漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< OPRTニュースレターに掲載されました! | main | 【大募集】遠洋マグロ延縄漁船、近海マグロ延縄漁船の漁師になってみませんか! >>
【三陸新報掲載】80人目の新人漁船員が誕生!
0

    夢かなえ漁師へ(高橋健吾).jpg

     

    とうとう80人目までやってきました。

    受入れる人数が多ければ偉いという事ではありませんが

    一定数の「退職者」を考えますと

    すそ野は広いほど幹部まで成長する人が多くなると思いますので

    やはり受け入れ人数というのは重要になってきます。

     

    数年前まで年間乗船者数が0〜1人という状況でありましたので

    震災から5年で80人というのは、やはり驚きの数字だと思います。

     

    でも、ひと頃よりは受入れペースは下がってきているのは確かです。これは間違いありません。

    受入れペースが下がっているのには理由があります。

    申込者が減っているのはありません。受入れ漁船が減っているのではありません。

    人選に大きな時間を割いているのが主たる原因です。

     

    以前は「年間20人受入れ」というフレーズが1人歩きしてしまったのが原因で

    「20人=ノルマ」という思考になってしまいました。

    そうすると1人1人への思いが軽くなってしまい、若手をコマのように考えがちになってしまう自分が非常に嫌になりましたし

    私自信がこの育成事業が楽しめなくなってきたのです。

     

    やはり20人という数字に囚われず、1人1人と真剣に向き合い積み重ねていくことがとても重要になるのです。

     

    厳しい洋上の話を何度も何度も話し、最悪のイメージを植え付けていきます。

    そして最後の一言「それでも、あなたは海に出たいですか?」

    ここでYESと答えた方のみを受け入れております。

    中途半端な思いで洋上に行ったのではお互いが不幸になる。これは避けなければならないのです。

     

    そしてここにも「YES」と答えた青年がひとり。

     

    IMG_2806.JPG

     

    地元宮城県出身の33歳。

    妻と子供3人を持つ妻帯者であります。

    子供の頃から大きな船に乗る漁師に憧れをもち、子供がある程度大きくなったのを機に

    船主協会の門を叩いてきました。

    奥さんの大きな理解があってこその第一歩ですね。

     

    IMG_2809.JPG

     

    大人しい感じもしますが、海への思いは本物と思い

    近海マグロ延縄漁船に受け入れることになりました。

     

    IMG_2811.JPG

     

    IMG_2814.JPG

     

    元漁労長のもと、約1週間の実技の研修を行います。

    毎日毎日真剣に取り組んでいました。

     

    IMG_2817.JPG

     

    IMG_2821.JPG

     

    こんな彼も、数日中には出港です。

    残念ながら、私は出港日に気仙沼にはいませんが

    必ずや頑張ってくれるものと思います!!!

     

    最初の3か月は非常に厳しいです。

    船酔もあるし、仕事が分からずアタフタする毎日。

    怒られ、怒鳴られの毎日。

    この「地獄の3か月」を乗り越えて、自分のスタイルを見つけて欲しいと思っています。

    しっかりとサポートしますからね!

     

    そうしている間に、遠洋マグロ漁船に乗る若手船員が帰ってきました。

    マグロ漁船員となって4年目。

    彼は海技士(機関)を取得し、一等機関士としての初航海を終えて帰ってきたのです。

     

    IMG_2825.JPG

     

    IMG_2826.JPG

     

    IMG_2828.JPG

     

    すぐに実家である東京に帰るというので

    その日の夜に、海技士の合格祝いと一等機関士就任を2人で祝ったのですが

    普通の飲み会になってしまい、彼には「もっと祝ってくれ!」と怒られてしまいました(笑)

     

    その後、彼と夜の街を歩いていると偶然も重なり

    他の船に乗る若手船員と合流、合流と相成り、ちょっとした交流会になっていきました!!

     

    IMG_1060(×200).jpg

     

    ちょっとした偶然だけでこんな風になるんだなぁ〜と思うと感慨深いです。

    つい数年前にはこんな事なんてあり得なかった。

    ある瞬間のタイミングに、偶然だけで複数人が集まれる。

    本当にあり得ませんでした。

    80人受入れという数字の大きさを実感した最高の一夜でした。

     

    沖での話に盛り上がる若手たちを見ていると、彼らには心から頑張って欲しいなぁと思います。

     

    こんな偶然がいつでも起こり得るよう

    しっかりと1人1人を大事に育てていこうと思います。

     

     

    私は木の立つ姿が好きです。
    なぜなら木々は自分たちの生きねばならぬ道に、ほかのものよりずっと素直に従っているからです。

    ウィラ・キャザー
    (19〜20世紀前半・米国の女流作家、1873〜1947)

     

     

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/387
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE