漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 【大募集】遠洋マグロ延縄漁船、近海マグロ延縄漁船の漁師になってみませんか! | main | Rookie Fisherman Diary (From Miyagi-65)その2 >>
Rookie Fisherman Diary (From Miyagi-65)その1
0

    洋上日誌を紹介する「ルーキーシリーズ」。

    今回は近海マグロ延縄漁船でがんばる宮城県出身36歳の1年間を連続で追ってみたいと思います。

    近海マグロ延縄漁船は約1ヶ月の航海で、2〜3日の休暇をはさみ再び出港するスタイル。

    夏場のネズミザメや秋からのメカジキが主体。

     

    妻子持ちの彼ですが、一生懸命にこの1年を過ごしてきました。

    いままでの人生の中で見ても、一番必死に過ごした1年ではないでしょうか。

     

    IMG_0192.JPG

     

    それではご覧いただきましょう。

     

    第1週目(平成27年9月)

    心配していた船酔は一日で治まり、翌日からのご飯がとても美味しかった。

    漁場に着くまでは、釣り止めをしたり、まるきを3本がけにしたり、投縄、揚げ縄のスタンバイをした。

    休み時間にインドネシア語の数の数え方を教えてもらった。

     

    2週目

    (操業がはじまり)1回目にてサメが10トン獲れた。

    非常に忙しく、とにかくサメの解剖と、サメをカメに入れる事に本当に疲れ、倒れるかと思った。

    カッパの中や手袋の中は汗だくで、手足の裏が痛い!

    出刃包丁の使い方やサメの持ち上げ方など、コツを掴んで早く出来るようになりたい。

     

    3週目

    時化の時は船より高く見える波を越える。

    そんな中でも作業を行うみんなが凄い。

    自分は立ってバランスをとるだけで精一杯だった。

    次航海から4月までは時化が続くと教えてもらう。

    正直、怖いです。

     

    4週目

    適水をはさんで漁場を変え、メカが多く獲れるようになった。

    メカの解剖を早く出来るようになりたい。

    自分は仕事を覚えるのが遅いと皆から言われる。

    インドネシア人達からは仕事が出来ないのでバカにされているが

    気にせず、ひとつずつ仕事をしっかり覚えるぞ。

     

    5週目

    あっという間に1航海が終わってしまった。

    仕事の覚えが遅いので帰りたくない気持ちも半分ある。

    ブラン巻が最大の課題だと思う。

    速く、速く、何度も練習するのみだ。

    言葉の壁はやはりあった。日本人の訛りもそうだが

    インドネシア人が話す片言の日本語も聞き取りにくく大変だった。

     

    6週目(平成27年10月)

    (2航海目の)出船後、大型台風の接近のために、気仙沼近くまで戻り

    荒天ささえとなった。

    2航海目となり、先航海よりも仕事が早くなることを目標に頑張りたい!

    小さいメカの解剖をした。少しずつではあるが覚えてきていると感じる。

    皆に追いつけるようになりたい。

     

    7週目

    揚げ縄では、あがり、コンベア、玉、まるき、しまい、解剖、まるきしばりと皆の順番に加わり

    回れるようになった。あがりでのブラン巻が遅く迷惑をかけてばかりだ。

     

    8週目

    揚げ縄開始時は凪だったが、縄切れが何度かあり、時間が経つにつれて時化となった。

    船頭や船長から「お前は危ないから」と言われ、作業に加われず悔しかった。

     

    9週目(平成27年11月)

    仕事に慣れてきて視野が広くなってきたように思うが、まだ注意されることも多い。

    体が慣れただけで仕事はまだまだという事だ。

     

    10週目

    スナップ外しの別のやり方を教えてもらいました。

    あがりで速くなれば、いろいろなスナップ外しの練習ができるようになると言われ、もっと速くブランを巻きをし

    追われないでスナップ外しの練習をしたいと思った。

     

    今回はここまでとします。

    初航海が10週間の様子を紹介しました。

    次回は11週目〜20週目の紹介です。

     

    彼は本当に頑張っていると思います。

    出来る限りの指導をして下さる船側にも感謝です。

    応援してくれる彼の奥さんにも感謝しなければいけませんね。

     

    皆、応援してくれる。

    でもそれは

    肚を決めて頑張る彼の姿がとても魅力的だからかもしれませんね。

     

     

    生まれながらに才能のある者は、

    それを頼んで鍛錬を怠る、

    自惚れる。

    しかし、

    生まれつきの才能がない者は、

    何とか技術を身につけようと日々努力する。

    心構えがまるで違う。

    これが大事だ。

    - 織田信長 -

    (戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名 / 1534〜1582)

     

     

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | Rookie Fisherman Diary | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    トラックバック機能は終了しました。
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE