漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< Rookie Fisherman Diary (From Hyogo-64)その2 | main | Rookie Fisherman Diary (From Hyogo-64) その3 >>
遠洋マグロ漁船の見送り、迎え、そして見送り
0

    前回更新までシリーズだった”Rookie Fisherman Diary(from Hyogo)その3"だったのですが

    ちょっとお休みして、遠洋マグロ漁船に乗る新人漁船員の出入港をご覧いただきたいと思います。

     

    報告が少し溜まってしまったので、ここで報告させてくださいね。

     

    3月下旬、福岡県立水産高校を卒業したばかりのHくんが

    いよいよ出港の時を迎えました!

    彼は器用な人特有の手をしているので、とても期待していたのですが

    思った通りの器用さで、しかも覚えも早い!!

    乗船前実技研修は5日間行うのですが、彼は全過程を3日で習得してしまった強者です。

     

    でも、それは精神的に安定した陸上での話で

    長期航海になる遠洋マグロ漁船内でも同じように通用するかどうかは、誰にも分かりません。

    ただうまくいくことだけを信じて

    送り出していこうと思います。

     

     

    出港当日はあいにくの雨でしたが

    雨天出港は漁師にとって縁起が良いものとされるので

    天気も祝ってくれてると思うほかありませんね(笑)

     

     

    出港するHくんは天気に関係なく元気!

    ちなみに、テレビのサプライズ企画で気仙沼に来てくれてたAKB48の大家志津香さんも福岡県立水産高校出身。

    中退だったかな?

     

     

    まぁ、この繋がりはどうでもいいですね(笑)

     

    さぁ。いよいよ出港の時が迫ってきました。

     

     

    もうここまで来ると、怪我しないように頑張れよ!!としか言えません。

    ここから1年のお別れ。

    きるだけ明るく、そして軽く別れるのが私の流儀。

    1年後必ず元気に会うという願いを込めて、軽く別れます。

     

     

    船がどんどん離れていきます。

    がんばれよ〜〜!!!!

     

     

    息子を送り出すような、大切な人としばらくお別れするような

    震災以降だけでも90回見送ってますが

    この微妙な気持ちは、、、慣れませんね。

     

     

    その2日後

    遠洋マグロ漁船で11か月の航海を終えた新人漁船員の迎えに行きました。

    私の仕事がかなり立て込んでおり、入港時間に間に合いませんでしたが〜〜急いで駆けつけました!

     

     

    仙台市出身のYくんが乗船しているのですが

    とても評判がよく、元気で帰港してきました。

    漁労長が言ってました。

    「いつも明るく、航海中に一度も表情を曇らせたことがない」

    「あんな若い奴なら、我々ベテランも航海が楽しくなるよ」

    凄いなぁ〜と思います。

    なかなか出来ないですよね。

     

    折角なので、この船の若手と記念撮影♪

     

     

    本気の20代と並んで写真を撮ると

    自分が本気のおっさんになった事を認めざるをえません。

    信じてもらえないかもしれませんが

    私も20年前まで彼らと同じ年代だったのです(笑)

     

    そして、その4日後

    遠洋マグロ漁船の出港がありました。

    この船の若手は初航海ではないのですが、行ける出港には必ず行きます。

    そして、フジテレビ系列で全国放送された”FNSうたの春まつり”のサプライズ企画で舞台となった船でもありますから

    機関長などにも挨拶を兼ねてやってきました。

     

     

    この番組のおかげで、サプライズの主人公となった彼のツイッターには

    驚くほどのダイレクトメールが押し寄せ、対応するのも大変だったと言います。

    その数なんと700件。

    そして、もっとも驚くことは

    その内容すべてが激励メールであり、嫌がらせや誹謗中傷したものは1件も無かったことです。

     

    本当に多くの皆さんに温かく見守っていただいたこと

    ありがとうの言葉しかありません。

     

    もちろん、若い女子からメールも多いので

    「調子に乗るなよ!」って彼にクギを刺したら

    「吉田さんの顔に泥を塗るようなことはしませんから!!!」とご返事。

    まじめですね(笑)

     

    でも、少しは、ほんの少しは泥を塗られたかもしれませんが(笑)

    そこは追求しないようにしたいと思います〜

     

     

    小さな弟ともしばしのお別れ。

     

    画像左の青いツナギの青年は、今回見事に国家資格に合格したFくん!

    彼の成長も本当に楽しみ!!

     

    今回の番組で気仙沼市民から”AKBのお兄ちゃん”という愛称をもらい

    いろいろと声掛けされるようになったSくん。

    資格を得て、責任ある立場となるFくん。

     

    20代の彼らの頑張りが、私の最高の力となります。

    ありがとう!

     

    いよいよ出港の時が迫りました。

     

     

    五色のテープが、見送り人と船を繋ぎます。

     

     

    繋いだ瞬間、風が強く吹いてきました。

     

     

     

    これが最高にキレイですね!

     

     

    青いツナギのFくんとは、今回2人で飲みに行きました。

    年齢差は22歳。

    2人でしっかり語り合いましたね。

    彼は私に感謝の言葉を述べてくれました。

    「これだけは吉田さんに直接言いたかった」と。

     

    その言葉。感謝と共にしっかりと受け止めます。

     

    船がゆっくり動き出しました。

    コメントするのは止めにします。

    写真で、それぞれに見送りを感じてください。

    1年のうち11か月を洋上で、その魂を燃やしている若者がいることを

    多くの皆さんに知っていただきたい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    彼らに会えるのは来年の2月下旬ぐらいだろうか。

    先に挙げた若手を含め、胸を張れるような日々を送っていきたいですね。

     

    このブログを読む皆さんも、彼らに続いてみませんか?

     

    幸運とは準備と機会が出会った時に起こる現象である。

     

    この言葉はいろんなところで語られ変化しているので

    元々誰が言った言葉なのか私には分かりませんが

    とても好きな言葉です。

     

    今は芽がでなくても

    チャンスが到来したときにしっかりと掴むことができる。

    これが成功する人とそうでない人の大きな差であると私は思っている。

     

     

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男



    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/449
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE