漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
<< 気仙沼港希望の星〜若手漁船員座談会が大々的に掲載! | main | これからマグロ漁船員を目指す方は必読です!(若手漁船員座談会その2) >>
これからマグロ漁船員を目指す方は必読です!(若手漁船員座談会その1)
0
    これから遠洋、近海マグロ延縄漁船に乗船を希望する方は必読です。
    7月19日に三陸新報暑中特集に大々的に掲載された内容を連続シリーズでお伝えいたします。

    20代の若手漁船員が洋上でどんな暮らし、どんな仕事をしているのか。
    未経験者にも分かりやすい質問を彼らに投げかけ、それに答えていただいております。

    これらかマグロ漁船員を目指す方は必ず読んだ方がいいです。
    これ以上、参考になるものはありません。
    何せ、未経験者に一番近い若手の感想ですからね。

    でははじめます。

    (気仙沼港希望の星〜若手漁船員座談会)

    司 会−吉田鶴男
    遠洋マグロ延縄漁船(西経漁場)
     甲板員   Aくん(23歳)
    遠洋マグロ延縄漁船(インド洋)
     冷凍助手  Dくん(23歳)
    遠洋マグロ延縄漁船(大西洋漁場)
     一等航海士 Kくん(23歳)
    近海マグロ延縄漁船(日本近海)
     甲板員   Sくん(28歳)

    S0549090.JPG

    (マグロ漁船に乗ろうとしたきっかけは?)

    司会−あらためて聞くけど、なぜ漁船員になろうと思ったの?

    Dくん−(福島県)いわき市で働いていた時に、一緒に派遣で来ていた人から「若いうちにお金を貯めるなら漁船が一番だ」と聞いたことです。その後、直接運輸局に行って求人を調べました。一番最初に見つけたのが今の会社の求人票。
    会社の部長さんから(宮城県)仙台市で漁業就業支援フェアがあるからそこに来てほしいと言われました。

    司会−フェアと言えば、Sくんも船主協会がブース出展した自衛隊の任期制隊員合同企業説明会の参加がきっかけだったね。なぜ、説明会に参加しようと思ったの?

    Sくん−自衛隊の食堂にいつも合同企業説明会のチラシが張り出されており、どこの企業が来るかなどが分かるようになっていました。漁船の仕事に興味があったので「班長、これに行きたいです」と申し出ました。

    司会−あれ以来、自衛官を退職した人の問い合わせが増え、畑違いの職業の人たちから漁船員を目指す人もかなり多くなってきた。
    Aくんも畑違いでトラックの運転手から転職したんだったね。


    Aくん−小さいころから魚釣りが好きで、漁船員に憧れてました。
    インターネットで「マグロ漁船」を検索していたら吉田さんのブログを見つけて、何度も話を聞いて、乗ろうと決心して面接を受けました。
    20歳からトラック運転手になりましたが、自分が何をやりたいのかを考える事が多かった。
    その時に漁船員の仕事が浮かび、以前マグロ漁船のテレビを見た時の事を思い出して、マグロ漁船に乗りたいとの思いが強まりました。

    司会−電話でマグロ漁船はとても厳しい環境だから「もう一度考え直せ」と電話を切ったよね。でも、すぐに電話が来たので気仙沼に来てもらって話をしたり、遠洋マグロ漁船を見学したのを覚えている。

    Aくん−吉田さんに「ちゃんと考えてやりたいと思ったら連絡してこい」と言われて、次の日すぐに「乗ります」と連絡しました。
    気仙沼に来てから一層思いは強くなりました。
    漁船の事は分かりませんでしたが、吉田さんと話して安心し、やって行ける自信がつきました。

    Kくん−私は気仙沼向洋高校専攻科で海技士の資格取得を目指していました。
    在学中は遊びに夢中で勉強不足から取得できませんでしたが、地元だし、魚が好きだったので漁船に乗りたいという思いは強かったです。
    特にマグロ延縄漁船に乗りたかったので、気仙沼の海事事務所に行き「マグロ船の乗りたい」と言ったところ船主協会の吉田さんを紹介されました。
    高校に入っても何をやりたいか分からず、専攻科に入って宮城丸で航海実習をしました。
    商船に乗る選択肢もありましたが、もっと自分を追い込める仕事をやりたいという思いもありマグロ船を選びました。

    (船酔いについて)

    司会−これまでに怖くなって出港前に辞める人もいたが、不安はなかったの?

    Aくん−そうゆう怖さはなかったですが、何をやっていいのか全く分からなくて、やっていけるのか不安はありました。
    話を聞いていましたが、初日は取りあえずやってみろと言われたんですが何もできなかったです。

    Sくん−4月末に乗る予定でしたが、ほかの乗組員の都合で1ヶ月早く乗って欲しいと言われたので、怖いなんて考える暇はありませんでした。

    司会−気仙沼港を出港し陸が見えなくなると、どんな気持ちになるの?寂しいなぁとは思わない?

    Dくん−不安とか寂しいとかはなかったです。覚悟を決めて乗ったので。かっこいい言い方をすれば「後ろを振り向かない」ので(笑)

    Aくん−陸地が見えなくなって、逆に「よし、がんばるぞ!」と奮起。
    すぐに大漁旗を下す作業をしていたんですが、船酔いで速攻ギブアップ。
    具合が悪い記憶しかないですね。

    司会−船酔いはそこから何日続いたの?

    Aくん−1か月くらい船酔いしました。吐きながらも作業はしていましたが、本当に何も受け付けなくなり三食喉を通らなかった。
    漁労長から「食わないと直らないから無理しても食え」と言われて、少しずつ食べて克服しました。

    Kくん−私も毎航海酔いますが2〜3日で収まるのでそんなにひどくはないですね。

    Dくん−もう慣れましたが、最初は試運転でダメでした。気仙沼を出港してインドネシアまでの1週間は気持ちが悪かったですが、後は我慢できるまでになりました。

    Sくん−近海船は結構揺れがキツイと思われますが、気持ち悪くなったことはありません。

    司会−Aくんは船酔いしている1か月間はどんな作業をしていたの?

    Aくん−相当ひどい方だったみたいで、みんなが「休んでいいよ」と言ってくれました。
    でも、新人だったので「やらせてください」と言って吐きながらもブラン(枝縄)巻きなど操業の準備をしていました。
    何も分からなかったので、仕事を覚えたい一心でなんとかやってきました。本当に船酔いが一番きつかったです。

    司会−昔は大西洋漁場は時化がきつく、飛行機で現地にいって、出港後まもなく操業がスタートするので新人には向いていないとされていた。
    今はだいぶ改善されたし、Kくんは航海実習経験もあり、本人の希望もあったので大西洋を漁場とする漁船に乗った。


    Kくん−専攻科での乗船履歴があり2航海目の途中で帰国し、広島県の尾道海技学院で学び3級海技士(航海)の国家試験に合格。
    今は一等航海士として乗船しています。


    本日はここまで〜〜!
    続きは次回の更新となります。お楽しみに!!


    練習は量より質、質より気分。
    平尾誠二
    (元ラグビー日本代表監督、1963〜)



    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793・22−6116(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    土日祝日用メール:boshu-info☆willcom.com(☆部を@に変えてください)
    担 当:吉田
    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 若手漁船員座談会 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://gyosenin-boshu.net/trackback/317
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + ランキング参加中♪
    クリックお願いします
    + プレビューランキング
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE