漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
日本経済新聞社会面に掲載されました!
0

    若手船員の総受入数が東日本大震災以降で100人を突破した事は

    皆様にもご報告した通りでございます。

     

    お陰様で、新聞やテレビでも数多く報じていただきました。

    その最後を飾るであろう新聞がこちらです。

     

    IMG_8999.jpg

     

    そう、日本経済新聞でございます!

    正直、日経さんに載るとは想像もしていませんでした(笑)

     

    しかも、こんなに大きく掲載していただきました。

     

    日本経済新聞掲載記事.jpg

     

    記事の内容はこの通り。

     

    「必死に魚と格闘して頑張っている。本物の海の男になろうと頑張っている」

    文書からにじみ出てくるのは、何日も海上でマグロを追い続ける漁師への熱い思い入れ。

    気仙沼港を拠点とする漁船の所有者でつくる宮城県北部船主協会の事務局長、吉田鶴男さん(47)が綴るブログが

    やりがいを求める若者を引き付けている。

    震災後、気仙沼港で漁師となった若者は100人以上。

    漁業離れが進むなか、突出した数字は全国から注目される。

    ■ □

    神奈川県藤沢市出身で、漁師歴4年目のFさん(25)もそんな言葉に動かされた1人だ。

    派遣社員として働く日々に物足りなさを感じ、幼いころ夢みた漁師の仕事をネットで検索すると

    吉田さんのブログ「漁船員になろう!」にたどり着いた。

    ブログに載っていた若手漁師の洋上日誌から目が離せなくなっていた。

    「メカジキの大きいのがとれました」

    「揚げ終わりは達成感があった」

    読み終えると「これしかない」と吉田さんを訪ね、漁師に転身。

    今では一等機関士となり、船に欠かせない存在だ!

    気仙沼もかつては漁師の後継者不足に悩む状況は多くの漁港と変わらなかった。

    そこに11年の東日本大震災が追い打ちをかけた。

    港は大破し、がれきの山に。

    「家や家族を失い漁どころではない」。

    津波は古参の漁師の気力も奪っていった。

    漁師がいなければ船も出せない。

    吉田さんの元に船会社からそSOSが次々と寄せられる。

    「どうすれば」

    打開策が見つからない中、漁から返ってきた若者がスマートフォンをいじっている姿が目に入った。

    海の男にネットは似合わないと思い込んでいたが

    「ブログで呼びかけると人が集まるかもしれない」と思い、12年に開設した。

    ■ □

    ブログでは、漁師の苦労話など、できるだけ本当の姿を見せるよう腐心した。

    「マグロ漁船のすべてを統括する最高責任者が漁労長。あこがれの年収1千万円になる」(12年2月)

    「船長という仕事は資格を得たからといって出来るものではありません。足かけ10年は必要」(14年4月)

    記事の末尾に問い合わせ先を載せると、反応は思ったより早く表れた。

    「漁師になりたい」と連絡があったのはブログ開設から2週間後。

    アクセスは急増し、約半年で1ヶ月1万件に到達。

    漁業志望者に会うため、北海道から九州まで駆け巡る日々が始った。

    顔を合わせると、あえて過酷さを伝える。

    マグロ漁船は常に集団生活。
    魚を追い続け丸1日働き続けることもある。

    「自分の子供も同然。受け入れる以上は真剣に向き合う」と、厳しい言葉は時に2時間以上にも及び

    相手を泣かせてしまったことも。

    それでも希望者は後を絶たなかった。

    当初は県外の若者に戸惑っていた船会社も「吉田さんの紹介なら」と受け入れるようになった。

    仕事についていけず数年で辞める人もいる。

    それでも「船に乗り続けたいと思える環境をつくらないと」と前を向く。

    気仙沼に住み始めた若者もおり、漁業の町復活の兆しも見え始める。

    「港を若者でいっぱいにするのが夢」

    熱い思いを胸にブログを刻み続ける。

     

    以上が記事の全文です。

     

    記者さんの気持ちのこもった記事にとても感謝しています。

    この記事の若手船員も今はインド洋で奮闘中だ!

     

    ブログ開設当初は、年間1〜2人しか新人漁船員が誕生しなかった。

    多くても4〜5人が限界。

    これでは少なすぎる。

    過酷なマグロ漁船の魅力は何なのか?

    こんな事ばかり考えていた。

     

    乗ろうと思えば、誰でも乗れそうなイメージを払拭しようと「人選する」と名言。

    今までは「過酷」のイメージを払拭する活動だったので、震災後は「過酷」を全面的に打ち出してみた。

    そして

    全面的に押し出すほどの魅力を謳えなかったこともあり

    面接ではこちらの「熱意」を全面的に押し出していくしかなかった。

     

    徐々にマスコミに取り上げられるようになり

    インパクトのある回答をしようと

    「5年で50人、10年で100人」を受け入れるという当時としては天文学的な数字を掲げてしまった(笑)

     

    この目標、実は宮城県北部船主協会として打ち立てた目標ではないのです。

    役員会で定めた目標値でもないのです。

    担当の私が勝手に打ち立ててしまった目標なのです。

    最初の頃は、あまりにも大きな事を言ってしまったとさんざん後悔しました(笑)

     

    ところが、多くの方々の協力や応援もあり

    【事業開始2年半で50人、6年で100人】という超ハイペースで目標が達成されたのです。

    50人の時点では、目標達成率200%というとんでもない成果でした!

     

    ここからは

    次のステージに入ります。

    【漁師を続けやすい環境を構築し、離職率を抑える】

    これが私の課題となりました。

    募集活動は今まで通り、もしくはそれ以上に行いますが

    数字に拘ることは止めます。

    来てくれた若者をより大切に育成していくことに集中したいと思っています。

     

    今後とも、よろしくお願いいたします。

     

     

    変転する状況のただ中で

    ひとりの人間が終始一貫性を保つただ一つの可能性は

    すべてを支配する不変の目標に忠実でありながら

    状況に応じて変化することにある。

    ウィンストン・チャーチル

    (イギリスの政治家、1874〜1965)

     

     

    もうひとつ、宮城県北部船主協会の活動がこういった本にも掲載されたんです。

     

    IMG_8794.jpg

     

    「田舎暮らし」という雑誌です。

    その中で、田舎にはこんな仕事もあるよ〜〜ということで

    トピックスで紹介されております。

     

    IMG_8796.jpg

     

    毎度、お世話になっている全国センターのお2人も紹介。

     

    IMG_8795.jpg

     

    ホントお世話になっております!!

    今後ともよろしくっ!!

     

    --------------------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    その名も「漁船員になりたい人の必読書」が完成!
    0

      実のところ、昨年はブログのアクセス数が伸び悩んだうえ

      乗船希望の問い合わせ数も激減しておりました。

      乗船希望者がいなければどうにもならないので

      あの手この手を尽くしましたがどうにもならず、1人で悩んでいたんです。

      アクセス数も1日300〜400くらいしかない。

       

      そして、ブログの過去記事を読んでいて

      ふと気づいたんです。

      「独りよがりになっているのではないか?」と。

       

      初心に帰り、相手の事を考えながら

      読みやすい文体と文章量に変えてみました。

       

      すると、

      あっという間にアクセス数が1日に800〜1000以上と跳ね上がったのです!

      それと同時に、問い合わせ件数も大幅に増え

      私のデスクに、乗船希望者の履歴書が次々届くようになりました!

       

      やはり身体条件などで紹介出来ない方も複数いらっしゃり

      乗船出来る方は限られてしまいますが

      再びマグロ漁船に目を向けて下さる方が増えて

      とても嬉しく思っています!

       

      初心と言えば

      新しい冊子を作ってみたんです。

      その名も「漁船員になりたい人の必読書」

       

      IMG_8255.JPG

       

      平成26年8月から三陸新報で連載が始まった「海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記」

      連載から3年が経過し、掲載者数も40人に達したことから

      まとめてみようという話になり

      船主協会の新人職員の中田くんに試作本を作ってもらいました。

      私はイメージを伝えただけ。

      写真は私が今まで撮り溜めていたものを使用しました。

       

      なかなかの出来だったので関係各所に見せたところ

      一般社団法人全国漁業就業者確保育成センターの目に留まり製本することになったのです!

       

      被災地漁業の復興の歩みを記したものであり

      洋上での生活を様々な角度から記した貴重な資料にもなるとのことで

      平成29年度漁業復興担い手確保支援事業の一環として作ることになったのです!

      限定500冊!

       

      IMG_8412.JPG

       

      ですから、発行元は一般社団法人全国漁業就業者確保育成センターさま。

      私達、宮城県北部船主協会は【編集】という立場になります。

       

      IMG_8413.JPG

       

      さっそく、全国の水産高校や船員職業紹介所に配布させていただきました。

      あまりの出来の良さに各所で話題となり、閲覧や資料にしたいとのことで

      気仙沼図書館にも寄贈させていただきました。

       

      取材依頼もいただき

      三陸新報にも紹介させていただきました。

       

      IMG_8253.JPG

       

       

      IMG_8254.JPG

       

      一回、一回はとても読みやすいのですが

      40人分を読み終えると「疲労感」すら感じます。

      彼らの強い思いをすべて受け止めようとすると

      一気に読めるものではありません。

       

      それだけ濃厚な内容です。

       

      三陸新報の連載で、たった一回限りの紙面掲載にするにはとても惜しいのです。

       

      最初に戻りますが

      なぜ、この冊子が初心に関係あるかと申しますと

      この冊子の発行時期は、新人漁船員の受入れ総数が100人を突破したタイミングでもあり

      まとめることで初心に帰りイチからこのプロジェクトのあり方を考えようとしたところにあります。

       

      その思いを込めたタイトル「漁船員になりたい人の必読書」

      英語表記をするなどポップな印象を一切排除したこのタイトル。

      これは、船主協会が作成した船員募集パンフレットの第1号(昭和44年)のタイトル

      「漁船々員志望者への栞」へのリスペクトでもあります。

       

      ブログを用いた、思いを伝える活動がニュースとなりドキュメンタリー番組化され

      この度は製本化されるという広がりを見せております。

       

      この冊子を読むことで心が震え

      夢を抱いた若者たちが気仙沼に、さらに集まってくれるよう

      心から祈っています。

       

      船主協会としても、私個人としても

      感無量の一冊です。

       

      本日は【名言】をお休みし

      パンフレット裏表紙のコメントを紹介したいと思います。

       

      漁船員になりたいあなたへ

      40人の若きマグロ漁船員が綴る乗船体験記。

      全てを読み終え、パワフルな彼らの想いに疲労感すら覚えたのではないでしょうか。

      過酷と言われるえこの仕事に自ら飛び込み

      もがき奮闘する姿やそれぞれが綴った海に向かう「理由」、そして抱いた「夢」。

      これは海の男が持つべき覚悟を記した「必読書」である。

      海の男になりたくて、受け入れる男の準備ができたらご連絡ください。

      こちらは、あなたを迎い入れる準備ができていますから。

      宮城県北部船主協会

       

       

      --------------------------------------------------------

      遠洋マグロ延縄漁船
      近海マグロ延縄漁船
      乗組員を大募集(未経験者可)しております!
      厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
      本気のあなたを全力でサポートいたします。
      本気になれる35歳未満の男性
      まずはご連絡ください
      ↓↓↓↓↓

       

      【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
      乗組の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
      名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
      住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
      電 話:0226−22−0793(月〜金)
      メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
      担 当:吉田鶴男

       

       

       

      | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      震災後の若手は100人突破!!地元新卒者3人乗船へ
      0

        2月17日付三陸新報の一面を飾らさせていただきました!

         

        地元新卒者3人乗船へ

        気仙沼港所属漁船

        震災後の若手は100人突破

         

         

        紙面の写真に掲載されている2人は、宮城県気仙沼向洋高校の三年生で

        この3月に同校を卒業する期待の新人くん達なのであります。

         

        同校から2人同時に我々の仲間になるなんて何年ぶりなんでしょう。

        しかも、遠洋マグロ漁船と近海マグロ漁船に一人ずつというバランスの良さ(笑)

        何とも嬉しい限りです!!

         

        漁船員である父からの影響を受けて育ち、中学2年のころには

        すでに漁船員になることを決めていたと言い

         

        もう1人は

        高校入学後に漁船員の話を聞く機会が多くなったほか

        宮城丸での実習で体験した、陸とは違う生活に憧れて乗船を希望したという。

         

        この理由を聞いてさらに嬉しくなりました。

        目指した理由の第一が「お金」じゃないんです!

        気仙沼という港町に住み、インターネット等を介さない

        自然と耳に入ってくる情報に魅力を感じて志しているんです。

         

        これはスゴイ事だと思うんです。

         

        港町の雰囲気がそう感じさせてるんだと思います。

        こんな若者がたくさん生まれてくるように、もっともっと頑張らないといけないですね。

         

        この2人の他にも、この3月に地元普通高校を卒業する少年と地元中学校を卒業する少年の2人も含まれます。

        今年の春は気仙沼市から4人もの新人漁船員が誕生するのです。

         

        私の長男も気仙沼市立面瀬中学校の2年生。

        この少年たちが私の息子と言ってもおかしくない。

        しっかりと、我が息子を思うようにサポートしていきたいと思います。

         

        がんばれ!!!

         

         

        あれもいい

        これもいいという生き方はどこにもねえや。

        あっとが良けりゃ、こっちが悪いと決まっているのだから

        これだと思った時に盲滅法に進まなけりゃうそですよ。

        尾崎士郎(おざきしろう)

        [小説家、1898〜1964]

         

        --------------------------------------------------------

         

        遠洋マグロ延縄漁船
        近海マグロ延縄漁船
        乗組員を大募集(未経験者可)しております!
        厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
        本気のあなたを全力でサポートいたします。
        本気になれる35歳未満の男性

        まずはご連絡ください

        ↓↓↓↓↓

         

        【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
        乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
        名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
        住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
        電 話:0226−22−0793(月〜金)
        メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
        担 当:吉田鶴男

         

         

         

        | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ミヤギテレビ「OH!バンデス」に取り上げられました♪
        0

          1月17日(水)放送のミヤギテレビ「OH!バンデス」内の“がんばろう宮城”のコーナーに取り上げられました!

           

          ご覧になっていない方のために、ブログ上で番組内容を簡単にご紹介したいと思います。

          今回は、当方だけではなく、つばき会さんの「漁師カレンダー」も併せてご紹介。

           

          がんばろう宮城のコーナーです♪

           

           

          震災後、気仙沼の漁師はある危機に面していた!

           

           

          遠洋漁船乗組員の高齢化・後継者不足・・・

           

           

          震災で家を失い、家族を失ったという人がかなりいた。

          それを理由に、今度は沖に行く気力を失った人が

          それを機に退職される方が一気に増えてしまった。

          人が少なくなったと言われていたのが、居ないってなったんですよ。

           

          IMG_7082.JPG

           

          気仙沼の復活に向けて行われた様々な試み

           

          IMG_7083.JPG

           

          IMG_7109.JPG

           

          気仙沼には、遠洋から近海まで多くの種類の漁船が集まる。

          ある一隻の遠洋マグロ漁船の出港に立ち会うことができた。

           

          IMG_7216.JPG

           

          出港時間が近づくと女性達が見送り用の旗を配り始める。

           

          IMG_7251.JPG

           

          IMG_7262.JPG

           

          デザインして作ったんです。オリジナルです!

          震災の後、港が真っ黒だったから

          キレイなもので見送りしたかったんですよ!

          遠くからも見えますし!

           

          IMG_7277.JPG

           

          【気仙沼つばき会】

          気仙沼の観光資源を女性目線で見立てた

          さまざまな活動を通してPRしている女性のみで構成される団体

           

          IMG_7289.JPG

           

          気仙沼ならではの光景で誰でも無料で参加できるため

          「気仙沼つばき会」では、観光のひとつとするための活動を続けている。

           

          IMG_7333.JPG

           

          乗船を望む新規乗組員が増加、若者の心をつかんだ活動をご紹介!

           

          IMG_7446.JPG

           

          2012年から始めた漁船員募集のブログが

          全国の若者の心をつかみ新規乗組員が増加した!

           

          IMG_7472.JPG

           

          IMG_7487.JPG

           

          IMG_7489.JPG

           

          IMG_7499.JPG

           

          ブログを開設したきっかけは、震災直後に決意した思いから

           

          IMG_7503.JPG

           

          瓦礫をよじ登りながら避難所に行ったんですが

          今まで見慣れていた景色が別世界ですよね。

           

          IMG_7549.JPG

           

          でも、その景色を見た時に何かできないかと。

          自分のやれることで、この町の復興に関して
          何か出来ることはないものかっていう試行錯誤がそこから始ったんです。

           

          IMG_7561.JPG

           

          ブログには、吉田さんの漁師への熱い思いが注ぎ込まれた。

           

          IMG_7613.JPG

           

          年間で1人〜2人位だった新規乗船者が

          ブログ開設初年度から20人が乗組員になった!

           

          IMG_7633.JPG

           

          IMG_7673.JPG

           

          この船に乗船し、6か月の航海に挑むTさん。

          彼は岩手県宮古市出身で、去年「海技士」の資格を受験し

          合格して、一等機関士として乗り組んでいるんです。

           

          IMG_7702 (1).JPG

           

          不安な事もあります。

          4年、乗りました。

          大変ですけど、面白い部分もあるんで

          たくさん仕事を覚えて、どんどん上に行ければいいと思います。

           

          IMG_7712.JPG

           

          IMG_7764.JPG

           

          震災後に受け入れた新規乗組員は、今年の春に通算100人に達する予定。

           

          IMG_7839.JPG

           

          IMG_7840.JPG

           

          ブログの文面に関しても変わってきていると自分でも思う

           

          IMG_7867.JPG

           

          基本、応援歌ですよね。

          (新規乗組員になった)彼らに対しての応援歌

           

          IMG_7889.JPG

           

          興味のある方は、私の家族にならないかというような感じですよね。

          気仙沼っていう所の復興成長に繋がっていけばいいと思います。

           

          IMG_7900.JPG

           

          IMG_8002.JPG

           

          IMG_8003.JPG

           

          IMG_8020.JPG

           

          IMG_8035.JPG

           

          という感じでございます。

          つばき会さんの部分は、少々割愛させていただきましたが

          テレビ自体は13分に渡っての放送でした。

           

          司会のさとう宗幸さんも68歳!

          もっともっと頑張って欲しいです。

           

          私も、この程度の顔で本当に申し訳ないのですが

          出させていただき嬉しく思います。

           

          いい番組でした!

          ありがとうございます!

           

           

          一本のロウソクで、多くのロウソクに火をつけても、初めのロウソクの光は弱まらない。

          『タルムード』
          (ユダヤ教の聖典)

           

           

          深い言葉です。

          惜しむことなく、若手船員に愛情を注ぎ

          次に繋ぎ続けていきたいと思います。

           

          -----------------------------------------------

           

          遠洋マグロ延縄漁船
          近海マグロ延縄漁船
          乗組員を大募集(未経験者可)しております!
          厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
          本気のあなたを全力でサポートいたします。
          本気になれる35歳未満の男性

          まずはご連絡ください

          ↓↓↓↓↓

           

          【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
          乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
          名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
          住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
          電 話:0226−22−0793(月〜金)
          メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
          担 当:吉田鶴男

           

           

           

          | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          来春100人超え!〜河北新報に掲載されました!
          0

            本日(2017.12.13)の河北新報に我々の活動が掲載されました!

             

            IMG_6567.jpg

             

            気仙沼〜震災後の新規漁船員

            来春100人超え

            ブログで魅力PR

            「再び若者あふれる港に」

             

            こんな見出しが躍っています!

             

            しかも、掲載された場所は四コマ漫画の隣り

            つまり、テレビ番組欄の裏になり

            一面記事の次に目立つ場所ではなかろうかと思います。

            記事の内容は次の通り

             

            (河北新報インターネット版から)

             

            気仙沼港の震災後の新規漁船員、来春100人超え 漁業の魅力発信する熱いブログが若者の心つかむ

            気仙沼港を基地とするマグロなどの遠洋・近海漁船の所有会社でつくる宮城県北部船主協会(気仙沼市)が

            東日本大震災後に全国から受け入れた新規就労の乗組員が来春100人に達する。

            仕事の魅力を発信する協会のブログに感化された若者たちが続々と乗船。

            ブログを1人で担当する事務局長の吉田鶴男(たづお)さん(47)は「大きな節目を迎えられた」と感慨に浸る。

             

            震災後、協会が会員につないだ新規の乗組員数は92人で、大半が10、20代。

            船長になった若者もいる。

            2018年3月には福岡、和歌山両県などの高校を卒業する7人を含む9人の乗船が決まった。
            吉田さんは震災後、後継者不足が深刻な遠洋漁業の魅力や仕事の中身を伝えながら漁船員を募ろうと決意。

            12年2月に「漁船員(漁師)になろう!」と題したブログを始めた。

            スマートフォンを持ち歩く漁師の姿が目立ち始めたことがきっかけだった。

             

            ドラマの脚本家を目指したことのある吉田さんの熱い言葉が若者をひきつける。

            体験談を載せたり画像をふんだんに使ったりして、仕事のイメージが湧きやすいのも魅力の一つ。

            文章の最後は必ず歴史上の人物や経営者らの名言で締める。
            ブログを発信すると、乗船を希望する若者からの連絡が増えた。

            震災前は就業者ゼロの状態が続いた時期もあったが、漁師希望者の就職イベントに積極的に参加したことも奏功し

            12年度以降は毎年20人近くが乗船するようになった。
            ブログの更新回数は480回を超える。

            「周囲に『10年で100人乗せる』と豪語したが

            正直、天文学的数字だと思っていた。一心不乱に走り続けた結果が出た」と振り返る。

             

            乗船を望む若者に実際に会い、漁師としての資質を見極めるのも吉田さんの大切な仕事。

            1時間近く話を聞き、時には厳しい意見を言って若者を泣かせることもあるという。
            乗組員の誕生日に必ず励ましのメールを送る吉田さんは

            「みんなを家族として受け入れてきた。息子を応援するのは親として当然の仕事」。

            親身な姿勢が若者の信頼を得ている。

             

            最近、名刺に「漁師リクルーター」の肩書を加えた吉田さん。

            「震災で傷ついた気仙沼の港を、もう一度若者であふれさせたい」と意欲を燃やす。

             

            が掲載全文です。

             

            盛りだくさんの内容となっているため、多少言葉が少なげなところもありますので

            補足しておきたいと思います。

             

            基本的に内容に間違いはございません。

            まったくもってこの通りでございます。

             

            まずは「ドラマの脚本家を目指したことのある吉田さん」(笑)

            子供の頃に、漫画家や映画の脚本家などに憧れており

            高校を卒業したら映画の道に進もうと思っていたことは事実です。

            でも、家庭の事情などもあり進むことが出来ませんでした。

             

            船主協会にお世話になり、今の仕事をするのですが

            事務職ゆえ、文章を書く仕事がとても多かったのです。

            案内文、依頼文、報告書、計画書、、、など多岐にわたります。

            最初はこのような文書がとても苦手で、単純な案内文書だけで10回以上書き直しを命ぜられたことも多々あります。

            当時の責任者はとても文才のある方だったので、細かなところまで指摘され続けました。

            「これではこちらの趣旨が伝わらない」と

            半ばやけくそになり書き直したら、今度は思いもかけない言葉が。

            「前よりはとてもいいけれど、思いが強く伝わり過ぎて読んでて疲れる」

            「・・・・・・・・・・」

            結局はあっさりした感じに修正し文書が完成するのですが、文章に対する苦手意識が増してしまうわけです。

             

            でもこれは仕事なので、苦手だからと逃げることも出来ず

            良い方向に捉えてみることにしたのです。

            「自分には強い想いを文書に載せて伝えることが出来る能力があるのだ!」と。

             

            そこから文章を書く訓練を積むのですが

            楽しみながら訓練することができないものかと思い

            昔を思い出して、ドラマの脚本や映画の原案等を書いて、コンクールにも応募してみました。

            大賞や佳作などに入った事は一度もありませんが、アイディア賞は何度かいただきました。

            これも良い方向に捉えて「自分のアイディアの方向性に間違いない」と考えました。

            かなりポジティブでめでたい人だと自分でも思います(笑)

             

            短い文章で思い伝える練習として作詞のトレーニングもしたことがあります。

             

            そんなことがあり「ドラマの脚本家を目指したこともある」となっているのです。

            ブログというツールを使い、自分の弱点を武器にしてきたわけですね。

             

            「周囲に『10年で100人乗せる』と豪語したが

            正直、天文学的数字だと思っていた。一心不乱に走り続けた結果が出た」

             

            豪語と言われると、言い過ぎのような気もしますが

            意味を調べると「意気さかんに大きなことを言うこと」とあります。

            各マスコミに対し、意気盛んに目標値を「5年で50人、10年で100人」と答えていたので

            「豪語」なのかもしれません(笑)

             

            1時間近く話を聞き、時には厳しい意見を言って若者を泣かせることもあるという。

             

            「泣かせる」といっても虐めてはいませんからね(笑)

            語弊があるかもしれませんが、人を追い込んだ後の開き直りの瞬間が好きなのです。

            乗船希望者の考え方や、今までの人生を聞き

            未熟な点をギリギリまで追求し、追い込むのです。

            「お前のような未熟な人間の来る場所ではない」とさえ言います。

             

            ある若手の船主さんに私はこう話されたことがあります。

            「吉田さんと面接会を行うと

            我々船主が言いにくいことを乗船希望者にしっかり言ってくれるので助かりますが

            あまりにも言い過ぎではないかと、、、、」

            「乗船希望者に対し申し訳なくなってくる、、、、」

            確かに、横で聞いている人はそう思うかもしれません(笑)

             

            この記事で言う「泣かせる」とは

            的確に未熟な点をつかれ、返す言葉もなく、情けない思いからくる「涙」なのです。

            涙ながらに「未熟なところを克服し、一人前の海の男になる!」と、それこそ豪語したときに

            本当のやる気がみなぎり、聞き手である私の心を動かすことになるのです。

            私は、この本気と触れ合った瞬間がとても好きなのです。

             

            そこまで言う理由はもう一つあります。

            洋上でがんばる若手船員は、年齢的にも私の息子のようなもの。

            その大切な息子が大海原で命を燃やしているのです。

            自分の息子が必死で頑張っている職場に

            軽い気持ちの若者が「俺にもできそうだから船に乗ってみたい」と言ってきたらどうでしょうか。

            父親としてどう思いますか?

            「ふざけるな!俺の息子達をなめるんじゃない!」と思いませんか?

            そんな思いで強く語ってしまう部分もあります。

             

            落ち着いて振り返ってみれば

            こんな募集活動は今までにないことですし

            他の業界を見ても、こんな活動をしているところはないでしょう。

             

            ある新人船員は

            「たまたまブログを読んだら乗組員募集(未経験者可)があったので、面接に行ったらすごく怒られて驚いた」

            「募集してるんじゃないの??俺はその申込者なんだけど???って思った」

            と言っていました。

            このエピソードは思い出すたびに笑えてきますww

             

            今どきの若者は本当に凄いと思います。

            素晴らしい可能性を秘めています。

            まさに宝です。

             

            この宝をどのように磨いていくか

            今後は「育成」に力を注いでいく時かもしれません。

             

            「震災で傷ついた気仙沼の港を、もう一度若者であふれさせたい」と意欲を燃やす。

             

            私の道はまだまだ続きます。

             

             

            欠点や弱点も、裏返せば武器にできる。

            松井優征[まつい・ゆうせい]
            (漫画家、1979〜)

             

            -----------------------------------------------

             

            遠洋マグロ延縄漁船
            近海マグロ延縄漁船
            乗組員を大募集(未経験者可)しております!
            厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
            本気のあなたを全力でサポートいたします。
            本気になれる35歳未満の男性

            まずはご連絡ください

            ↓↓↓↓↓

             

            【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
            乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
            名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
            住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
            電 話:0226−22−0793(月〜金)
            メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
            担 当:吉田鶴男

             

             

             

             

            | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            海で働く素晴らしさ感じて
            0

              11月9日に行った唐桑中学校海洋教室のもようが

              11日付三陸新報に掲載されました!

               

              スキャン_20171113.jpg

               

              【海で働く素晴らしさ感じて】

              唐桑中生が海洋教室

               

              国土交通省東北運輸局による海洋教室が9日

              気仙沼市の内湾地区などで行われ、唐桑中学校の生徒達が旅客船に乗船し、海の仕事に関する講話を聴いた。

              海事産業を担う人材確保や、中学生の職業選択の参考に--と気仙沼市教委と連携し開催。

              全校生徒125人が、大島汽船の旅客船「海来(みらい)」に乗り、湾内をクルージングしながら卒業生ら3人の話に耳を傾けた。

               

              講話では、OBの大島汽船・千葉信弘さんが、外航船で正解を渡り歩いた経験を交え、「夢をもって目標に向かってほしい」と訴え

              同運輸局の岩淵孝幸船舶産業振興館も「船は工場内で造られる製品の中で、最大級」などとスケールの大きさを強調した。

               

              県北部船主協会の吉田鶴男事務局長は、全国から集まった若手漁船員実情を紹介した上で

              「四方を海に囲まれている日本では、船の仕事はなくてはならない。親孝行に励み、離れた家族を養う人もおり

              ぜひ、海で働く素晴らしさを感じてほしい」と語った。

              生徒達は旅客船で大島瀬戸を通り、完成に向けて作業が進む大島大橋を旅客船のデッキから見学。

              下船後には出船送りもし、この日ハワイに向けて出港した第83欣栄丸を見送った。

              3年生の●●●●君は「造船や内航船などの話を聞くことが出来た。海で働くことも将来の選択肢として考えていきたい」と話した。

               

              これが記事全文になります。

               

              やはり、少子化でどんどん子供の数が減っていくなかで

              船員という職業に子供を導いていくためには

              小学生や中学生のころから海と親しみ、漁船員という仕事をもっともっと身近に感じてもらえるような

              企画を継続的に行っていく必要があると強く感じました。

               

              そして、漁船員という仕事をもっと身近に、漁船員という仕事の地位をもっと高いものにしていく必要があると感じます。

               

              職業の地位というものは

              年収だろうか?それとも権力だろうか?

               

              仕事の地位というものは個々が決めるもの。

              漁船員って言う仕事を「スゴイ」と感じてくれるかどうかなんです。

              自分がスゴイと思えば、他人が何と言えども凄いんですよ。

               

              スゴイって何だろう

              社会貢献の度合いではないだろうか?

               

              「船に乗り、漁を行い、市場に水揚げする」

               

              これにより収入を得て、家族を養っていくという貢献も大切ですが

              社会的にどれだけの人を救えているのか、笑顔にできているのかを明確にPRする必要があると思うんです。

               

              どれだけ立派な船があっても、どれだけ大きな船があっても

              漁船員が居ないのでは、ただの鉄の塊に過ぎません。

              漁をする漁船員が居てこそ、魚市場が機能し、仲買人や水産加工業者が存在し

              スーパー等の小売店を通して、消費者はおいしいマグロ等を口にすることが出来るのです。

               

              水産業界の核であり、根幹であることは間違いありません。

               

              自ら長期航海に挑み

              過酷な海と向かい合っている漁船員の素晴らしさを

              誇張することなく素直な言葉で広めていきたいと思います。

               

              本当に1人でも、2人でもいいので

              私達の仲間となり、家族となってくれる人が生まれることを期待しています。

               

               

              そして

              今日は、近海マグロはえ縄漁船に乗る若手船員2人が船主協会にやってきました。

              若手船員に課している2年間の洋上日誌の提出ですが

              「2年間のお勤めが終わりましたww」と最後の日誌を提出してくれました。

               

              早いものですネ〜〜

              その彼が気仙沼に来てから2年経過ですか。

              日誌は追って、皆さんにも公開しますね。

              お勤めを終えたお祝い(?)としてお見送りに行ってきました。

               

              IMG_6402.JPG

               

              IMG_6404.JPG

               

              IMG_6405.JPG

               

              IMG_6406.JPG

               

              IMG_6407.jpg

               

              寒くなってきたから風邪ひくなよ〜〜〜

              怪我するなよ〜〜〜!!!

              がんばれよ〜〜!!!

               

               

              やり甲斐(がい)、働き甲斐は、やってみてはじめて出てくる。
              やりもしない、働きもしないで、どうしてそのような喜びが得られるだろうか。
              生き甲斐にしてもそうだ。
              精いっぱい生きる努力をして、はじめて生きる喜びを知るのだ。

              土光敏夫
              (石川島播磨重工業元社長、1896〜1988)

               

              ----------------------------------------

               

              遠洋マグロ延縄漁船
              近海マグロ延縄漁船
              乗組員を大募集(未経験者可)しております!
              厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
              本気のあなたを全力でサポートいたします。
              本気になれる35歳未満の男性

              まずはご連絡ください

              ↓↓↓↓↓

               

              【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
              乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
              名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
              住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
              電 話:0226−22−0793(月〜金)
              メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
              担 当:吉田鶴男



              | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              三陸新報に掲載されました!
              0

                先日の三陸新報(H29.08.25付)に我々の記事が掲載されました!

                見出しは

                “新卒者の乗船希望急増”

                “マグロはえ縄、カツオ一本釣り、気仙沼港所属漁船PR奏功し13人

                なかなか夢のある見出しです(笑)

                 

                なぜ、このような現象が突然現れたのか皆さんは不思議に思ってる方も多いのではないでしょうか。

                 

                記事にもありますが

                私の分析としては次のようなことが挙げられると思います。

                 

                ・テレビ「追跡!極上マグロ〜嵐の北大西洋38日間 完全密着」の放送

                ・テレビ「2017うたの春まつり〜11か月を海上で過ごすマグロ漁師の青年にAKB48がサプライズ成人式をプレゼント」の放送

                ・漁船乗組員確保養成プロジェクトの活動

                ・全日本海員組合による「東北地区船員教育機関、海運、水産会社等関係者との懇談会」の開催

                ・漁業就業支援フェア(福岡・仙台・東京・大阪)への参加

                 

                これらのことが短期間のうちに一気にできたことが挙げられるのではないでしょうか。

                 

                そして、我々の継続した地道な活動の表れでもあるのでしょう。

                 

                 

                といっても、喜ぶのはまだまだ早いのです。

                 

                高卒求人の場合は、求人活動のスケジュールがハローワーク等により厳格に決まっているため

                学校側も我々もそのルールに則って活動しなければなりません。

                 

                まずは、我々のような漁船漁業の場合は運輸局に求人票を提出し、内容を精査されます。

                これの開始が6月1日。

                内容に問題なければ、提出した求人票に確認印を貰います。

                この確認印はとても重要で、無いものは無効となり学校に提出できないのです。

                 

                我々の手元に帰ってっくるのが7月1日。

                今年はその日が土曜日だったので、7月3日に受け取りました。

                発送準備は整っていたので、即座に各学校に郵送しました。

                 

                求人票を受け取った学校は、生徒に公開します。

                 

                閲覧した高校生は、特に興味のある求人者に対し「会社訪問」を申し出ることができます。

                もしくは、興味ありと意思表示することができます。

                 

                現在はこの段階。

                 

                今年はこの意思表示(希望)してきた生徒が例年にない13人と多く

                スロースタートを切る例年に比べ、目まぐるしく忙しくなったのです。

                この数字は漁船漁業だけで、船主協会会員には漁業取締船という船種もありますので

                そちらを合わせると17人にもなります。

                 

                学校訪問する活動時期にはなっているのですが

                このような状況なので、スケジュールを前倒しして各校を訪問し

                進路担当の先生とお話したり、意思表示した生徒と面談したりしています。

                 

                今後のスケジュールとしては

                意思表示した生徒が、そのまま就職試験を受験したいと学校に申し出れば

                9月5日から一人一社制(単願)による応募受付が開始されることになります。

                 

                我々としては

                意思表示された生徒たちが

                ここでそのまま応募してくることを祈るしかなく

                今の段階で喜ぶのはまだ早いのです。

                 

                意志が固い生徒もいるなかで

                迷っている生徒もいるようです。

                 

                不安に思っている事を解消するように

                今後も積極的にPR活動をしていきたいと思います!!

                 

                でも、何はともあれ

                我々に興味を持って

                こんなに多く方が意思表示してくれたのは

                とても嬉しく、感謝しております!!!

                 

                今後もがんばって活動していきたいと思います!!!

                 

                 

                (若者には)デカイこと

                スケールの大きなことを考えてほしいのだ。
                若いときからちんまりとまとまってしまっているようでは

                その先はない。

                斎藤茂太[さいとう・しげた]
                (精神科医・著述家、歌人斎藤茂吉の長男、1916〜2006)

                 

                ---------------------------------------------

                 

                遠洋マグロ延縄漁船

                近海マグロ延縄漁船

                乗組員を大募集(未経験者可)しております!

                厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!

                本気のあなたを全力でサポートいたします。

                 

                本気になれる35歳未満の男性

                まずはご連絡ください

                ↓↓↓↓↓

                 

                【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                電 話:0226−22−0793(月〜金)
                メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                担 当:吉田鶴男



                | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                平成28年度版水産白書で紹介されました!
                0

                  水産庁企画課より1本のメールが入りました。

                   

                  宮城県北部船主協会 吉田様
                  お世話になっております。水産庁企画課の●●です。
                  以前、当庁の白書担当より貴会の取組を水産白書へ記載したいとご相談していたところですが

                  本日、無事水産白書が閣議決定されましたのでお知らせいたします。
                   

                   

                  そういえば、以前にこのようなご相談を賜ったのですが

                  失念しておりました。

                   

                  そうなんです。

                  我々の後継者育成事業が“平成28年度水産白書”で紹介されることが正式に決まったのです!!!

                   

                  ちなみに水産白書とは

                  水産基本法に基づき農林水産省が作成した国会への年次報告を白書として公表・刊行したもの。

                  法律に基づき作成される法定白書のひとつ。

                  年次報告には前年度の水産の動向に関する報告書と当該年度において講じようとする施策の報告書の2つがあり

                  両者を併せて「水産白書」と通称して公表している。

                  (wikipedia参照)

                   

                   

                  これはとても嬉しいです!

                   

                  冊子版はまだ製本されていないのですが

                  電子版がさっそく公開になりましたので、皆様にもご紹介したいと思います。

                   

                   

                  掲載されているのは

                  第一部 平成28年度水産の動向

                  第二章 平成27年度以降の我が国水産の動向

                  第二節 我が国の水産業をめぐる動き

                  の98ページ

                   

                  (海技免状保持者の育成)

                  漁船の運航と操業の安全性を確保するため、それぞれの漁船のトン数などに応じて

                  必要な海技資格や人数が定められています。

                  海技資格には、航海、機関、通信等の区分ごとに級があり、免許を受けるためには乗船履歴を取得した上で

                  国土交通大臣が行う海技士国家試験に合格する必要があります。

                  しかしながら、航海期間が長期に渡る遠洋漁業においては、乗組員が上級の海技資格を取得する時間的余裕を持ちづらく

                  また、漁期の限られる沖合漁業においては、必要とされる乗船履歴を取得するのに何年もかかるという実態があります。

                  このような背景から、海技免状保持者の高齢化と不足が深刻化しており

                  近年では、海技免状保持者を確保できないことから出港が危ぶまれるようなケースも生じています。

                  海技免状を保持する船員の確保と育成は我が国の遠洋漁業等の大きな課題の一つとなっており

                  関係団体等では、漁業就業相談会や水産海洋高等学校への働きかけを通じて、乗組員志願者を募るとともに

                  乗船時などにおける海技資格の取得を目指した計画的研修などを行っています。

                   

                  そこの≪事例≫

                  将来の漁業を支える漁船員の育成

                   

                   

                  1.コミュニケーションを大切にした漁船員の確保・育成

                  (宮城県気仙沼市 宮城県北部船主協会)

                  宮城県気仙沼市の宮城県北部船主協会では、就業希望者との面接を経て漁業経営体とのマッチングを行ったり

                  海技資格の取得をサポートしたりするなど、きめ細やかな支援により漁船員を確保・育成しています。

                  採用担当者は、就業希望者には漁業現場の厳しさをはっきりと伝え

                  新人漁船員として出漁した後も、仕事に慣れずつらい思いをしている漁船員がいればメールを通じて支えるなど

                  1対1のコミュニケーションを大切にしています。

                  また、公式ブロウでは漁船員の生活や収入などを包み隠さず発信するとともに、新人漁船員の洋上日誌も掲載し

                  遠洋漁業の過酷さと達成感など、現場の生の声を余すことなく伝えています。

                  こうした取り組みにより、東日本大震災以降、これまでに約90人の新人漁船員が誕生しました。

                  この中からは、24歳で遠洋まぐろはえ縄漁船の船長となった若者も生まれています。

                   

                   

                  しっかりと掲載されており

                  とても嬉しく思います!!

                  私はこの業務をおこなって27年。

                  1年間いくら努力しても、だれもマグロ漁船に乗っていただけない時期が5年も続くという経験をしています。

                  試行錯誤した末にやっとたどり着いた今の方法。

                   

                  パンフレットを作り、若い人が受け入れやすいキャッチコピーを考えたり

                  辛いところを隠して、華やかな部分だけをアピールしたり

                  様々な事を考え行動してきました。

                  でも効果が出ません。

                   

                  そして、悩みに悩んだ末の結論です

                   

                  このマグロ漁船を動かすためには皆の力だ必要だ!

                  どうか力を貸してくれ!!

                   

                  こんな思いで必死にアピールすると

                  1人また1人と気仙沼に集まりだしました。

                  そして、その1人1人と真剣に付き合っていく。

                  それが積み重なり、今ではさらに3人が加わった93人というところまで来ております。

                   

                  “若者であふれる港創り”

                  これが私の最終目標であり、何年かかるかなんてわかりません。

                  どんな困難が待っているかも分かりませんが

                  私は出来ると信じて生きています。

                   

                  これからも、応援よろしくお願いいたします。

                   

                   

                  平成28年水産白書の電子版はこちらからご覧ください↓

                  http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/H28/index.html

                   

                   

                   

                  何事に対しても“できる”という方向で考えないと、物事は進まないのである。
                  “できる”という方向から攻めると、思わぬアイデアが生まれるものだ。

                  谷川浩司
                  (将棋棋士、永世名人資格保持者、1962〜)

                   

                   

                   

                  -------------------------------------

                   

                  【漁師になりたい人募集】

                   

                  漁師にないたいと思うだけでは何もはじまりませんよ。

                  どうしていいかなんて悩んでも仕方がありませんよ。

                  分からなければ聞けばいいんです。

                  漁業就業支援フェア

                  全国の漁業者が、あなたの「?」に答える場なんです。

                  難しく考えたって仕方がありませんよ。

                  まずは行動。

                  動けば変わります。

                   

                   

                   

                  漁業就業支援フェア2017 漁師の仕事!

                  まるごとイベント


                   

                  福岡会場

                  日時:6月24日(土)12:30〜16:00頃(予定) ※開催時間は変更になる可能性がございます
                  会場:福岡ビル 9階大ホール(福岡県福岡市中央区天神1-11-17)
                  アクセス:
                  ○福岡市営地下鉄 「天神駅」東3b番出口より徒歩約1分
                  ○西鉄 「福岡(天神)駅」より徒歩約3分 他

                   

                  他の会場はこちらを参照してください。

                  http://www.ryoushi.jp/fair/

                   

                   

                   

                   

                  【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                  乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                  名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                  住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                  電 話:0226−22−0793(月〜金)
                  メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                  担 当:吉田鶴男



                  | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  平成28年度をふり返って
                  0

                    4月になり新年度を迎えました。

                    早いもので、その4月も中旬です。

                     

                    月日の経つのは本当に早いなぁと感じます。

                     

                    ここで、昨年度にどんな事柄がメディアに載って

                    多くの皆さんの目に触れたのか、ふり返ってみたいと思います。

                    今回はパソコンなどのできるだけ大きな画面で見ることをお勧めします。

                     

                    【平成28年4月14日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    好評シリーズ「海の男にあこがれて!」その25が掲載!

                    福岡県から気仙沼の遠洋マグロ漁船へとやってきた19歳のHくん

                    ムッキムキの筋肉をいかんなく発揮して、航海を全うしてくれました。

                    続く、3航海目も期待したいと思います!

                     

                     

                    【平成28年4月16日ー三陸新報(論説)】

                     

                     

                    三陸新報の論説に取り上げていただきました。

                    気仙沼市として、どれだけこの事業に期待がかかっているのかが分かります。

                    このような記事を読みますと、ホントに力が湧いてきます!

                     

                     

                    【平成28年4月29日ー三陸新報】

                     

                     

                    昨年の5月と7月に放送された「明日へつなげよう〜きたれ!マグロ漁師」の放送紹介。

                    初のドキュメンタリー番組!

                    50日間に渡る撮影を行ったんです。

                    大変でしたけど、たくさんの思い出ができましたね(笑)

                     

                     

                    【平成28年5月15日ーNHK総合】

                     

                     

                    全国ネットで2回も放送されました!

                    自分で言うのも何ですが、素晴らしい番組でしたね(笑)

                     

                     

                    【平成28年6月7日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    第26回が掲載!

                    この彼も福岡県からやってきました。

                    こんな面白いヤツに初めて会いました(笑)

                    とても陽気で、すごく情熱的な青年です!

                     

                     

                    【平成28年6月18日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    第27回が掲載!

                    この彼は兵庫県からやってきました。

                    先日まで4回連載した”Rookie Fisherman Diary(From Hyogo)"は彼の日誌です♪

                     

                     

                    【平成28年6月??日ーOPRTニュースレター】

                     

                     

                    マグロ漁業界の方しか分かりませんが、このような紙面でも大きく紹介されてます。

                     

                     

                    【平成28年7月7日ー三陸新報】

                     

                     

                    東日本大震災以降の新人受入数が80人と突破したという記事です。

                     

                     

                    【平成28年7月12日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    第28回の掲載!

                    もう2年以上続いてます。

                    続けるって結構大変!!!

                    この彼、今では「AKBのお兄さん」で通ってます(笑)

                    ”2017FNSうたの春まつり”で放送されたサプライズ企画の主人公!

                     

                     

                    【平成28年8月7日ー河北新報(ワイド東北)】

                     

                     

                    高橋記者にもお世話になりました!

                    素敵な記事をありがとうございま!!

                     

                     

                    【平成28年8月23日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    「こんなに刺激的な仕事はどこを探してもない」

                    彼のこんな言葉を思い出しますね!

                     

                     

                    【平成29年9月22日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    記念すべき第30回!

                    彼も面白いヤツ!

                    洋上から何回も電話をくれます!

                    彼の年齢23歳、私との年齢差23歳。

                    彼もホントに頑張ってます!!

                     

                     

                    【平成28年10月1日ー三陸新報】

                     

                     

                    震災以降初の船長が誕生!

                    弱冠24歳!

                    そんな彼も、もうすぐ帰ってきますね〜

                    船長の苦労話を聞いてあげましょう

                     

                     

                    【平成28年10月4日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    近海マグロ漁船で頑張ってくれてる彼。

                    妻や子供のため、自分の為にと本気で頑張ってくれています!

                     

                     

                    【平成28年10月8日ー三陸新報(論説)】

                     

                     

                    再び”論説”での登場。

                    震災以降初の船長誕生にふれ、ますます大きな期待を感じます!!!

                     

                     

                    【平成28年10月30日ー三陸新報】

                     

                     

                    沖縄県から、那覇地区漁協や沖縄県近海鮪漁協などで構成する那覇水産業再生委員会の7名が視察にいらっしゃいました。

                    全国から注目を受けてるのだと実感した日でしたね。

                     

                     

                    【平成28年11月??日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    掲載日を控えてなくて”??”になってます(スミマセン)

                    第32回目の掲載。

                     

                     

                    【平成28年12月6日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    山形県出身で水産高校を卒業後すぐに気仙沼にやってきた彼。

                    腕が筋肉でガッチガチになるまで頑張ってます!!

                     

                     

                    【平成29年1月5日ー水産経済新聞】

                     

                     

                    新春特集で大きく取り上げていただきました!

                    ありがとうございます!!

                     

                     

                    【平成29年1月14日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    先日、航海を終えて帰ってきた仙台市出身の青年!

                    本当に頑張ってきました!

                    今後にますます期待ですね!!!

                     

                     

                    【平成29年2月23日ー三陸新報(海の男にあこがれて)】

                     

                     

                    30歳を過ぎて、我々の業界に飛び込んできました。

                    彼も本当に頑張ってます!

                     

                     

                    【平成29年2月28日ー三陸新報(論説)】

                     

                     

                    今年度3回目。

                    我々の事業を人を増やすだけの事ではありません。

                    産業を支える、街を支える柱を作るのと同じこと。

                    がんばりますよ!!

                     

                     

                    【平成29年2月号ー水産界】

                     

                     

                    この紙面でも、我々の事業が紹介されました!

                     

                     

                    【平成29年3月7日ー三陸新報】

                     

                     

                    とうとう来ました90人目!

                    地元気仙沼市の若者で飾ります!

                    1人1人の積み重ねで、100人になっていくのでしょう。

                     

                     

                    【平成29年3月19日ー三陸新報】

                     

                     

                    ”2017FNSうたの春まつり”の番組告知!

                    終わってみると、凄いことをしたんだな〜と思いますね。

                     

                     

                     

                    我ながらいい仕事しました(笑)

                     

                    その他にも、文化放送のラジオ番組「くにまるジャパン〜月例復興報告」で取り上げていただきました。

                     

                    並べてみると、こんなにも報じられてるんだと

                    自分でも驚くばかり!

                    特殊だとか過酷だとか言われるマグロ漁船を距離感を少しでも縮めようと努力しています。

                    気仙沼に多くの若者がもっともっと集まることを期待します!!

                     

                     

                    自分にできないと考えている間は、本当はそれをやりたくないと心に決めているのだ。
                    だからそれは実行されはしない。

                    スピノザ
                    [バールーフ・デ・スピノザ、ベネディクトゥス・スピノザ]
                    (17世紀オランダの哲学者・神学者、1632〜1677)

                     

                     

                    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                    電 話:0226−22−0793(月〜金)
                    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                    担 当:吉田鶴男



                    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    漁師の青年にAKB48がサプライズ成人式!
                    0

                      フジテレビ系例にて3月22日に放送された「2017FNSうたの春まつり」をご覧いただきましたでしょうか?

                      その番組の見どころとなっている「サプライズ企画豪華5本立て!」

                      そしてその第4弾として放送された「漁師の青年にAKB48がサプライズ成人式!」
                      すべてを知っている私でも、裏事情も知ってる私でも感動してしまいました。

                      とても良かったと思います!

                      弱冠二十歳でありながら、これだけのドラマを持ってるのは凄い財産だなとも思いました。

                       

                      これは

                      神奈川県から気仙沼にやってきた瀬戸山郁人くんの成人式を祝うためだけの

                      スペシャル企画なのです!!

                       

                      この企画、実は今年の1月にこのブログ「漁船員になろう!」を読んだというフジテレビ側から

                      「掲載されているマグロ漁船の写真は迫力がある。こんな船に乗る漁師を音楽で応援したい」と打診を受けたのが始まりでした。

                      直感的に面白い企画!と思ったので、番組趣旨を確認したうえで、私らもこの企画に協力することにしました。

                       

                      ターゲットは誰にするのか、アーティストは誰にお願いするのか、どのようなサプライズを行うのか。

                      決まっているのは「漁師を音楽で応援したい」という事だけで、すべてが空白。

                      さまざまなアイディアが出される中で、たまたま第8明神丸の石田機関長が新人船員の育成レポートを私宛に書いてくれたのです。

                      その中に書いてあった「郁人(新人船員)に成人式をサプライズしたい」の文字。

                      私はこれだ!!と思い、フジテレビに提案。

                      石田機関長にサプライズ成人式の相談をすると「是非、お願いしたい!!」と快諾♪

                       

                      アーティストは悩みに悩んだのですが、石田機関長の熱い思いに押される形で「AKB48」に決定(笑)

                      サプライズするタイミングは、静岡県で新しく造船した遠洋マグロ漁船が気仙沼港に入港してくるその瞬間に行うことで決まりました。

                       

                      それ以降は、フジテレビ側で練られたサプライズのアイディアを撮影可能な状態に環境を整えていくのが私の仕事となっていくのです。

                       

                       

                      このサプライズの主人公となった彼が私のところに飛び込んできたのは2015年の夏。その時彼は19歳。

                      「細いヤツが来たなぁ〜」というのが正直な印象です。

                       

                       

                      当時の写真。細いでしょ(笑)

                      しかし、とても情熱的。「気仙沼しかない!船のるしかない!」みたいな熱意を感じた。

                      ヤル気を越えて本気なんだなと思いました。

                       

                      多少、不安要素がありましたが、彼の受け入れ船主に目星をつけて

                      乗船前実技研修を行いました。

                      それが2015年8月。

                       

                       

                      不安は的中です。なかなか作業が覚えられず

                      毎日毎日講師に怒鳴られまくりの日々。

                      「この青年はダメかもしれないな」

                      「乗船しても本人のためではないかもしれないから、神奈川へ帰そうか」

                      本当にそう思いました。

                      それでも、いつも元気で「大丈夫です!がんばります!船に乗りたいです」を繰り返していました。

                       

                      見守ってはいたのですが、大丈夫いじゃない日が続くんです。

                       

                      受入れ船主に「作業の習得度が極端に低い、研修を中止して神奈川へ帰そうと思う」と話そうと

                      何度も電話を手に取りましたが、彼の情熱に触れるうち考え方が変わってきました。

                       

                      「彼を信じる事にしよう」

                       

                      彼の良いところは、若いのに恥ずかしげもなく感謝の言葉を堂々と口にできること

                      「ありがとう」

                      「感謝してます」

                      「あなたのお蔭で」

                      自分が二十歳の頃は、感謝の言葉など言うのも恥ずかしかった記憶があります。

                      でも彼はしっかりと伝える事ができるんです。

                      言い方を変えれば、覚えは悪くとも

                      情熱的に仕事を行い、いつも明るく、感謝の気持ちを伝えられれば

                      船内でも彼を応援してくれる人はいるんじゃないかと思ったのです。

                       

                      そして、彼を送り出す事にしました。

                       

                      彼の上司である石田機関長(陸上企業で言えば部長クラス)から優しくも厳しい指導を受け

                      彼はどんどん成長していきました。

                      基本的な工具の整理整頓ができない彼を指導するため、3か月間いわゆる平社員の彼の衣類を洗濯してあげたそうです。

                      洗濯をし、乾燥させ、畳んで本人に渡す。

                      「このまま収納しなさい」と。

                       

                      整理整頓の必要性を伝えるため、言葉で指導するのではなく

                      自らが行動し、整理整頓の気持ち良さから伝え始めたのです。

                       

                      そして、毎日の対話を欠かさず行いました。

                      彼と機関長は歳の差43歳。

                      仕事のことから、趣味のことから、AKBのことから(笑)

                      とにかく対話を行いました。

                      薄っぺらい会話ではありません。対話です。

                      向き合って心から話し合ったのです。

                      お互いの情熱を感じ取り、何でも話し合うようになり

                      距離感はみるみる縮み、2人は本当の親子のようになったのでしょう。

                       

                      彼の情熱は1年半が経過した今でも衰える事を知りません。

                       

                      そして、このサプライズ企画。

                       

                      サプライズイベント開始が11時だったのですが、私はいてもたってもいられず

                      9時には会場となるコの字岸壁に到着(笑)

                       

                      50〜60人はいるであろうスタッフさんが朝の7時から会場設営に大忙し!

                       

                       

                       

                       

                      ずいぶん大がかりだな〜

                      スタッフさんと話したら「吉田さん、何か凄いことになってますよ(笑)」

                      「カメラが10台位入りますよ!」

                      ドローンもあるし、クレーンカメラもある!

                       

                      我々の思い、石田機関長の思い、そして彼の思いが連鎖して

                      技術スタッフさんも、いかにしてマグロ漁船をカッコよく撮影するか

                      この素敵なサプライズを多くの皆さんに伝えるのか本気で考えてくれたようです。

                       

                      そして入港の時。

                       

                       

                      港に近づいてきます。

                       

                       

                      AKB48のメンバーも舞台トラックに入ります。

                      このトラックもAKB専用の舞台トラックだそうです。

                       

                       

                      メンバーの緊張感が伝わります。

                       

                       

                      多くの人が船を迎えます!!

                       

                       

                       

                      船が入港してきた、その瞬間に彼を舞台トラックの前に連れて行き

                      サプライズスタート!!

                       

                       

                      参加いただいたメンバーは次の次の通り

                      渡辺麻友、柏木由紀、指原莉乃、峰岸みなみ、大家志津香、入山杏奈、島田晴香、松井珠理奈の合計8名

                      そうそうたるメンバーです!!!

                       

                      この日は全国握手会の日。

                      番組が大型特番ということもありますが、なのに素晴らしいメンバーに集まっていただき感謝しきりです!

                      番組ではこのサプライズ風景で終わっていますが

                       

                      ここからはその後をお伝えいたします!

                       

                      本人が着たがっていた羽織袴を家族からプレゼント!

                      とても中途半端(笑)な状態でインタビュー♪

                       

                       

                      彼が手に持っているAKB48の袋。

                      中身はなんと、サイン入りCDやライブDVD!

                       

                       

                      せっかくなので、羽織袴をきちんと着つけます。

                       

                       

                      着付けているのは、気仙沼市にあるフジノ美容室の先生とスタッフさん!

                      イベント進行の関係もあり、10分で着付けてもらいました!

                      みるみる間に仕上がっていきます♪

                       

                      この先生も、私たちの意向を十分に理解していただき

                      10分で着付けるために、スタッフさんらと何度も何度も練習したそうです。

                      しかもこの先生

                      NHKドキュメンタリー「きたれ!マグロ漁師」を見て頂いて以来

                      私達の活動にはとても注目していたとのこと。

                      「あの番組以来、私は吉田さんのファンなんです!」

                      「石田機関長の依頼という事もありますが、吉田さんのためにも頑張ります!」って恥ずかしいことを言ってくれたんです(笑)

                       

                      その間に、第8明神丸が大漁旗をなびかせたお化粧も終わり

                       

                       

                      新船お披露目式の大イベント、祝いの餅まきがはじまります!!

                      彼は一番高いところに立ち、スタート!!

                       

                       

                      大勢の方々に向けて、パーッと巻きます!!

                      それ〜〜!

                       

                       

                       

                      この餅をどれだけ多く拾うか

                      俺は何個拾った!!

                      私は何個拾った!!

                      って競い合うのです(笑)

                       

                       

                      ご家族の方も嬉しそ〜〜♪

                       

                       

                      姉妹みたいな感じですね(^^)

                       

                      息子の成長した姿に心打たれたでしょう。

                       

                       

                      瀬戸山郁人くん。

                      1年遅れの成人式でしたが、本当におめでとう。

                       

                       

                      そして、AKB48の方々。

                      気仙沼に来てくれてありがとう。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      エンドロールに名前だけ入れてもらいました。

                      番組スタッフのお心遣い、ありがとうございます♪

                       

                       

                       

                      このロケにご協力いただいた、多くの漁業者、関係者の皆様。

                      本当にありがとうございました。

                      心から感謝しております。

                       

                       

                      本当の自分を活かして、一生情熱を持ってやれることを見つけられたなら

                      それは人生の成功と言えるのではないか。

                      リチャード・H・モリタ
                      (カウンセラー、オリソン・マーデン財団日本支部理事長、1963〜)

                       

                       

                      【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                      乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                      名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                      住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                      電 話:0226−22−0793(月〜金)
                      メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                      担 当:吉田鶴男



                      | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | メディア掲載 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + ランキング参加中♪
                      クリックお願いします
                      + プレビューランキング
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE