漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 漁業者の人材育成・人員募集に関する意見交換会 | main | 地元気仙沼で仕事をする私のある一日 >>
母校での講演
0

    先日の10月31日に母校である気仙沼西高等学校で開校記念講演が催されました。

    この講演は毎年行われ、活躍している卒業生の中から1人が選ばれ全校生徒に向けて講演するものです。

     

    震災や少子化の影響もあり、気仙沼地区の公立学校の統廃合が進んでおり

    気仙沼西高等学校も平成30年3月をもって気仙沼高校と統合することとなりました。

    最終年度となる平成29年度の開校記念行事は特別なイベントが行われることがすでに決まっており

    卒業生が話すのは平成28年度が最後。

     

    その最後の開校記念講演の講師として、なんと私が選ばれ全校生徒約300人を前に90分お話させていただくことになったのです。

     

     

    お話をいただいたのが今年の5月。

    それを引き受けてからの半年は、この講演に何を話そうか迷いに迷った半年でもありました。

    終わってしまえば一瞬なのですが

    マグロ漁師を育ててる私が、共学普通高校の全生徒に90分も何を話すのか?

    かな〜〜り迷いました。

     

    この話をした知人・友人からも「いったい何を話すの?想像がつかない」と話され

    よけ〜に不安になりながら檀上しました。

    ステージ上からみる300人って「意外に少ないな」と感じましたが、相手は高校生。

    非常に厳しくジャッジされるんだと思うと、否が応でも緊張してきます。

     

    最初の掴みのギャグから滑ってしまい(笑)

    300人全員にうつむかれるという大失態からのスタート(汗)

    今までも講演活動は行っているのですが、それは基本的に私の話を聞くための時間なので

    聞く側は最初から興味をもって挑んでおり、こちらもスイッチが入りやすく

    通常の90分講演は苦しいものではありません。意外と楽しい時間です。

     

    しかし、今回はそうはいきません!

    興味のない人間に、私の事をまったく知らない人間に90分話すというのは想像以上に大変でした!

     

    大失態後は即座にネタを変え、7割以上の生徒に顔を上げさせるも、上げさせ続ける事は本当に大変です。

     

    でも、最初から最後まで真剣に私の話を聞いている生徒も多かったですし、生徒手帳に何やらメモしてる生徒もいました。

    2割以上の人が真剣に聞いてくれたので、パレートの法則からしても十分な値だったと思っています。

     

    何を話したか?は気になりますよね(笑)

     

    基本的には震災後からの後継者育成活動の話をさせていただきました。

    今ではおかげさまで、私のブログは全国区で知られるようになりました。

     

    クヨクヨ考えず、まずは行動したことが始まりでしたので

    演題は「動けば変わる」としました。

     

    ・この後継者育成活動を強力に行おうと思った最初のきっかけ。

    ・当初は強い反発の声があったのに、どう説得したのか。

    ・なぜホームページではなくブログだったのか。

    ・震災直後の混乱の中、どのような方法で募集活動を行ったのか。

    ・なぜ、短期間で全国の漁業者に知られるほどのブログを作れたのか。

    等々

     

    盛りだくさんな内容でお話しました。

    個人的なことも赤裸々にお話しました。

     

    まずは行動しなさいということ、人からの意見を気にして

    行動を興さなかったら何もなりません。

    人から何かを頼まれたら、まずは引き受けてみる。

    人は自分のことをよく見ており、この人なら大丈夫と思い頼んでくる。

    でも初めてやることは不安でたまらない。失敗したらどうしよう。恥ずかしい。

    なぜ恥ずかしいのか?失敗した時の人からの批判が怖いのです。

     

    人の批判を気にするあまり、行動しないのは愚かなこと。

    人が初チャレンジする姿を笑いものにするような輩の評価を気にすることがあるだろうか?

    だったら「初めてかもしれないけれど、あなたなら大丈夫」という方の評価を信じてはどうでしょうか?

    与えられた役割を一所懸命こなしていけば

    次なる役割が与えられますよ、役割が役割を呼んで、1年後には今の自分では考えられない大きな仕事が舞い込んできますよ。

    そして、その仕事をこなしている自分がいますよ。

     

    人は一所懸命な人が大好きです。

    イケメン、足が長い、かっこいい、、全く関係ありません。

    一所懸命な人はとても輝いており、無条件に魅かれていくのです。

     

    心配ありません。

    大変な時は多くの人が応援団になってくれ、助けてくれますよ。

    次々と役割をこなし、周りの応援団の存在を感じる事が大きな自信となり、勇気が湧いてきます。

    おのずと表情も変わり、素敵な人間に変わっていくんだと思いますよ。

     

    成功している人は素敵な人が多い。

    自分は素敵じゃないから成功できない。そうではない。

    ひとつひとつハードルを越えるたび素敵になってくるだけの話。

    動けば変わります。これは絶対です。

     

    という話をさせてただ来ました。

     

    たった一人でもいいです。

    私の話がきっかけとなり、夢への大きな一歩を踏み出す生徒がいればいいなぁ

     

    さすがにこの話題で90分は長かったといいながら105分話してしまいましたが(笑)

    その中の一言でも、彼ら彼女らの心に引っ掛かってくれたことを祈ります。

     

    為せば成る。

    為さねば成らぬなる業を

    成らぬと捨てる人のはかなき。

    武田信玄

     

    【意味】

    強い意志を持って取り組めば必ず実現できる。
    一方、取り組まなければ何事も実現できない。
    努力すればできることであっても、最初から無理だと諦めてしまうところに、人の弱さがある。

     

     

     

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | コラム・エッセイ | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/411
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE