活を続けようとする。

     

    農耕民族であった日本人の脳は狩猟民族であった欧米人等に比べ

    極端に変化を嫌う傾向にあると本で読んだことがあります。

    ですから、当然の思考なのですが

    それでいいのですか?

     

    もし、子供のころに漁師に憧れ

    遥か洋上に思いを馳せていたという方

    我々のところに問い合わせてみませんか?

     

    経験を積み、海技士免状(国家資格)を取得することで

    時代に左右されにくい大きな武器を手に入れることができます。

    自らの技術で、自らの生活を永続的に安定させることができるのです。

    大きな会社に頼らない。

    そんな生き方が海にはあります。

     

    気仙沼地区では多くの若者が世界中の海で

    自分の命を必死に燃やしてるんです。

     

     

    22歳の青年が、スペインのラスパルマスに向かいました。

    これはその時に交したライン。

    その青年のコメント。

    “来年までの成長を楽しみにしてて下さい”

     

    言えるようで、なかなか言えないこの言葉。

    皆さんは言えますか?

     

    “できる理由”を考えて

    何とか自分の夢を叶えようとする水産高校生を見るうちに

    こんな事を考えてしまいました。

     

     

    何かをしたい者は手段を見つけ、
    何もしたくない者は言い訳を見つける。

    〜 アラビアのことわざ 〜

     

     

     

    -------------------------------------

     

    【漁師になりたい人募集】

     

    漁師にないたいと思うだけでは何もはじまりませんよ。

    どうしていいかなんて悩んでも仕方がありませんよ。

    分からなければ聞けばいいんです。

    漁業就業支援フェア

    全国の漁業者が、あなたの「?」に答える場所なんです。

    まずは行動。

    動けば必ず変わります。

     

     

     

    漁業就業支援フェア2017 漁師の仕事!

    まるごとイベント


     

    福岡会場

    日時:6月24日(土)12:30〜16:00頃(予定) ※開催時間は変更になる可能性がございます
    会場:福岡ビル 9階大ホール(福岡県福岡市中央区天神1-11-17)
    アクセス:
    ○福岡市営地下鉄 「天神駅」東3b番出口より徒歩約1分
    ○西鉄 「福岡(天神)駅」より徒歩約3分 他

     

    他の会場はこちらを参照してください。

    http://www.ryoushi.jp/fair/

     

     

     

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男



    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 漁業就業支援フェア・セミナー | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/469
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE