漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
連載企画 第41回「海の男にあこがれて」
0

    今日も三陸新報に月刊連載している宮城県北部船主協会の企画

    「海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記41」をお送りします。

     

    もう41回にもなるんですね。

     

    水産業に興味のない方でも連載の存在を知っているような

    そんな定番企画に成長していけばいいなぁ〜と期待してます♪

     

    本日紹介しますのは

    兵庫県西宮市出身のYくん(20歳)!

     

    海の男にあこがれて(小野恭裕).jpg

     

    この青年の実家は西宮市の住宅街にあるパン屋さんです。

    漁師とは全く関係のないところで育った彼の想いをご紹介したいと思います。

     

     

    僕は今、すごく充実した日々を過ごしております。
    毎日、揚げ縄に13時間プラスアルファ。
    3日に1回の投縄が5時間半。
    テレビを見たり音楽を聞いたりする自由時間は1時間もありません。
    休みは不定期。
    1か月休み無しもあたり前です。
    休みだからと言って遊ぶことも、買い物に行くことも、彼女とゆっくり話すこともできません。
    恐らく陸の生活とは別次元です僕が今までした仕事の中でダントツにしんどく厳しい世界です。
    そんな世界を僕は今すごく楽しんでいます。
    1日のスタートはマグロのお刺し身を食べ、おもて(甲板)に行って日本人メンバーとおしゃべり。
    野球情報や政治情報、地元自慢まで様々です。
    ほどなくして揚げ縄が始まると、スナップ外しや魚の解剖、魚の引きを楽しみます。
    バチやメカ、マグロを挙げたときは体のどこからか喜びと達成感がわき出てきます。
    揚げ縄が終わるとバチの尻尾や心臓、胃袋を頬張ります。
    めちゃくちゃ美味しいです。
    最初は船酔いからはじまり、毎日の生活スタイルに慣れるのは大変でした。
    今思い返しても嫌な事ばかり。
    なのに、いつも間にか漁船のとりこになっている。
    これは言葉に言い表せない、実際に乗った人にしかわからないです。
    これから船に乗る事を考えている人。
    インドネシアメンバーとぶつかることは絶対にあります。
    そんな時は世の中にはこんな人もいるんだなぁーと思い、大きな心で対応すればいいと思います。

    日本人メンバーもきっと優しく相談に乗ってくれるはずです。
    僕もボースンや船長、局長には凄く助けられました。
    機関長にもいっぱい愚痴りました。
    皆さんの温かい気持ちはずっと忘れることは出来ません。
    僕は西宮で育ちました。
    北には山、南には海。豊かな自然に囲まれ、電車で西に30分行けば神戸反対に東に30分行けば大阪があります。
    家はパン屋さんを経営しており、いつでも美味しいパンを食べる事が出来ました。そんな街で僕は現場の仕事をしていました。
    仕事は楽しくお金にも困らなかったです。
    毎日の生活に不満はなく、本当に楽しくイキイキとしていました。
    なのに、なぜその生活を捨ててこの業界に飛び込んできたかというと

    彼女が海外にパティシエ留学に行くこととなり、

    彼女は必死で夢を追いかけているのに自分は何の目標もなくのうのうと生きているのが情けなくなりました。
    勉強が苦手な僕は学校の先生や友達からずっと

    勉強しなくても高校に行かなくても、大学に行かなくても自分の家を継げばいいと言われてきたことを思い出しました。
    自分を変えたい!自分を強くしたい!と思い、前々から気になっていたマグロ船に乗ろうと決意しました。
    僕の親はパン屋。

    でも僕が選んだのは全くの無関係の仕事。

    それでも自分のしたい仕事、したい事をすればいいと背中を押してくれた両親。
    何も知らない僕に一から優しく仕事を教えてくれた船員のみなさん。
    そして全くの初心者を、気持ちよく受け入れてくれた船頭にはすごく感謝しています。
    自分の力で道を切り開く。

    僕でもちゃんとお金を稼ぐ。

    できる男になる。

    そして変わった、成長した自分をあの時バカにした、学校の先生や友達に見せつけてやる!

    これが僕の目標です。

     

    以上となります。

     

    自分の恵まれた環境に甘えず

    厳しい環境に身を投じ、自分を成長させていこうとする姿に好感を持てます。

     

    私は彼を知ってますし、そのうえでこの文書を読むと

    幸せ探しが天才的に上手いんだろうなと思います。

    どんな逆境であれ、自分の置かれている環境の良いところを一生懸命に見つけ、そこで出会った人々への感謝を忘れない

    ゆえに自分は幸福であると感じる能力。それが「幸せ探し」

     

    周りの人間はこの能力に引き込まれ、自らの環境がどんどん好転していくんですよ。

     

    幸せな環境を自分で創りだせるんですね。

    素晴らしい力を彼は持っています。

    それは、この文章の冒頭に全てが表現されていますよ。

     

    そして、何より明るい!底抜けに明るい!

    彼の笑顔を見るだけで、こっちも楽しくなる。

     

    私は彼の笑顔をもっと輝かせるために

    マグロ漁船の環境をより良いものにする必要があります!

     

    彼の笑顔をもっと輝かせるために

    応援し続ける覚悟であります。

     

    私も彼を見習って、そこらじゅうに転がっている幸せを感じる訓練をしたいと思います(笑)

     

     

    小さな幸せを意識するからこそ、努力も継続できる
    長友佑都
    (1986年 -プロサッカー選手)

     

    --------------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:〒988-0021 宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    連載企画 第40回「海の男にあこがれて」
    0

      地元の三陸新報に毎月連載されているこの企画

      「海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記」

       

      このブログで第一回目を紹介したのが2014年8月。

      もう5年目突入してるんですね(笑)〜早いなぁ

      回を重ねて40回となりました!

       

      今回紹介しますのは平成29年3月から遠洋マグロ延縄漁船に乗船している

      福岡県出身のHくん(19歳)

       

      画像には18歳と書いてますが掲載時年齢となっております。

       

      海の男にあこがれて原紙(日?駿斗)_0003.jpg

       

      現在も同じ遠洋マグロ延縄漁船で2航海目にチャレンジ!

       

      はるばる福岡県からやってきました。

      彼の出身校は福岡県立水産高等学校。

      航海及び機関の4級海技士の筆記試験が免除(4級海技士養成施設)であり

      専攻科を卒業すると3級海技士の筆記試験が免除(3級海技士養成施設)となる貴重な学校なのです。

      このような水産高校は本校を含め3校くらいではないでしょうか。

       

      そんな彼の乗船記を読んでみましょう〜

       

      私は第(船名)丸の乗組員としてインド洋の波に揺られながら、マグロ漁業に日々取り組んでおります。

      今、思うと本当にマグロ漁船を選択して良かったと思います。

      商船にはない多くの機械があり、とても勉強になります。

      高校を卒業してすぐに社会に出た私はとにかく不安でした。

      しかし、一般的な陸上の社会とは違った船の上での生活にワクワクしていた自分もいました。

      こんな私が漁船に興味を持ったのは高校生の頃でした。

      私は福岡県田川市の三井伊田という小さな町でずっと育ってきました。

      学校のクラスも少ない幼いころからずっと一緒の友達でした。

      だけど中学校に入学し、少し環境が変わり、人見知りをするようになりました。

      人とのコミュニケーションが苦手な私はすぐに問題をおこし、親に多くの迷惑や苦労を掛けてしましました。

      幼いころから母子家庭で育ってきた私は、母の苦労も知らずに自由気ままな生活を送っていました。

      高校は先輩の影響で地元を離れて、福津市の福岡県立水産高校に通う事にしました。

      家からだと遠いので学校の寮に入りました。

      寮の規則はすごく厳しく、先輩方に指導され少し大人になったつもりでしたが

      たびたび問題をおこしてしまい、また親に苦労をかけてしまいました。

      2年生の時には、エンジンに興味を持ち機関コースに入りました。

      そこで勉強していくうちにエンジニアに憧れを持つようになりました。

      実習船ではハワイ沖でマグロ漁業をやりました。

      その時の船員さんの姿に憧れ、少し漁船に興味が湧きました。

      その後、エンジンの勉強をしながら昔漁船に乗っていた担任の先生の話を聞いているうちに

      エンジニアとして漁船に乗りたいと思うようになりました。

      漁船に乗りたいと思った最終的な決め手は、他の生徒とは違ったことがやりたかったから。

      それと、今まで苦労ばかり掛けてきた母に少しでも早く親孝行をしてあげたかったからです。

      ここまで育ててくれた恩を返すに、自分の残りの人生すべてを使ったとしても返し切れないと思います。

      だから、少しでも早く親孝行ができると思ったマグロ漁船を選びました。

      だけど、今思うと少し違ったのかなと思う時があります。

      正直親孝行が何なのかは分からないけど、全く知らない環境で親元を離れ仕事をしているのは不安で仕方がないと思います。

      ましてや連絡をとる事がなかなかできないので、かなり心配しているだろうと思います。

      でも、母は私の仕事に誇りを持ってくれているので、早く一人前の立派な大人

      エンジニアになって親を安心させられるようになりたいです。

      今は未熟だけど、これから少しずつ与えられる人から与える人になりたいです。

      そして、自分なりの親孝行ができるよう日々努力してい行きたいです。

      また、より多くの人が漁船に興味を持ってくれて、日本の水産業をもっと盛り上げていきたいと思っています。

      私は今の仕事に凄くやりがいを感じています。

      最初は苦労することも多く大変だけど今は楽しんで仕事や作業に取り組むことが出来ます。

      苦手だったコミュニケーションも少しずつ克服し、船員さんとも仲良くさせてもらっています。

      これからまだまだ覚える仕事は沢山あるけど、一日でも早く上司のみなさんに追いつけるように頑張って行きたいです。

      そして、いつまでも立派な海の男でいたいと思います。

       

      以上となります。

       

      成長して、親孝行ができたいら喜ぶだろうね〜〜

      この彼も来春までには気仙沼港に帰ってきます。

       

      今航海は、同じ高校の後輩も乗船しているので

      先輩としてカッコいい姿をみせてるのかなぁ〜と想像しています。

       

      親の喜びは子供の成長につきます。

      そばに居なくても、成長した事は一目でわかりますよ。

      それが親です。

       

      操業も後半戦に入ってますので

      怪我のないよう頑張って欲しいと思います。

       

       

      少年は親たちが思っているより三年早く大人になっている。
      しかし、自らが考えているよりは二年ほど遅い。

      ルイス・ハーシー
      (米国陸軍の将軍、1893〜1977)

       

      深いなぁ〜この言葉。

       

      社会にもまれ、成長した自分を見てもらおうと親に会ってみる。

      親は成長した姿を涙ながらに喜んでくれるだろう。

      しかし、親の深い愛情を知り自分の至らなさを知ることになるものです。

       

      いつになってもこの繰り返し

      親を越える日は来るのだろうか。

       

      いい年になっても、こんなことを考えてます。

       

      ---------------------------------------------------

       

      遠洋マグロ延縄漁船
      近海マグロ延縄漁船
      乗組員を大募集(未経験者可)しております!
      厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
      本気のあなたを全力でサポートいたします。
      本気になれる35歳未満の男性

      まずはご連絡ください

      ↓↓↓↓↓

      【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
      乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
      名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
      住 所:〒988-0021 宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
      電 話:0226−22−0793(月〜金)
      メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
      担 当:吉田鶴男

      | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      連載企画 第39回「海の男にあこがれて」
      0

        すっかり紹介が遅れておりました人気シリーズ!?

        三陸新報で連載されている『海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記39』

         

        本日ご紹介しますのは大阪府出身の22歳の青年!

         

        さっそくご覧ください!

         

         

        僕は京都の舞鶴で生まれて、6歳から大阪府で育ちました。

        現在、住んでいるのは柏原市というブドウ栽培が盛んな田舎町です。

        幼少期は母子家庭ということもあり、食に困るほどの貧乏暮しでした。

         

        それでも僕が母に反抗することは少なかったように思います。

        母の苦労を分かっていたし、貧乏でも産んでくれたことに感謝していたからです。

        その気持ちは今も変わりません。

        遠洋マグロ漁船に乗る前は、手すりやフェンスの取り付けをする金物屋の仕事や

        橋を架ける橋梁鳶(きょうりょうとび)という仕事をしていました。

        現場仕事を始めたのは兄の影響が大きいです。

        仕事が終わると、同じく現場仕事をしている友達と河川敷でしゃべったり

        あてもなくブラブラする毎日でした。

        そんな平凡な日々に物足りなさを感じていた時、前にテレビで見て興味を覚えた

        マグロ漁船について、インターネットで検索してみました。

        すると、(乗船した船の船主)の専務さんが管理しているブログを見つけたのです。

        そこには遠洋マグロ漁船に乗った場合のメリット、ディメリットが詳細に書かれてあり

        前向きに考える事が出来ました。

        すごく悩みましやが、今の生活を変えたかった僕は

        遠洋マグロ漁船に乗ることを決めました。

        遠洋マグロ漁船に乗ったことを後悔していません。

        勤務時間の長さと、プライベートがないことで肉体的にも精神的にもキツイですが

        皆で協力して大きなマグロを引き上げた時の喜びは最高です!

        早く先輩たちに認めてもらいたいので、昨日の自分より一歩前に行く気持ちを忘れず

        日々努力をしています。

        これから遠洋マグロ漁船に乗ろうと考えている方へ

        特殊な環境なので覚悟を持って乗ってください。

        人生の中で大きな経験になり、きっと成長できるはずです。

        陸にはない海の優しさと厳しさを感じてみてください。

        まだまだ頼りない僕ですが、陸から応援して下さっている方々の期待に応えるためにも

        一人前の海の男を目指して頑張ります!

         

        以上です。

         

         

        どうでしょうか。

        遠洋マグロ漁船は出港したら10〜11ヶ月は日本に戻ってきません。

        彼の言う、陸上のような自由なプライベートがないので

        精神的にキツイものがあります。

        それだけじゃないキツさを積み重ねると8割くらいになるでしょう。

        じゃ、良いことは2割しかないのか?

        正直、そうなります。

         

        しかし、その2割が格別で

        その2割だけのために、次の長期航海に挑もうと思えるほど素晴らしいものなのです。

         

        マグロと真正面から向き合うことで

        「生きる」を実感できると言います。

         

        満たされた陸上生活を捨て、海しかない世界に飛び込む人が

        大勢、気仙沼港にやってきます。

        生きるを感じながら生きるために。

         

        今後も募集を継続します。

        あなたも生きるを感じてみませんか?

         

         

         

        生きるということは刺激的なことであり、それは楽しみである。

        アルベルト・アインシュタイン

        (20世紀の理論物理学者、ノーベル物理学賞受賞、1879〜1955)

         

         

        ---------------------------------------------------

         

        遠洋マグロ延縄漁船
        近海マグロ延縄漁船
        乗組員を大募集(未経験者可)しております!
        厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
        本気のあなたを全力でサポートいたします。
        本気になれる35歳未満の男性

        まずはご連絡ください

        ↓↓↓↓↓

         

        【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
        乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
        名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
        住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
        電 話:0226−22−0793(月〜金)
        メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
        担 当:吉田鶴男

        | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        連載企画 第38回「海の男にあこがれて」
        0

          第38回を迎えた連載企画「海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記」

          続きますね〜

          もう3年ですよ、3年!

          元来、怠け者の私がこんなに続けられるなんて(笑)

          洋上でがんばる若手船員の皆には頭が下がりますよ。

           

          今日ご紹介するのは、石川県出身、18歳のTくん。

           

          このブログを見て、マグロ漁船に強く興味を持ち

          通っている高校を辞めてでも乗りたい!!と訴えてきたんです。

          でも、私は高校は卒業した方がいいと諭し、受け入れることを拒否し続けていました。

           

          それでも、私が参加する漁業就業支援フェアに追いかけてきて

          マグロ漁船に乗りたいと訴えていたんです。

          高速バスを乗り継いで福岡県まで来たときには

          さすがに根負けし、彼に乗船させる約束をしたのです(笑)

           

          そんな彼の洋上をご紹介したいと思います。

           

           

          私は石川県出身の18歳です。

          地元の内灘町にも気仙沼よりは小さいですが、漁港があり多くの漁船があります。

          しかし、イカ漁の船や定置網、底引き網の船がほとんどです。

          港にある漁船や漁師の事を特集したテレビ番組などを見て、漁師の仕事をしたいという思いがあったのですが

          自分は外国の海で漁をするような大きな船に乗りたいと思っていたので、地元に乗りたい船がありませんでした。

           

          そんな時に見つけたのが、宮城県北部船主協会の吉田さんのブログ「漁船員になろう!」でした。

           

          少し読んだだけで、すぐに電話しました。

          それからは漁業就業支援フェアに行き、吉田さんと話をして、気仙沼で船を見学

          面接、研修が行われ、「第一明神丸」に乗船が決まりました。

           

          研修は自分と同じ17歳の研修生と2人で行われました。

          乗る船は違いますが、同世代の方が同じ時期に新人として船に乗るということで、自分も頑張らなければというやる気が出ました。そして、研修から数週間後に出港し、実際に働き始めたのですが、船の仕事は分からないことだらけで

          初めの数カ月は分からない事がある度に甲板長やインドネシア船員に聞いていました。

          その度に指導していただき、少しずつですが仕事に慣れてきました。

           

          出港後、作業をしている時に通信長から
          「知識は財産だから何でも覚えろ」
          と言われたのがとても印象に残っています。

           

          甲板長からは
          「何でもやってみなければ分からないんだ」
          という言葉をよく聞きます。

           

          操業中にただ周りを見ているだけでは仕事はうまくなりません。

          積極的に自分から何でもやってみることが早く仕事を覚える一番の方法だと思います。
          また、船では道徳や礼儀、日常生活のいろいろなところで勉強になることがあります。

          道徳や礼儀も大切な知識だと思います。

          これらの船上生活の中で身に付けた知識が自分の財産となっていく。船はそういう仕事だと思います。

          今、私は乗船してから数カ月でまだまだ分からない事もありますが

          将来は操業や機関場のことなど、さまざまな知識を身に付け、船の事なら何でも分かる船員になることが目標です。

           

           

          以上となります。

          いかがでしょうか。

           

          遠洋マグロ漁船は長期間に渡り同じ船の中で生活し、仕事をするのですが

          閉鎖的な空間とはいえ、彼のように学ぶことは沢山あるのです。

          陸で目まぐるしく変わる「流行」を求めることはできませんが、「学ぶ」ことは十分にできるのです。

           

          自分の17歳の頃を考えると、とても情けなく感じます。

          上手くいかない事があると人のせいにしたり、環境のせいにしたり

          「努力」はしたと言うものの、今となれば本当に努力と言えるものだったのかは自信がありません。

           

          本当に嫌になってしまいます。

           

          私は今年で48歳になりますが、こんな十代から多くの事を学ばせていただいております。

           

          彼の凄いところはもう一つあるんです。

          おそらく「勉強」も「努力」もしていないんです。

          学びたいという意欲があるからこそ、周りの人たちが経験から得た「知恵」や「知識」を教えてくれる。

          それを“学ばせてもらっている”と思っているのだろう。

          嫌々やってる勉強とは全くの別物。

           

          乗りたくて、乗りたくて乗ったマグロ漁船だからこそ

          仕事を楽しく感じているはず。

          仕事ができている事に喜びを感じ

          早く皆と同じような仕事をしたいと思っているので

          努力を努力と感じていないように見えます。

           

          理想の自分をリアルに思い描き、そこに向けて日々進んでいる実感があるからこそ

          面白くない出来事があっても耐えることができる。

          “今は耐えどき、今に見ていろ俺だって”

           

          この感覚が非常に大事なんだと思うんです。

          仕事をするうえで、お金や待遇はとても大切なのですが

          もっと大切なのは“ワクワク感”

          やりがいや達成感等を総称するとこの言葉になると思うんです。

           

          “キレイごと言うな!”と思うかもしれません。

          でも、そうなんです。

           

          これを完全に否定できる人は絶対にいないはずです。

           

          マグロ漁船に乗船したからこそ“ワクワク感”を感じられるんだ!

          と、言うつもりはありません。

          そうじゃなくても感じることは十分可能ですが

           

          でも、「マグロ漁船でも、ワクワク感を得ることはできるんです」

           

          マグロ漁船が乗船を希望する人たちにとって

          どの様に感じるものなのか分かりません。

          興味はあるけど、勇気がないという人もいるでしょう。

          しかし、この一歩を踏みこむことで

          あなたの何かが大きく変わる可能性はあるのです。

           

          踏み出してみませんか?

           


          人を妬むのは、自分が完全燃焼していないからだ。

          大越俊夫(おおごし としお、1943年 - )

          師友塾塾長。国際教育アカデミー(AIE)学院長。
           

          -------------------------------------------------------

           

          遠洋マグロ延縄漁船
          近海マグロ延縄漁船
          乗組員を大募集(未経験者可)しております!
          厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
          本気のあなたを全力でサポートいたします。
          本気になれる35歳未満の男性

          まずはご連絡ください

          ↓↓↓↓↓

           

          【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
          乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
          名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
          住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
          電 話:0226−22−0793(月〜金)
          メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
          担 当:吉田鶴男

           

           

           

           

          | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 14:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
          連載企画 第37回「海の男にあこがれて」
          0

            三陸新報に連載しております人気企画「海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記」

             

            今回はいつもと違うんです。

            神奈川県出身のこの青年。

            なんと2回目の登場なんです。

            乗船4年目。

             

            4年目というと「新人」ではない、と思うかもしれませんが

            彼の職務に注目してほしいんです。

            前回は職名が無かったのですが

            今回は「一等機関士」と記してあります。

             

            「士官」に昇格しているんです。

             

            多少強引かもしれませんが

            新人一等機関士ということで登場してもらいました。

             

            では、ご覧ください。

             

            福島 昂 海の男に憧れて.jpg

             

            私は、神奈川県の藤沢で生まれ育ちました。

            相模湾に面し、夏になると多くの海水浴客でにぎわい

            まさに“湘南”という名がふさわしい場所です。

            幼いことから漁師への憧れを抱いておりましたが

            時は流れ大学まで進学したものの中退。

            その後の2年間は目標もなく、将来を考えず、特に変化の無い日々を送っていました。

            私が漁師になろうと思ったのは二十歳になったとき。

            友人が夢を追い頑張っている姿を見て「自分は何をしているんだ。何をしたかったんだ」と

            そう自分に問いかけ、幼いころ憧れだった漁師の記憶を思い出し、漁師になることを決意しました。

            どうせ乗るならと大型漁船を調べました。

            するとすぐに船主協会の吉田さんのブログ「漁船員になろう!」がヒットし

            若手船員が綴る洋上での日誌に見入ってしまい

            考えるまもなく電話をし「マグロ漁船に乗りたい」そう伝えたのが始まりでした。

             

            2013年9月に初乗船し、間もなく4年が経ちますが

            これまで続けられた理由この仕事が好きであるという事が一番ですが

            他にもあります。

             

            操業中は様々な自然現象に感動させられます。

            例えば、水平線へ沈む夕日。

            昇ってくる朝日

            海へ向かってかかる大きな虹

            頭上に広がる満天の星空

            これら大自然にエネルギーをもらいながら仕事ができるのは漁師の特権ではないでしょうか。

            しかし、穏やかな海ばかりではありません。

            漁場によっては暑い、寒い、強烈な突風が吹き、大しけになります。

            特に寒いしけの日は体を動かすのも大変です。

            そんな苦労の中で、大漁だったり、大きな魚が揚がった時の達成感はとても気持ちがいい。

            約1年間日本を離れ、帰ってきた時の感動

            久しぶりに再会する家族や友人たちにとんでもない嬉しさがこみ上げてきます。

            私が洋上で仕事ができるのは、これらの事があるからではないでしょうか。

             

            船員生活の中で一番初めに思い出さるのは、怪我をした時の事です。

            これは完全に私の不注意でした。

            限られた人数で仕事をする船では大怪我が致命的です。

            1人の仕事を皆で補わなければならないため、この時は申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

            それでも、ある方にいただいた言葉に

            「過去は足し算、無駄なものは何一つない。全ては自信につながる大切なもの」

            があります。

            今まで失敗してきた事、怪我をしたことは未来へと繋がる教訓となり

            私の糧になるとその方は教えてくれました。

            その言葉は今でも私の中で生きています。

             

            3月に4級海技士(機関)という国家資格を取得しました。

            この免許があればマグロ船では機関長になることも可能です。

            しかし、今の技量と知識ではとてもできることではありません。

            今後は幹部になる船員として腕を磨き、機関長に近づけるよう励みたいです。

            現在、乗船中もしくは、これから沖へ向かう新人の方々、怪我だけは十分気をつけてください。

            そして、感謝の気持ちを忘れずに仕事に取り組んでください。

            これは常に支えて下さる方がいるという事です。

            私もそうですが、分からないことがあれば洋上で調べるには限界があります。

            先輩方が教えてくれることはとても貴重です。

            また、何かいただくことがあるかもしれません。

            限りある中で、コンビニやスーパーもありませんから、こういった事はとてもありがたい事です。

            私は感謝を忘れないようにしています。

            こうすることで、怒られても良い方向へ捉えるようになれます。

             

            最後に、父のように接してくださった漁労長、機関長や船長をはじめ

            支えていただいたすべての方々、本当にありがとうございます。

            まだまだ技術面、精神面でも未熟ですが、これからもご指導、ご支援よろしくお願いします。

             

            以上となります。

             

            遠洋マグロ漁船に限った話ではありませんが

            船舶の若手エンジニア(機関士)は非常に不足しており

            我々も急ピッチで育成しているところではあります。

             

            その中で、このように希望に燃えて頑張る若者は

            我々の夢であり宝であります。

             

            大しけなどの過酷な試練をあたえる大自然と全力で向き合い

            その日、その瞬間に大海原のど真ん中にいた乗組員にしか見られない大自然の神秘を全身で感じる。

            漁師の特権というべきか、漁師の日常というべきか

            完全に生活の一部であることに間違いありません。

             

            陸上の暮らしと比較すると、洋上での生活は全てが大変だと思います。

            労働時間も長いし、プライベートもほとんどなく

            休暇があっても船の中。海の上。

            苦しいだけの生活かもしれません。

             

            エベレスト山に上る人達

            小さなヨットで太平洋を横断する人達

            北極点を目指す人達

            宇宙に飛び出す人達

            漁船員の生活はこれら冒険家と呼ばれる人達と同じかもしれません。

             

            どう考えても、これら冒険の途中は楽しいことばかりとは思えません。

            命の危険にさらされながら、全身全霊をかけて前に進むだけなんです。

            その中で垣間見る大自然の神秘に魅了され、目的地に到達した時の全身から湧き出る喜びに浸る。

            ただ、これだけのために人生を捧げる人たちと同じなんだと思うんです。

             

            繰り返しますが

            「漁船員」という仕事は陸上の仕事とくらべるとリスクばかりが目立ってしまいますが

            「海の男にあこがれて」の彼のように、その暮らしにある「幸福」なことを見つけられると

            陸上と変わらないか、それ以上の満ちた生活ができるものと信じています。

             

            実力主義のこの世界。

             

            これを読むあなたが、この世界に興味があるのであれば

            問い合わせだけでもしてみてください。

            私が対応いたします。

             

             

            少なくとも、セオリー通りの安全な道ばかり歩いていては、生きがいなんか生まれませんよ。
            ときには冒険も必要です。
            周囲の批判を恐れず、「俺はできるんだ」とやり抜く

            ──それが男のロマンでしょう。

            長嶋茂雄
            (元プロ野球選手、元巨人軍監督、1936〜)

             

            ------------------------------------------------

             

            遠洋マグロ延縄漁船
            近海マグロ延縄漁船
            乗組員を大募集(未経験者可)しております!
            厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
            本気のあなたを全力でサポートいたします。
            本気になれる35歳未満の男性

            まずはご連絡ください

            ↓↓↓↓↓

             

            【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
            乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
            名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
            住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
            電 話:0226−22−0793(月〜金)
            メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
            担 当:吉田鶴男

             

             

             

            | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            連載企画 第36回「海の男にあこがれて」
            0

              1ヶ月ぶりの登場となります「海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記」シリーズ第36回

              今回は宮城県仙台市出身のHくん(21歳)の登場です。

               

              彼が乗船したのは平成28年12月なので、まもなく1年になろうとしています。

               

              言葉遣いも丁寧で、人情味がありとてもまじめな青年。

              そしてなかなかのイケメンである。

               

              高校卒業後、宮城県では名の知れた会社で事務職をしていた彼ですが

              本文にもあるように「人生の中で誇れる仕事がしたい」という理由から漁師の世界に飛び込んできました。

              かなりの覚悟だったと思います。

               

              では、本文を紹介したいと思います。

               

              細野 一スクラップ.jpg

               

              私は現在仙台市に住んでおります。

              父親がプロのバスケットボール選手だったため

              気付けば小学校に入学する前から高校を卒業するまでバスケットボール一筋の生活を送ってきました。

              当然、将来は自分もバスケットボールの道に行くものと思っていました。

              しかし、今となってはシュートを打つこと、ボールに触れることすらしていません。

              私はその道を行くことができなかったのです。

              体力や技術に限界を感じていた訳ではありません。

              今では自覚が足りなかったと痛感しています。

              高校時代に商業を学んでいたこともあり、船に乗る前までは事務職に勤めていました。

              嫌になったから、楽しくないから等の漠然とした理由で辞めたわけではありません。

              ただ、この先、年齢を重ねて自分を振り返ったとき、いったい何を誇れるのだろうと考え

              バスケットボール以上に人生をささげたい職業に就こうと思い、決めたのが“漁師”でした。

              バスケットボールで培った体力や筋力が少しでも生かせると感じたからです。

              初めて乗船した時は、すぐに船酔いをしました。

              最初の6日間は全く操業に参加することができず、寝たきりの状態が続きました。

              まともに食事することもできませんでしたが、いろいろなサポートがあり

              何とか船酔いを克服することができました。

              乗船してから3か月がたち、少しずつ仕事の量が増え、今まで分からなかったことも分かるようになってきましたが

              それでもわからない事の方が多く、不安もまだあります。

              時には周りから厳しい声をかけられる事もあります。

              しかし、それからすべては自分のため、何年後かを考えると、今をしっかりやらなければいけないのだと感じています。

              まだ経験は浅く、知識もない私ですが、一歩ずつ前進できるよう漁船員としての自覚を持ち一日を大切にしていきたいと思います。

               

              以上となります。

               

               

              今まで従事していた仕事に問題があるわけではない。

              年を重ね、人生を振り返ったときの誇りが欲しい。

               

              誇りとはどんな意味なのか調べて見ると

              “自らそれを名誉とする感情”とある。

              彼の場合の“それ”とは仕事であったり人生そのものなのだろう。

               

              この感情を具体的に言うと

              「あの時はダメだと思ったけど、ここまで這い上がって来れた」

              とか

              「あの時はとても辛かったけど、その時があってこそ今があるんだ」

              という感情になるんだと思う。

              誇りとは「大きな壁を幾度も越えた自分に対する称賛」と言えるかもしれません。

               

              大きな壁を乗り越えるには努力が必要で、それはとても孤独で苦しいもの。

              隣の芝生が青く見え、周りを恨めしく思うこともあるでしょう。

              努力の「努」とは「奴」+「力」から形成され

              「奴」=捕らわれた奴隷

              「力」=力を尽くす姿

              の象徴なのだそうです。(諸説あり)

               

              その意味に、さらに「力」が加わるのですから

              「努力」という言葉には辛い印象しかないのは事実です。

               

              そして、その奴隷の気持ちはどうでしょうか。

              「奴」+「心」で「怒」になります。

              努力は多くのストレスを受け、心は不満でいっぱいになるのでしょう。

              これが一時的な努力は簡単でも、努力し続けることは非常に難しいと言える流れだと思います。

               

              努力はそれだけ大変なことではありますが

              「大変」は「大きく変わる」と書くことから

              大きく成長した自分になるための大切な時間とも言えないでしょうか。

              実は変わるチャンスなんですよ。

               

              壁を乗り越える努力を何度も繰り返すことで「夢を叶える」どころか

              良い意味で「夢にも思わなかった自分」になることができるものなのです。

               

              幾度の困難をも乗り越えた自分を振り返り

              不安に打ち勝った自分を振り返り

              自分の人生に誇りを持てるようになるのではないでしょうか。

               

              この彼もようやく1年。

              これからまだまだ試練が続くものと思われますが

              大きく変わった自分をイメージして

              誇りを持てるようになった自分をイメージして

              努力を楽しんで欲しいと思います。

               

              捕らわれて力を尽くすより

              楽しみながら進んで力を尽くした方がいいでしょ!

              そんな人を奴隷とは言わない。

              だから努力が努力じゃなくなるんです。

              そして結果に心が左右されなくなる。

              見返りを求めなくなる。

              最後には「良かった!」と思える人生が向こうからやって来るものですよ。

               

               

              努力は報われると思っている人はダメ!!

              努力を努力だと思っている人は大体間違い!!

              明石家さんま

               

              ------------------------------------------------

               

              遠洋マグロ延縄漁船
              近海マグロ延縄漁船
              乗組員を大募集(未経験者可)しております!
              厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
              本気のあなたを全力でサポートいたします。
              本気になれる35歳未満の男性

              まずはご連絡ください

              ↓↓↓↓↓

               

              【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
              乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
              名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
              住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
              電 話:0226−22−0793(月〜金)
              メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
              担 当:吉田鶴男

               

               

               

              | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              連載企画 第35回「海の男にあこがれて」
              0

                三陸新報に連載しているこの企画も35回目を迎えました。

                月一回の掲載なんで、もう3年という事になりますね〜

                そもそもこんなに続くとは思っていませんでしたので(笑)

                とても嬉しく思います!!

                 

                新人船員がこんなにも増えるとは思っていませんでしたし

                勉強が苦手な人達が多いので、こんなにも大勢の人が作文を書いてくれるとは思ってもみませんでした。

                そして上手いんです。

                 

                文章が上手な理由を聞くと、バンドをやっていて作詞経験があるなどいろんな理由があるのですが

                ダントツの1位はこれです。

                「高校時代の反省文」です(笑)

                 

                悪いことをするたびに反省文を書かされており

                3年間で100枚以上書いた!なんてヤツは何人もいます。

                書き直しを命ぜられたくないので

                その状況を克明に文書化する訓練、二度と同じ過ちをしないという気持ちをしっかり込める訓練を

                知らず知らずのうちにしてきたのです(笑)

                 

                私から作文を命ぜられ、自分の文書が後継者確保の一助となればと

                心を込めて書いてくたものですから、心にしっかり届く文書になるんですね。

                 

                ホントに、何の経験が役に立つか分かりません♪

                 

                この彼も勉強はあまり得意ではなかったと思うのですが

                並外れた体力を持っており、その能力を漁業と言う現場で十二分に発揮してくれている頼もしいヤツです。

                 

                 

                出身は宮城県気仙沼市のお隣に位置する“岩手県陸前高田市”

                年齢は34歳。

                他の若手船員から見れば遅いスタートですが、その体力と性格の良さでグングン成長している期待の新人です。

                それではご覧ください。

                 

                私は1年半前までは東京で生活をしていたのですが

                震災で実家被災したこともあり地元に戻ってきました。

                 

                陸前高田市も海に囲まれており

                子供の頃などはよく釣りなどにも行きましたし、地元に戻って来てから小型船舶2級も取得し

                家にある小さな船でウニやアワビの漁に行ったりもしました。

                私の祖父や父も船乗りでしたので、小さい時からそんな祖父や父の姿を見てきたこともあり

                私もマグロ漁船の漁師になることを決意しました。

                初めての航海、最初にやって来るのは船酔い。

                船に乗った経験はあるものの、船の揺れも違い、4・5日程船酔いが続いた。

                動けないほどではありませんでしたが、それでもやっぱり辛かったです。

                それに船の上ではバランスをとる事がかなり難しいようです。

                まともに動くことが出来ず、何度も転びました。

                海が荒れればなおさらです。

                それだけ危険を伴う仕事なんだと痛感しました。

                また、かなりの重労働ゆえ、乗船から3か月たった今でも手のしびれが取れないほどの苦労も多く

                大変な仕事だと思います。

                 

                それでもやっぱり、みんなで協力し大きい魚を揚げた時などは喜びも大きく

                自分も漁師になって良かったと感じられる瞬間でもあります。

                それに約1ヶ月の航海を終えて港に戻ってくるときは、本当に何事にも変えられないくらいの充実を感じられます。

                これは、実際に漁師になってみないと味わえないものだと思います。

                つらく、厳しい仕事ではありますが、この瞬間があるからこそ漁師になって良かった

                また漁に出ようと思えます。

                 

                これからマグロ漁船に乗ろうと考えている人にも、ぜひ、この感動を経験してほしいと思います。

                私も早く一人前の漁師と呼ばれるようになり、この喜び、感動を大きいものにしていきたいと思います。

                 

                 

                以上となります。

                 

                 

                マグロ漁船だけじゃなく、漁師という仕事はとても大変です。

                本当に大変です。

                 

                ここにも書いていますが、彼はこう言います。

                「帰港してくるときの達成感は半端ない。」

                「何とも言えない充実した気分になる。」

                「その高揚感が癖になり、また味わいたくて俺は沖に出る。」

                 

                具体的にはどんな気分なのか。

                「言葉には言い表せない」という。

                それは自らが漁師になってみなければ感じることが出来ない感覚なんでしょうね。

                 

                漁師は冒険家に近いような感じがする。

                大漁というお宝をめざし、海図からその有かを探し出す。

                お宝で船をいっぱいにして帰港し、再びお宝探しの旅にでる。

                 

                これを読んでる皆さんも

                彼のような大冒険に出発して見ませんか。

                 

                初期投資?

                そんなものはほとんどかかりません。

                具体的なものはしっかり相談しましょう。

                数日分のパンツとシャツ、そして溢れる“やる気”をバッグに詰めて気仙沼へ

                そこから漁師と言う大冒険の人生がはじまります。

                 

                全力のサポートはします。

                しかし、私はあなたにはなれません。

                すべては「あなた」しだい。

                 

                 

                「毎日命はって生きてるから、
                あいつらは本当に楽しそうに笑うんだ!!!」

                モンキー・D・ルフィ(ワンピース)

                 

                 

                ---------------------------------------------------------------

                 

                遠洋マグロ延縄漁船
                近海マグロ延縄漁船
                乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                本気のあなたを全力でサポートいたします。
                本気になれる35歳未満の男性

                まずはご連絡ください

                ↓↓↓↓↓

                 

                【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                電 話:0226−22−0793(月〜金)
                メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                担 当:吉田鶴男



                | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                連載企画 第34回「海の男にあこがれて」
                0

                  紹介が遅れているので、ピッチを上げて紹介いたします(笑)

                   

                  今回紹介いたしますのは

                  宮城県仙台市出身、遠洋マグロはえ縄漁船に乗船している26歳の青年です!

                   

                   

                  皆さん、お忘れだと思いますが(笑)

                  昨年7月に全国放送されたドキュメンタリー番組「きたれ!マグロ漁師」の番組冒頭で

                  私が船に乗り、マグロ漁船の説明をしているシーンがあるのですが

                  その相手が彼なのです。

                   

                  かなり分かりずらい説明ですね(笑)

                   

                  さっそく紹介したいと思います。

                   

                   

                  私は宮城県の県庁所在地である仙台市に、生まれてから約26年間を生活してきました。
                  私が住んでいる地域は、今でこそ大きなショッピングモールや飲食店等がたくさんあり大変賑わっていますが

                  私がまだ小学生の頃には通学路にクマやカモシカが出るような森や山に囲まれた場所で

                  海の仕事とは無縁の地域です。

                   

                  船に乗る前はピアノの運送や旅行関係の仕事をするなど

                  様々な仕事をしていました。
                  生活に関しても「今が楽しければそれでいい」という幼稚な考え方をしていたので、両親には山ほど苦労させてしまいました。

                   

                  そんな自分がなぜマグロ漁船に乗ろうと思ったのか。
                  そう思ったきっかけは、一言でいうと、強い人間になりたかったからです。

                  あまりにも漠然とした理由なのかもしれませんが、昨年、娘が生まれ初めて父親の気持ちと言うものを体感しました。
                  人それぞれ考え方は違うと思いますが

                  私は「この子が一人前になるまで、しっかりと守っていける人間になりたい」と思うようになりました。
                   

                  そんな時に父から「だったら船に乗ってみろ」と言われました。

                  気仙沼市出身の父親の関係上

                  漁師という仕事はそんなに遠い存在ではなかったですし

                  船の上での生活・仕事というものの大変さを聞いていたので

                  自分が目標とする「強い人間」になれるかもしれないと思い、乗船することを決意しました。

                   

                  実際にこの仕事について、初めの2〜3ヶ月は、正直、船に乗ったことに対して後悔したこともありました。

                  どんな仕事でも同じですが、仕事に慣れるまでは毎日分からないことだらけでまともに着いていくことすらできず

                  仕事が終わって部屋に戻っても船内の生活に慣れていないせいか、なかなかリラックスすることができませんでした。
                   

                  そんな中、機関長や同世代の先輩が私の話を親身になって聞いてくれたおかげで

                  今では仕事、船での生活、共に慣れてきて、後悔していた気持ちは一切無くなりました。

                   

                  マグロ漁船員の苦労と言われ初めに思いつくのは、やはり船上と言う限られた環境での生活だと思います。

                  陸の仕事であれば、休日は家族や友人と遊びにでかけ、欲しいものがあれば買いに行く、食べたいものがあれば食べると言ったように、基本的に自由に行動ができます。
                   

                  しかし、船の中ではそうはいきません。

                  私個人の感覚ではありますが、私はこれが一番大変だと感じました。

                  マグロ漁船員の魅力は、やはり大きなマグロが揚がってきた瞬間ではないでしょうか。

                  この興奮は他の仕事では味わえないものがあります。
                   

                  私は実際に、初めて大物が揚がった時に、あまりの驚きにその場から動けなくなってしまったのを覚えています。
                  その他にも仕事の話からは逸れてしまいますが、日本に居ては見ることも出来ないようなキレイな星空も毎日見ることができます。これもこの仕事の魅力の一つだと思います。

                   

                  海から揚がったばかりの美味いマグロをすぐに食べれてしまうのも気に入っており、船に乗って良かったと思いました。

                  少しずつではありますが、ようやく仕事にも慣れてきて、色々と考える時間が出来てきました。

                  自分が今まで、どれだけ多くの人に支えられて生きてきたのか

                  そして現在も多くの人に支えられて生活していると強く感じるようになってきました。
                  本来であれば、意気込みとしてここに「将来は機関長になります!」と書くのが正しいのかもしれませんが

                  私は自分が周りの人に支えられて、助けられて生活していることを、しっかりと認識し感謝できる人間になること

                  自分も誰かを支えられることが出来る、頼れる人間になることを目指して、一生懸命仕事に取り組んでいきます。

                   

                  これから漁船員になろうとする人に向けた一言。
                  私が最初に面接してもらった船主協会の吉田さんに「最初の3ヶ月は本当に地獄だぞ」と言われたのを今でも覚えています。

                  当時の私は「今から頑張ろうとしてる人間になぜそんなことを言うのだろう?」と思っていました。
                  しかし、今考えてみると、確かに軽い気持ちで乗ってしまって途中で下船することになったら

                  会社や関係者、船の方々に迷惑をかけてしまうのはもちろんのこと

                  自分の人生の貴重な時間も無駄になってしまうという意味で包み隠さず言って頂いたのだと感じました。
                  確かに、最初の3ヶ月は大変なこと、苦しい事が沢山あるのは間違いありませんが、この仕事はそれを乗り越えた時に人としても大きく成長できる魅力的な仕事です。

                   

                  以上となります。

                   

                  家族で私のところに来まして

                  船に乗りたいという本人と乗せたいというご家族の強い想いに圧倒されたのを覚えています。

                  それが去年の2月頃だったでしょうか。

                  ここでは漠然と書かれている「強い男」になぜなりたいのか。

                  彼の言う「強い男」とは何なのか。

                  しっかりと答えていただきました。

                   

                  彼は今、二航海目に挑んでいるのですが

                  初航海を終えた時に、漁労長さんが私に声をかけてくれました。

                  「新人の●●、ちゃんと頑張ってるから心配ないですよ!!」

                  「いや〜、彼凄いね。なかなか出来ることじゃないよ」

                  「あんな新人だったら、船としても大歓迎だよ」

                  というのです。

                   

                  何が凄いのですか?と聞くと漁労長はこう答えました。

                  「新人は船内生活にも慣れないし、仕事もできず厳しく指導されるから、気持ちの浮き沈みが激しくなる」

                  「つまり、機嫌のいい日と悪い日があるんですよ。これが普通です。」

                  「でも、この1年間、彼の表情の曇った日を見たことがない」

                  「いつも笑顔で、前向きなんですよ」

                  「彼1人いるだけで船内が明るくなるんですよ」

                   

                  これはすごいなと思いました。

                  仕事はまだまだできないけれど

                  「明るく、前向きに、一所懸命」

                  これでだけで周りが変わっていくんです。

                  皆から必要とされるんです。

                   

                  自分がスムーズに仕事ができないのは

                  上司のせい

                  社長が悪い

                  職場の雰囲気が悪い

                   

                  悪いのは全て人のせいにしてしまう人っていますよね。

                  私自信もそんなところを持ち合わせているのかもしれない。

                   

                  考えてみれば、わがままな自分に合う職場に巡り合うなんて奇跡に近い。

                  彼のように自分に合う職場に変えてしまう方がかなり近道なんですよね。

                   

                  「言うは易く行うは難し」

                   

                  と、おっしゃる方も少なくはないと思いますが

                  自分一人が変わればいいんです。

                  「明るく、前向きに、一所懸命」

                  ただこれだけなんです。

                   

                  明るく楽しく仕事している人を見るだけで楽しくなる。

                  前向きに考えている人には学びが多いです。

                  一所懸命の人には協力したくなる。

                   

                  これだけで環境は変わるものです。

                   

                  「難し」で諦めず

                  「難し」だけど、少しずつでも進めば

                  周りの変化が見えてくるはずですよ。

                   

                  新人船員を応援するはずが、多くを学んでしまった一例でした。

                   

                   

                  自分が行動し始めれば、いろんなことが動き出す。
                  当たり前のように聞こえるけど、最も大切な原理です。

                  宮本亜門
                  (演出家、1958〜)

                   

                   

                  ------------------------------------------------------------

                   

                  遠洋マグロ延縄漁船
                  近海マグロ延縄漁船
                  乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                  厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                  本気のあなたを全力でサポートいたします。
                  本気になれる35歳未満の男性

                  まずはご連絡ください

                  ↓↓↓↓↓

                   

                  【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                  乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                  名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                  住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                  電 話:0226−22−0793(月〜金)
                  メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                  担 当:吉田鶴男



                  | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  連載企画 第33回「海の男にあこがれて」
                  0

                    「海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記」

                    三陸新報で月刊連載が開始されたのが平成26年8月。

                    それからもう3年になるんですね。

                     

                    毎月、毎月、違う新人船員を紹介するなんて出来るだろうか、と不安でしたが

                    やってみると出来てしまうんですね〜〜

                     

                    今日紹介するのは、山形県上山市出身の19歳の青年。

                     

                     

                    では早速紹介いたしましょう!

                     

                     

                    私が生まれ育った街は山形県上山市の山奥で

                    360°山に囲まれており最寄りのコンビニまで車で10〜20分位かかるほどのド田舎です。

                     

                    漁師とは無縁の山の中で育ちました。
                    なぜマグロ漁船に乗ろうと思ったか。

                    凄く単純な3つの理由でマグロ漁船に乗りました。

                     

                    まず1つ目、見渡す限り“山”で育つと、“海”にとんでもない憧れが湧いてきます。

                     

                    2つ目は、高校1年の終わりにある先生は私にこう話しました。

                    「最初キツいとこに行くと、後が楽になる」と。

                    その時、私の進路はマグロ漁船を含め、極少数に絞られたのです。

                     

                    最後の3つ目、2年の時に気仙沼の遠洋マグロ延縄漁船に乗った先輩から

                    LINEで「お前もマグロ漁船に乗らないか?」と言われ、ほぼほぼマグロ漁船に乗ろうと決まりました。

                     

                    そんな、軽い気持ちでマグロ漁船に乗ったんです。

                    結果は、皆さんの想像通りだと思います。

                    恥ずかしながら厳しくて本当に泣きました。

                    マグロ漁船員の魅力とは、まずお金です。

                    そして、魚を引っ張ってる姿や、スナップ外し、もつれを直している先輩方の姿

                    自分が全然引っ張れないのを余裕の顔で引っ張っていく、いろいろな外し方でスナップをきれいに外していく先輩方。

                    正直、カッコいいじゃないですか!
                    憧れるじゃないですか!
                    自分も出来なかった事が出来るようになっていく。
                    憧れに、その人に、どんどん近づこうと、追い越そうと思える、そういう思いを引き立てさせてくれるのが

                    この職業の魅力なんだと思います。
                    その憧れに、理想に、先輩方に追い付くまでが、この職業の苦労なんだと思います。

                     

                    次に根強く記憶に残っているエピソードを紹介します。
                    投縄の時私は、針に餌を掛ける作業をしていました。


                    浮き玉が2つのところで、いつもなら一つブランを空けて二つ目のブランの上に浮き玉を置く配置になるんですが

                    一つ空いていません。
                    インドネシア人の先輩がエサを置いて浮き玉を戻すのを忘れてたのです。
                    私は焦っていて「ごめん、エサ掛け間に合わなくて手一杯だから、こういうミスはやめてほしいんですけど」と、今思えば言わなくてもいい馬鹿なことを、当然のように言ってしまいました。


                    私はそのインドネシア人の先輩が「あー、ごめん、次から気を付けるよ!」と言ってくれると当時は思ったのですが

                    帰って来た言葉は違ってました。
                    「いちいちうるさいな、あんちゃんまだ仕事分からないんだから、黙ってろよ!」
                    仕事ができないことは十分認めますが、その言葉に「カチーン」と来てしまったのです。
                    「物を移動させたんなら元に戻せよ!」

                    「オモチャを出して遊んだら元の位置にあった場所に戻せよ!子どもでも分かる常識だろ!」

                    と、言ったのです。

                     

                    その時、ボースンが入ってきて、私が怒鳴られました。
                    今思えば、インドネシア船員と小さなことで争いをおこしてしまうと

                    それが大きな不信感となり操業ができなることがあるということです。

                    幹部を目指す日本人船員たるもの、小さいことは我慢し

                    文化の違うインドネシア船員とうまく付き合う事を学ばなければならないという事なのですね。

                    ボースンごめんなさい。

                     

                    今は、早く仕事を覚え、色々な作業を一人で出来ることを増やし。

                    もつれなんかも、パパっと出来るようになり憧れに近づけたらなと思います。

                     

                    これから漁船員になりたい方には、私のように軽く将来を決めちゃうと絶対、怒られます

                    自分の甘えが、裏目にでます。

                    自分の無責任さに腹がたつかもしれません。

                    本当に自分の答えが漁師だったのか、切羽詰まったり、軽く決めてないか、今一度考えて見るのも一つかもしれません。

                    そして私は11月15日、二航海目へと旅立ちます。憧れに近づくため。

                     

                    以上となります。

                     

                    高校を卒業したての頃は、体も心も幼く

                    大丈夫かなぁ〜と不安でしたが

                    今となれば

                    体もがっしりとして、腕もカチンコチンに太くなりました。

                    そして、陸上企業の18歳ではあり得ないような

                    高額の報酬も手にし、3航海目に挑んでおります。

                     

                    今後は海技士資格も取得し、幹部としても活躍してくれることを願ってやみません。

                     

                     

                    心配事の80%は実際には起こらない。

                    俗言

                     

                     

                    俗言(ぞくげん)

                    意味を調べると


                    1 世間で日常的に使う言葉。卑俗な言葉。俗語。→雅言

                    2 世間の評判・うわさ。

                     

                    とありますが

                     

                    米国ミシガン大学の研究チームが行った調査によっても心配事の80%は起こらないとされています。

                    起きるのは残りの20%ですが、そのうちの8割は、あらかじめ準備して対応すれば、心配事には至らずに解決できるとのこと。

                    つまり、そのときにならないと手の打ちようのない「本当の心配事」は全体の4%にすぎないのです。

                     

                    そのたった4%のために

                    頭を悩ませ、不安になり、勝手に自分を見失いがちです。

                    そしてマイナスの言葉を吐き続け、知らず知らずのうちに自らの人生をマイナスの人生に向かわせているのです。

                     

                    私はいつも思うんです。

                    人に何を言われたっていいじゃないですか。

                    「能天気」と言われてもいいじゃないですか。

                    不安に思い、悩んだって96%の心配事は起きないのです。

                    その代り、自らにプラスの言葉を投げかけて

                    「今日は調子がいいぞ!」

                    「うまくいきそうだぞ!」

                    「自分には才能あるじゃないか!?」

                     

                    自らをプラスの人生に向かわせてはどうでしょうか

                     

                    ---------------------------------------------------------

                     

                    宮城県北部船主協会にはカツオ・マグロ漁船の他に

                    漁業取締船という業種があります。

                    そちらで「司厨長」を募集しておりますのでご紹介します。

                     

                    【募集要項】
                    船 種:水産庁漁業取締船
                    業 務:司厨長

                    経 験:船舶乗船経験不問、調理経験3年以上
                    雇用形態:正社員
                    年齢制限:45歳以下
                    航 海:一航海7日〜10日間
                    休 暇:年4〜5回、7日〜20日間の長期休暇があります。
                    募集エリア:
                    宮城県、青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県
                    新潟県、富山県、群馬県、長野県の方とさせていただきます
                    性 別:男性のみ

                     

                    ---------------------------------------------------------

                     

                    遠洋マグロ延縄漁船
                    近海マグロ延縄漁船
                    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                    本気のあなたを全力でサポートいたします。
                    本気になれる35歳未満の男性

                    まずはご連絡ください

                    ↓↓↓↓↓

                     

                    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                    電 話:0226−22−0793(月〜金)
                    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                    担 当:吉田鶴男



                    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    連載企画 第31回「海の男にあこがれて」
                    0

                      紹介が遅れております「海の男にあこがれて」シリーズ。

                      三陸新報ではもう“38”まで掲載されております。

                      第1回目が平成26年8月ですから、連載を始めて丸3年を経過し4年目に突入していることになります。

                      このブログだって平成24年2月から始めたのですから5年7か月以上になります。

                       

                      続いてますね〜〜〜

                       

                      マグロ漁船に関するブログが、しかも素人の私が書いたブログがこんな話題になるとは思いもしませんでした。

                      各新聞やラジオ、そしてテレビでも取り上げられ

                      全国で講演もさせてもらったり、ドキュメンタリー番組にもなったり

                      終いには“AKB48”までやって来るという、、、

                      驚きに満ちた5年でしたね。

                       

                      新人漁船員も1人、また1人と輩出し

                      現在では92人目を数えます。

                      注目されるのは100人目だと思いますが

                      今年度中には達成する見込みでございます。

                       

                      このシリーズも1人、また1人と紹介し

                      末永いシリーズにしたいと思っています。

                       

                      今回紹介しますのは

                      宮城県大崎市出身の36歳。

                      この時すでに妻子持ちだった彼。

                      一大決心で気仙沼に来てもらいました。

                      電話で乗船希望の連絡を受け

                      宮城県仙台市で開催された「漁業就業支援フェア仙台会場」に奥様と2人で来てくれました。

                       

                      具体的にどんな言葉を掛けたのか、今となっては記憶が曖昧ですが

                      奥様にも厳しい事を言ったように思います。

                       

                      「今まで毎日帰ってきた旦那が、長期間帰って来なくなる」

                      「すぐさま連絡がつく状況でもない」

                      「その間に、家庭内で様々なことがあるかと思います。」

                      「ご自分の悩み、子供の悩み、、すぐさま答えを出さなければいけない状況もあるでしょう」

                      「旦那に頼らず、すべてご自分で対応する覚悟がありますか?漁師の妻になる覚悟がありますか?」

                       

                      確か、こんな感じの内容でした。

                      奥様が納得しなければ乗船させないという約束でした。

                       

                      奥様にここまで言う必要があったのか。

                      今では少し反省しています。

                      私は、漁船員という仕事をしたことによって夫婦仲が悪くなることは避けたかったのです。

                      安易に旦那を沖に送り出して欲しくなかったのです。

                       

                      ご夫婦でしっかり話し合った答えは「乗ります!」

                       

                      36歳既婚の彼の想いをご覧ください。

                       

                       

                      私は現在、大崎市古川に住んでおります。

                      出身は岩手県花巻市で内陸育ちなので海と言えば海水浴や魚釣りで足を運ぶ程度でした。

                      そんな私が近海マグロはえ縄漁船に乗船し、漁師になるまでの話をします。

                       

                      船に乗る前まではごく普通のサラリーマンでした。

                      仕事に魅力が無かった訳でもなく、どんな仕事でもつらい事、うまくいかない事はあると自分なりに思っていました。

                      ただ、不安だったのは家族の事でした。

                      このまま今の仕事を続けたら家族を養っていけるだろうか

                      妻や子供たちにお金が無い貧乏な暮らしだけはさせたくありませんでした。

                      年齢は35歳、資格も何も持っていない私には転職の限界時期でした。

                      次の仕事を探す際に、漠然と海に関わる仕事がしたいと思っていました。

                      子供の頃から釣りが好きだったとか震災があったからという訳ではありませんが

                      ネット検索をしていると「海技士」という資格があることを知りました。

                      詳しく見ていくと、資格を取るには乗船履歴が必要か、水産関係の学校を卒業など自分には縁が無かった経歴が必要でした。

                      諦めかけていた時に出会ったのが船主協会の吉田さんのブログ「漁船員になろう!」でした。

                      3年間乗船し海技士を取得。

                      これだと思いました!

                      「未経験35歳くらいまで」となっていたため

                      既に35歳の私は焦りました。

                      それから毎日、吉田さんのブログとにらめっこが続きましたが

                      吉田さんの熱意と新人漁師の生活にドンドン引き込まれていったのでした。

                      私は一度決めたら後戻りできない性格で、妻もそのことを分かっており

                      半ば諦めた感じではありましたが送り出してくれました。

                      本当に理解のある妻で感謝しています。

                       

                      乗船する船が決まり、漁師となったのですが

                      初めは本当に辛かったです。

                      35歳の私はあと10年早ければと何度も言われました。

                      体のあちこちは筋肉痛、手足の皮ははがれ、毎日が疲れと痛みでした。

                      でも、自分の体は素直で、疲れた分、痛めた分、強くなってくれます。

                       

                      いちばん強くしなければならないのは心でした。

                      疲れ、痛みに耐える、仕事がつらい、家族に会いたい等の気持ちがありましたが

                      免状を取得するまでの3年間は絶対に諦めない覚悟でした。

                      そんな私もまもなく乗船して1年が経ちます。

                      陸とは違い、海の上では携帯電話が使えない、コンビニもない

                      中でも病院が無いことで大変だったことがありました。

                      右膝が痛み出し、翌日には激痛となり腫れ上がりました。

                      当然、船の中には見てくれる医者がいませんし、処置危惧も十分ではありません。

                      一週間以上痛みは続き、船を途中で下り病院へ行きました。

                       

                      結果はただの細菌感染でしたが、ここまでひどい状態は初めて見たと言っていました。

                      化膿した部分の肉が腐ってしまっていたのです。

                      幸いにも2週間ほどで普通に歩けるようになり、また船にも乗ることができています。

                       

                      最後に、これから漁船員になろうとする人、もしくは悩んでいる人へ

                      10年早ければと言われますが、35歳妻子持ち未経験の私でも悩んで悩みました。

                      その頃の気持ちを例えるなら

                      コンクリートの隙間から一生懸命伸びる雑草のように感じます。

                       

                      自分で決めて一歩を踏み出した後で

                      自分は動けない根っこではなく、好きなように行くことができる足があることに気づき

                      今も挑戦中です。

                      海にはそんな挑戦に答えてくれる醍醐味があります。

                       

                       

                      以上となります。

                       

                      そんな彼も、先日3年目の航海をスタートさせました。

                       

                       

                      来年には海技士の受験となります。

                      どのタイミングで受験するのが良いのか、航海スケジュールと相談しながら決めていきたいと思います。

                      彼の大きな区切りとなる「海技士」受験まで

                      もうすぐです。

                       

                       

                      最初の一歩を踏みだすこと。結果は後からついて来る。
                      もちろん希望通りの結果とは限らない。
                      でも、踏みださない人に、結果は決してやって来ない。

                      唯川 恵(ゆいかわ けい、小説家)

                       

                       

                      ------------------------------------------------

                       

                      遠洋マグロ延縄漁船
                      近海マグロ延縄漁船
                      乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                      厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                      本気のあなたを全力でサポートいたします。
                      本気になれる35歳未満の男性

                      まずはご連絡ください

                      ↓↓↓↓↓

                       

                      【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                      乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                      名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                      住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                      電 話:0226−22−0793(月〜金)
                      メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                      担 当:吉田鶴男



                      | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 海の男にあこがれて〜新人漁船員乗船記 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + ランキング参加中♪
                      クリックお願いします
                      + プレビューランキング
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE