漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 遠洋マグロ漁船で3航海目に挑む! | main | 航海から戻ってくる若手船員、出港する若手船員 >>
連載企画 第29回「海の男にあこがれて」
0

    毎月、三陸新報に連載しております「海の男にあこがれて〜新人漁船乗船記」の第29回目の登場です。

     

    今回の彼は、青森県の大間町出身の26歳。

    海上自衛隊から遠洋マグロ延縄漁船の門を叩いてきました!

     

    なかなかクールな彼ですが、寡黙な姿に好感がもてます。

    彼の想いを追っていきたいと思います。

     

     

    私が育った町は漁業が中心の街です。

    子供の頃から浜の仕事を手伝ったり、遊ぶ場所も浜だったりと

    海が生活の一部でした。

    そんな環境でしたので、私も将来は漁師になるものだと思っていました。

    しかし、現実は甘くなかったです。

    漁師は収入が不安定であり、博打だと聞いていました。

    親に反対され、私は自衛隊に入隊しました。

    船に興味があり、海上自衛隊に約7年勤務していました。

    このまま自衛隊で一生を終えるものと思っていましたが

    あることをきっかけに漁師になろうと思いました。

    マグロ漁師をめざして「遠洋マグロ延縄漁船」に乗船しました。

    実際に操業してみて、この仕事は体力と根性と強い精神力が必要だと感じました。

    操業場所によっては暑い、寒い、時化、そして睡眠不足です。

    魚が揚がれば仕事は忙しくなり、寝る時間は短くなりますが、水揚げ高があがれば給料が増える。

    そう思うと疲れなど忘れる事が度々ありました。

    いつも大漁という訳ではありませんでした。

    自然を相手にする仕事だけに苦労はいっぱいですが、少しでも多く水揚げできるように

    仕事に励んでいきたいです。

     

    以上

     

     

    遠洋マグロ延縄漁船に乗り、インド洋を巡り、そして間もなく気仙沼に戻ってきます。

    どんな顔して戻ってくるのでしょうか、私の顔を見ての第一声は何でしょうか。

    楽しみなような、不安なような複雑な気持ちです。

     

    大間のマグロ船を見て育ち、遠洋の世界はどんなふうに見えたのでしょうか。

    1年の長期航海で彼は何を感じ、成長してきたのでしょうか。

     

    これは会ってからじゃないと分かりませんね。

    やっぱり入港してくるのを「楽しみ」に待ちたいと思います。

     

     

    人のために何かしてごらん。
    返ってくる「ありがとう」が生きる力になるよ。

    水谷 修
    (児童福祉運動家、教育評論家、元教師、夜回り先生、1956〜)

     

     

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男


    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://www.gyosenin-boshu.net/trackback/430
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE