漁船員(漁師)になろう!〜宮城県北部船主協会

宮城県気仙沼市にある宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所(国土交通省東北運輸局認可)の公式ブログ♪
遠洋・近海カツオマグロ漁船等の新規乗組員(未経験者)を広く募集しております!
気仙沼市内の高校を卒業したばかりの少年が大海原へ!
0

    前々回の更新で、中学を卒業したばかりの少年が近海マグロ漁船で出港した旨のご一報をしたところでありますが

    その少年が乗船した船が約1ヶ月の航海を終え、帰港するとの連絡を船主さんから頂きました。

     

    その連絡を受け、彼のラインに激励コメントを送信しました。

    通話エリアに入ったら読んでくれるだろうと。

     

    その夜の21時27分に彼から返信がありました!

    通話エリアに入ったんですね。

     

    IMG_9085.PNG

     

    書いてある通り、本当に疲れたようですね〜

    本当にご苦労様でした。

     

    15歳ながら、とても辛かったけど頑張るとのこと

    本物のようにはなれないけれど

    親子のように応援で来たらいいなと思っています。

     

    頑張れ!!

     

     

    この少年の出港から遅れること4日。

    地元の気仙沼向洋高校を卒業したばかりの少年も大海原へと旅立ちました。

     

    IMG_4839.JPG

     

    この少年も近海マグロ漁船に乗船し、海の男となるのです。

     

    IMG_4841.JPG

     

    少年の緊張感がこちらにも伝わります。

     

    IMG_4842.JPG

     

    IMG_4844.JPG

     

    お父さんと男同士の話し。

    少年もしっかり心に刻んだことと思います。

     

    IMG_4846.JPG

     

    船頭さんがブリッジの上に上げてくれました。

    今航海の主役はお前だと、みんなに見えるところに立たせてくれたのです。

     

    IMG_4847.JPG

     

    船頭さんの合図で船が動き出します。

    ここから海の男としての人生がスタートするわけです。

    弱冠18歳。

    山あり谷ありの人生かと思いますが、共に成長していくことを誓った私でした。

     

    IMG_4849.JPG

     

    いよいよスタート!!!

     

    IMG_4850.JPG

     

    ここまで離れれば、後は全速力で漁場へと向かいます。

     

    IMG_4853.JPG

     

    IMG_4854.JPG

     

    頑張れよ!!!!!

     

    何度も言いますが、今回の新人は弱冠18歳。

    振る手にも力が入ります。

     

    IMG_4855.JPG

     

    行ってしまいました、、、

    後は祈るだけ。

     

    ん??あれ???どうした??

    船が不自然な動きをし出しました。

     

    IMG_4856.JPG

     

    また、こちらに戻ってきました!

    何かトラブルでも!?

     

    IMG_4857.JPG

     

    もう一度、少年の雄姿を皆に魅せようと

    戻って来てくれんです(笑)

     

    IMG_4858.JPG

     

    インドネシア船員もベテラン船員も

    そしてこの少年も、一生懸命手を振ります!!

     

    頑張って来いよ〜〜〜〜っ!

     

    IMG_4859.JPG

     

    船頭さんの粋な計らい。

    本当にありがとうございます。

     

    こんなところが

    小さな事だけど漁師ってカッコいいですね♪

     

    IMG_4860.JPG

     

    今度は戻ってくることがありません。

    漁場にまっしぐらです。

     

    頑張って欲しいです。

    沖へ行って応援することができません。

    あとは個人の努力が試されます。

    祈るだけ。

    怪我しないようにだけ、頑張って欲しい。

     

     

    船主さんから一枚の写真が送られてきました。

    港に居合わせたインドネシア船員も含まれてるような気もしますが

    出港前の記念撮影。

     

    IMG_9058.JPG

     

    いい写真ですね〜〜♪

     

    近海マグロ漁船では、航海途中で連絡を取り合うことはないので

    サポートするこちらは祈る事のみ。

     

    この彼も、あと一週間ほどで帰ってきます。

    今のところは元気で頑張っている旨の報告は入っております。

    気を抜かず、最後まで頑張って欲しいと思います!

     

     

    なんとなく流されながら 自分を見失い

    「どうせそんなもんだ」と言って

    何かと言い訳つけて

    逃げて

    ためらって

    怖がって

    あの日見た夢を遠ざけてないか?

    くず
    (HIRO[宮迫博之]、ANIKI[山口智充]によるデュオ)
    「その手で夢をつかみとれ!」(作詞:ANIKI)

     

     

    この曲は2004年3月にリリースされたもの。

    もう14年前になるんですね。

     

    周りに流されず、自分を見失わず

    何があっても「だからこそ」と奮起して

    言い訳を言わず

    ためらわず

    ただ真っ直ぐに

    勇気をだして

    歩いていく

    あの日見た夢に近づくように。

     

    これがこの少年の歌詞になる。

    最後にこんな歌詞を付け加えたい。

    「皆も同じ気持ちだろ?」

     

    --------------------------------------------------------

     

    遠洋マグロ延縄漁船
    近海マグロ延縄漁船
    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
    本気のあなたを全力でサポートいたします。
    本気になれる35歳未満の男性

    まずはご連絡ください

    ↓↓↓↓↓

     

    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
    電 話:0226−22−0793(月〜金)
    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
    担 当:吉田鶴男

    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    兵庫県出身の20歳の青年が長期航海から帰ってきた!
    0

      前回更新の出港が11時。

       

      実はその日

      遠洋マグロ延縄漁船で約1年の航海を終えて帰って来る青年がおりましたので

      朝7時半に魚市場へ船迎えに行きました。

       

       

       

      私的には、船を送り出すより

      迎える方がドキドキします。

       

      何か小っ恥ずかしいような気がするからです。

       

      予定時刻の8時になり

      沖の方に船が見えてきました。

       

       

      いつものように、ゆっくり静かに

      抜き足差し足、そんな感じにゆっくり入ってきます。

       

      このトントンともシュンシュンとも違う

      独特のエンジン音がとても落ち着きます。

       

       

      接岸場所を確認し、ゆっくり大きく旋回してきます。

      接岸をサポートするタグボートも動き出します。

       

       

      ゆっくり旋回してきました。

      乗ってる新人君もワクワクしてるでしょうね(笑)

       

       

       

       

      もう少し、もう少し

      ドキドキします(笑)

       

       

      うわぁ〜!

      この操船技術はすごいなぁ〜ホレボレします!

       

       

       

      この船の汚れが、1年の激務を物語ります。

       

       

      乗組員もホッとした感じでしょうね。

       

       

      お疲れ様でした!

       

      本当にお疲れ様でした!

       

       

      この青年の写真ですが、撮るのをすっかり忘れてまして(笑)

      数日前、清水港に迎えにきたご家族と撮影した写真がありますので

      ご紹介します!

       

       

      遠目の写真ですが、親子3人の満天の笑顔が伝わってきます。

       

      帰省する時に、船主協会にも甲板長とともに遊びに来てくれました。

      すごくコミュニケーションが取れてる感じ。

      彼の笑顔には抜群の人間力を感じます。

      彼といるだけで、こちらも笑顔になります!

       

      貴重な陸上での時間。

      ゆっくり過ごして欲しいと思います。

       

       

      「明日は」「明日は」と言いながら

      今日という「一日」を無駄に過ごしたら

      その人は「明日」もまた空しく過ごすに

      違いありません。

      亀井勝一郎

      (文芸評論家、1907〜1966)

       

      ------------------------------------------------------

       

      遠洋マグロ延縄漁船
      近海マグロ延縄漁船
      乗組員を大募集(未経験者可)しております!
      厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
      本気のあなたを全力でサポートいたします。
      本気になれる35歳未満の男性

      まずはご連絡ください

      ↓↓↓↓↓

      【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
      乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
      名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
      住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
      電 話:0226−22−0793(月〜金)
      メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
      担 当:吉田鶴男

      | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      中学校を卒業したばかりの少年が海の男になった!
      0

        南三陸町の中学校を3月に卒業したばかりの少年が

        乗船前実技研修を経て、大海原へと旅立つこととなりました!

         

        中学を卒業してすぐに乗船したいという連絡をお母さんからもらった時には

        とても驚きました!

        「すぐ船に乗りたいという事は、漁師という前に社会人になるということ」

        「お母さんのお電話で内容は理解しましたが、15歳と言えど、ご本人からの連絡がなければ乗船希望を受けることはできない」

        そう話しました。

         

        後日、少年から連絡が来まして

        本人の口から漁師になりたい思いを聞き取りました。

        世間の大人が言う「とりあえず高校は出てた方がいいぞ!」という言葉も投げかけましたが

        「高校に入る理由がない、入ってもすぐ辞めると思うので、高校に入らず漁師になりたい」と

        しっかりした言葉が返ってくるだけです。

         

        一度、会おうということで船主協会で面談し

        この少年にはどの漁業種類がふさわしいのか、しっかりと話し合いました結果

        『近海マグロ延縄漁船』という標準に定まり

        受入れ船主の面接、乗船前実技研修、仕込み品の準備と乗船に向けた時間が進み

        今日、出港の日を迎えました。

         

        IMG_4821.JPG

         

        私が出港前の船に着いた時には、少年(写真左)は先輩らと談笑中ww

         

        IMG_4822.JPG

         

        めっちゃ盛り上がってます(笑)

         

        こちらに呼び寄せ、意気込み見たいな話を聞こうとしたら

        意外にも緊張してたみたい〜

        一緒に実技研修を受け、数日後に自分も近海マグロ漁船で出港を控えるOくんも見送りに来たので

        乗船中の指導係になるであろう先輩Hくん(写真右・22歳)と記念撮影

         

        IMG_4819.JPG

         

        むむむ、先輩Hくん。

        こうやって見ると、イイ体になってるなぁ〜

         

        緊張させてはいけないと、いろいろ笑いながら話しましたが

        少年はどこか上の空(笑)

         

        出港時間が迫り、スタンバイに入ります。

        近海マグロ延縄漁船は航海日数が基本的に短いこともあり

        出港はわりとあっさりしています。

         

        IMG_4824.JPG

         

        出港前にお母さんと。

         

        私も中三の息子がいるので、どれだけ心配なのか容易に想像できます。

         

        IMG_4827.JPG

         

        まだ、あどけない15歳

        どんなふうに変わっていくのでしょうか。

         

        IMG_4828.JPG

         

        緊張感を察したのか、漁労長に肩をポンとたたかれ声をかけられます。

        「時化を避けて走る(航行)から心配するな」

        「大丈夫だと言うんなら、時化を突っ切るぞ(笑)」

         

        さぁ、少年の大冒険がはじまります。

        どんな1ヶ月になるのでしょうか。

         

        IMG_4829.JPG

         

        IMG_4830.JPG

         

        船酔はどうなるだろうか。

        仕事はスムーズにいくだろうか?

        行かないだろうなぁ

         

        心配はつきません。

         

        IMG_4831.JPG

         

        がんばれよ〜〜〜

         

        IMG_4832.JPG

         

        IMG_4833.JPG

         

        IMG_4834.JPG

         

        IMG_4835.JPG

         

        行ってしまいました。

        最後にお母さんとお話ししました。

        「15歳で、よくこんな厳しい仕事に飛び込もうと思いましたね?」

        「新築の家を建てたいらしいです(笑)」

        「えっ!?でも、10年頑張れば25歳位で家が建つかもしれないね」

        「でも、全額キャッシュで一括で払うと本人は言ってますけどね(笑)」

         

        私の聞いてなかった夢があるんだなぁと感心しました。

        とても大きな夢ですが、とても現実的で実現性のある夢です。

        それもこれも、15歳という年齢で行動おこしたからこその実現性です。

         

        15歳の漁師。

         

        これからしっかりサポートしていきたいと思います。

         

         

        命を運ぶと書いて運命。
        つまり運命とは、定められて仕方なくたどるものではない。
        みずからの命を自分の力で運んでこそ運命といえるのではないか。

        大谷徹奘
        (薬師寺の僧侶、1963〜)

         

         

        ------------------------------------------------------

         

        遠洋マグロ延縄漁船
        近海マグロ延縄漁船
        乗組員を大募集(未経験者可)しております!
        厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
        本気のあなたを全力でサポートいたします。
        本気になれる35歳未満の男性

        まずはご連絡ください

        ↓↓↓↓↓

        【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
        乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
        名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
        住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
        電 話:0226−22−0793(月〜金)
        メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
        担 当:吉田鶴男

        | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        気仙沼港を二隻同時出港した2人の少年がバリ島に到着!
        0

          3月に気仙沼港を二隻同時出港した遠洋マグロ漁船のお話を覚えてますでしょうか!?

          それぞれの船には福岡県立水産高校を3月に卒業したばかりの少年2人が乗船してるんですね〜

           

          IMG_4740.JPG

           

          IMG_4743.JPG

           

          IMG_4758.JPG

           

          IMG_4762.JPG

           

          彼らはその後、インドネシア・バリ島へと向かいました。

           

          IMG_E9016.JPG

           

          スマホのMAPで表示するとこんな感じ。

          ここまで13日間。

          船酔などはどうだったのでしょうか?

          心配は尽きませんね〜〜

           

          IMG_8915.JPG

           

          ベノア港。

          二隻ともバリ島に到着しました。

          一隻目

           

          IMG_8916.JPG

           

          二隻目

           

          IMG_8917.JPG

           

          落ち着いた頃を見計らってラインを送信。

           

          まずはIくんに連絡。

          6日間に渡る船酔いだったとのこと。

          陸上の人で例えるなら

          強烈お酒のお二日酔いが24時間治まることなく6日間続くという表現が適当でしょうか!?

           

          私とて、若かりし頃はお酒で無理もしましたが

          二日酔いという経験が未だありませんし、船を含め乗り物酔いの経験もないので

          何とも言えないですが、若手船員数名がこのような表現をしておりました(笑)

           

          バリ島で何か気になるものがあったら写メ送ってくれって頼んだら

           

          IMG_8906.JPG

           

          こんな写真が。

          「これは何?」って聞いたら「バリ島のコンビニ」だそうです。

          まずは、身近なコンビニの違いが気になるようですね(笑)

           

          ラインでいろいろコメントを送ったところ

          こんな返信が来ました。

           

          「今も、今までも沢山の言葉を送っていただきありがとうございます。」

          「まだ、味わった事のないものに沢山出会って苦しくなると思いますが、吉田さんとのLINEを見返します」

          「まだ弱気なままの自分ですが、頑張って喰らいついていきます!」

           

          この調子で頑張って欲しいですね〜〜

           

          片方の船に目を向けると

          陽気な若手船員Hくん(右)と共に新人Tくん(左)の姿が

           

          IMG_8910.JPG

           

          この2人は同じ水産高校の先輩、後輩にあたります。

          楽しそうで何よりです♪

           

          若手船員のHくんは、もう一隻の方にも行って写真撮影〜

           

          IMG_8912.jpg

           

          写真右のKくんは5年先輩なのですが

          Hくんの勢いにタジタジといった感じかな(笑)

           

          それぞれバリ島の3日間を満喫し、今度は漁場へと向かっていくのです。

           

          IMG_8913.JPG

           

          IMG_8914.JPG

           

          ここから後戻りできません。

          仕事の中に楽しみを見出し、しっかり頑張って欲しいと思います。

           

           

          心配していたら各船から初回の洋上日誌が届きましたので

          ブログを読む皆さんにもお届けしたいと思います。

          まずはIくんから

           

          バリ島では3泊4日過ごしました。

          船長や船頭が色々とおいしい料理の店に連れて行ってくれました。

          「楽しんだから仕事頑張る」

          と、気合を入れてみたものの、すぐに船に酔ってしまい

          3月に船酔いした以上にひどく酔ってしまいました。

          ダメダメです。

          とりあえず、今は頑張るしかありません。

           

           

          この一週間で仕事が本格化しました。

          投縄に揚げ縄、凍結まで、やはり危険な場所に行ってしまったりしました。

          その度に船長や甲板長に怒られたりします。

          自分なりに仕事を頑張っていても、周りから見たらやる気の無いように見えてしまったりします。

          作業中に戸惑ったり、失敗したりして周りに迷惑かけてばかりです。

          今の自分に必要なのは、焦りと急ぐことかもしれません。

          吉田さん、まだ仕事の楽しさを見つけきれてません。

           

           

          思うように動けず、自分に対するいら立ちが読み取れます。

          でも仕方がない、初めてだもの。

          最初からうまく行くことが必ずしもいいことではありません。

          時に立ち止まり、思い悩みながら取り組むことから全ては始まるんです。

          楽しさを見つけきれてません!?

          あたり前です。

          たった一ヶ月で見つかるものじゃないんです。

          ある程度の壁を越えてこそ、楽しく感じるんですよ。

          焦らずいきましょう。

          勝負はまだまだこれからです。

          自分の好きな道に進む勇気が無くて、すでに立ち止まっている同世代の若者が多いはず。

          それに対して、お前は行動をおこして飛び込んできている。

          それだけでもお前は勝ち組だよ。

          落ち着いて行動すれば大丈夫です。

           

           

          続いてHくん。

           

          もうすぐ(バリ島)出港です!

          インドネシアの人達とも仲良くできるように頑張りたいです(^^)

           

           

          操業がはじまりました。

          何にも分からないので置いてかれてる感がすごい・・・

           

          こちらも同じ。

          置いて枯れてる感・・・当たり前です(笑)

          落ち着いて、周りを見て行動してください。

          大丈夫だから。

           

           

          彼らの今後の動向が気になります。

          定期的に彼らの報告をしたいと思いますので

          ブログを読む皆さま、応援方よろしくお願いします!

           

           

          人間は失敗する権利をもっている。
          しかし失敗には反省という義務がついてくる。

          本田宗一郎
          (本田技研工業創業者、1906〜1991)

           

          ----------------------------------------------------

           

          遠洋マグロ延縄漁船
          近海マグロ延縄漁船
          乗組員を大募集(未経験者可)しております!
          厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
          本気のあなたを全力でサポートいたします。
          本気になれる35歳未満の男性

          まずはご連絡ください

          ↓↓↓↓↓

           

          【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
          乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
          名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
          住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
          電 話:0226−22−0793(月〜金)
          メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
          担 当:吉田鶴男

          | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          岩手県出身の少年が高校卒業後すぐに海の男に!!
          0

            報告が2週間ほど遅れているのですが

            岩手県の宮古商業高校をこの春卒業し、4月1日に遠洋マグロ漁船で気仙沼の地を旅立った少年。

             

            この少年の出港の様子をご覧いただきたいと思います!

             

            この日は大安という事もあり、別な遠洋マグロ漁船も出港するのですが

            その船にも若手船員が乗船しているのです!

             

            接岸している港も別々なので

            港を移動しながらの見送りになります。

             

            まずは、別な遠洋マグロ漁船の見送りの為に通称「コの字岸壁」へ

             

            IMG_8763.jpg

             

            昨年2月に放送された「FNS歌謡祭〜うたの春祭り」で

            AKB48のメンバーに成人式を祝ってもらった通称「AKBのお兄さん」(笑)

             

            気仙沼にも知人や友人が出来て、様々なものを送ってもらってます。

            緊張しながら受け取ってますね〜

             

            IMG_8766.jpg

             

            港にはご家族も見送りに。

            がんばってもらいたいですね!

             

            IMG_8769.jpg

             

            IMG_8772.jpg

             

            さぁ、出港スタンバイ!!

             

            IMG_8773.jpg

             

            IMG_8775.jpg

             

            IMG_8776.jpg

             

            がんばれ〜〜!

            帰って来るのを楽しみにしてるぞ〜〜!

             

            港を移動し、初航海を迎える少年のもとへ

             

            7516845376_IMG_4767.jpg

             

            気仙沼でできたお友達と記念撮影〜

            ホントに友達か!?

            まぁまぁ、いいでしょう

            若い人は若い人なりに(笑)

             

            この日は、ちょうどテレビの撮影が入ってました。

            私の密着取材だということ。

             

            IMG_8817.JPG

             

            この少年と接触している場面は全て撮られちゃってる状態。

            デカいカメラと、長いマイクはとても苦手です(ーー゛)

             

            IMG_8702.jpg

             

            出港前日にはこんな感じでコメントを撮ってもらったり。

            迷惑かけちゃったね。

            ありがとう!

             

            IMG_8703.JPG

             

            自分が乗る船を前に堂々と話してました♪

             

             

            出港の直前の挨拶。

            船主から激励の言葉が、皆の背筋をピリッとさせます。

             

            7516845376_IMG_4775.JPG

             

            この少年も皆の前で挨拶。

             

            7516845376_IMG_4776.jpg

             

            安全航海と大漁を期して乾杯!!

            ここから一気に忙しくなります。

             

            7516845376_IMG_4774.JPG

             

            7516845376_IMG_4778.JPG

             

            7516845376_IMG_4780.jpg

             

            本人もかなりドキドキだと思います。

             

            7516845376_IMG_4782.jpg

             

            がんばって来いよ!!

            怪我するなよ〜〜!

             

            7516845376_IMG_4785.JPG

             

            少年からこちらはどのように見えてるのでしょうか。

            中学の頃からの夢。

            大型漁船に乗って、世界の海で魚を追いかけたい。

            今それが叶った瞬間です。

             

            7516845376_IMG_4788.jpg

             

            「いっぱいマグロ捕って来てね〜〜〜!」

             

            こんな掛け声のもと、少年は「まかせとけ!」と言わんばかりに

            両腕を大きく振ります!

             

            7518827568_IMG_4789.jpg

             

            そして、4月14日

            バリ島に着いたとラインが入りました。

            船酔はたった1日だけだっとのこと。

            ホントに大したものです。

             

            そして今、バリ島を出港したとの連絡。

            「帰って土産話ができるように!元気で頑張ってきます!(笑)」

             

            諦めずに頑張って欲しい。

            諦めず技術を身に付けてしまえば、それまでの失敗は「経験」となる。

            いつか部下ができ指導する立場になったとき

            「経験」は「失敗談」というネタになる。

             

            「失敗」あってこその「成功」だ。

            失敗のない成功など「順調」としか言わない。

             

            沢山失敗して、壁をたくさん乗り越えて

            一回りも二回りも大きくなってほしい〜!

            がんばれ!!

             

             

            一度転んで気がつかなければ、七度転んでも同じこと。
            一度で気のつく人間になりたい。
            そのためには「転んでもただ起きぬ」心がまえが大切。

            松下幸之助
            (松下電器産業創業者、1894〜1989)

             

            --------------------------------------------------------------

             

            遠洋マグロ延縄漁船
            近海マグロ延縄漁船
            乗組員を大募集(未経験者可)しております!
            厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
            本気のあなたを全力でサポートいたします。
            本気になれる35歳未満の男性

            まずはご連絡ください

            ↓↓↓↓↓

             

            【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
            乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
            名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
            住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
            電 話:0226−22−0793(月〜金)
            メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
            担 当:吉田鶴男

            | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            遠洋マグロ漁船の出入港がひっきりなし!!!
            0

              皆さんにご報告する内容が前後してしまい大変申し訳ないのですが

              今日は3月20日のお話になります。

               

              今航海の休暇ですっかり気仙沼ファンになってしまった若手船員が出港とのことで

              出船送りに来ました。

              今回の休暇、彼は実家に居るよりも気仙沼に居た日数の方が多かったのではないでしょうか(笑)

              Kesennuma Freakと言った方が良いかもしれません〜

               

              IMG_4699.JPG

               

              IMG_4700.JPG

               

              天気も良い出港日和♪

               

              今回は彼と頻繁に会ったので特に話すこともなく

              いつものような馬鹿げた話に花を咲かせます。

               

              私は出港という日を特別な日にしたくはなく

              とにかく笑って普通に送り出したい。

               

              玄関先で「いってきます」「いってらっしゃい」みたいな。

              そんな軽いイメージいるんです。

               

              IMG_4702.JPG

               

              気仙沼の仲間達との記念写真♪

               

              これから10か月の航海に旅立ちます。

              こんな小さな思い出が彼らの大きなエネルギーになるのかもしれませんね。

               

              IMG_4704.JPG

               

              10時45分

              和やかな港の雰囲気が一気にピリッとします。

              甲板に皆が集められ、出港に向けて気持ちを1つにします。

               

              IMG_4705.JPG

               

              出港スタンバイ。

              彼に激励の言葉をかけ、船を離れます!

               

              IMG_4707.JPG

               

              IMG_4708.JPG

               

              出港直前、表情もピリッとしてきます。

               

              IMG_4710.JPG

               

              大漁旗が見送り人に渡され

              静かにその時を待ちます。

               

              IMG_4711.JPG

               

              見送り人の五色のテープが集められ、船へと繋がれます。

               

              IMG_4712.JPG

               

              IMG_4713.JPG

               

              IMG_4714.JPG

               

              大量のテープが風にキレイになびきます。

               

              IMG_4715.JPG

               

              船が少しずつ動き出すと、港のテンションがピークに達します!

               

              IMG_4716.JPG

               

              IMG_4717.JPG

               

              ここから10か月の大冒険。

              洋上の過酷な状況で奮闘する漁師達、それを陸上で待つ人

              この紙テープはこの両者の気持ちを象徴するよう。

              テープは切れてしまうけど、両者の気持ちは繋がったまま。

               

              10か月後、この白い船が気仙沼港に戻ってくるまで

              どちらも自分を高めていきたいですね。

               

              IMG_4718.JPG

               

              どちらが成長したのか、10か月後を楽しみに。

               

              IMG_4719.JPG

               

              船は一路、バリ島めざし舵を切る。

               

              IMG_4721.JPG

               

              IMG_4722.JPG

               

              船が小さくなるまで

              皆、一生懸命に手を振ります。

               

              IMG_4724.JPG

               

              この漁船員たちも

              いちばん辛い瞬間なんだろうと思います。

              だからこそ、港は笑顔で派手に手を振るのです。

               

              陸へと伝う渦巻く航跡

              見送り人の顔が点となり

              見送る声も寂しくうっすら

              それをもかき消すエンジン音

              引かれる髪をほどいて

              水平線の未来へと向かおう

              顔を風上へと向けよう

              これも海の男の運命よ

               

              こんな出入港を何十年、何千回と繰り返してきた。

              これが震災にも負けない気仙沼人の強さなんだろうね。

               

              IMG_4725.JPG

               

              IMG_4726.JPG

               

              IMG_4727.JPG

               

              IMG_4730.JPG

               

              私も父親が遠洋マグロ漁船の機関長だったので

              このような見送りは子供の頃からの日常でありました。

              父親を見送ると

              心のどこかのスイッチが入り

              「よし、がんばるぞ!!」という気分になっていくのがわかります。

               

              この港にいる人たちの中には

              同じような気持ちになっている人もいるのでしょう。

               

              ここからが全てのスタートです。

               

               

              私たちはこの世では大きいことはできません。
              小さなことを大きな愛でするだけです。

              マザー・テレサ
              (インドの修道女、ノーベル平和賞受賞、1910〜1997)

               

               

              若い漁船員がいたら

              一声だけでいいから声をかけてあげてください。

              「ごくろうさま」

              「おつかれさま」

              だけでもいい。

               

              彼らはこの言葉だけで救われるのです。

              そして港が大きく変わるきっかけになるのです。

              皆さま、よろしくお願いします。

              ------------------------------------------------------------

               

              遠洋マグロ延縄漁船
              近海マグロ延縄漁船
              乗組員を大募集(未経験者可)しております!
              厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
              本気のあなたを全力でサポートいたします。
              本気になれる35歳未満の男性

              まずはご連絡ください

              ↓↓↓↓↓

               

              【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
              乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
              名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
              住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
              電 話:0226−22−0793(月〜金)
              メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
              担 当:吉田鶴男

              | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              二航海目終了!仙台出身の若手船員が帰国〜
              0

                遠洋マグロ漁船は、日本に帰って来ると静岡県の清水港などで漁獲物の水揚げを行います。

                その後、気仙沼港に帰ってきて、一航海の終了となるんです。

                 

                この彼が乗っている遠洋マグロ漁船の船主さんから

                清水港入港日と気仙沼港入港の連絡が入ったので、夕刻に若手船員を迎えに行ってきました。

                 

                IMG_8667.jpg

                 

                16時入港とのことで、15時半ごろ港に到着。

                すると、すぐそこまで彼の乗る船が近づいていました。

                 

                11か月ぶりに見る気仙沼港ってどんな感じなのでしょうか。

                これはこの航海の時間をどのように過ごしたかでも大きく違うでしょうね。

                 

                小さかった船がだんだん大きくなってきます。

                ゆっくりこちらの方に向かいします。

                 

                IMG_8669.jpg

                 

                トントントントン、っといった軽めの音を響かせながら

                本当にゆっくり入港してきます。

                安全のため、ゆっくり入ってきます。

                 

                IMG_8670.jpg

                 

                港には船主さんや関連業者さんが

                入港サポートのためスタンバイしています。

                ご家族の方は、ホントに首を長〜〜くして待っているのです。

                 

                操船をする船長と船主さんのスタッフが携帯電話で連絡をとりながら

                着岸する位置と方法を確認し合います。

                 

                その確認が終わると、船が一気に港に向かってきます。

                 

                IMG_8673.JPG

                 

                IMG_8674.JPG

                 

                IMG_8677.JPG

                 

                一直線にこちらに向かってきます。

                夕方で市場が船で混んでいるタイミングなので、ギリギリの枠に接岸しなければいけません。

                 

                あれ?あれ?大丈夫?

                スピード早いんじゃない?

                やばいんじゃない??

                 

                1人で焦る私(笑)

                 

                IMG_8678.JPG

                 

                うぉー、ギリギリだってば!?

                と思うのは私だけ。

                皆さん冷静に対応しています。

                 

                こんなに大きな船の寸止めって凄い操船技術〜〜

                惚れ惚れします。

                 

                IMG_8679.JPG

                 

                私の写真の腕では表現できないこの大迫力!!

                 

                IMG_8680.JPG

                 

                IMG_8681.JPG

                 

                接岸完了!

                 

                これをもって11か月にもおよぶ大航海が終了したこととなります。

                 

                IMG_8684.jpg

                 

                航海を終えた若手船員も家族がさっそくお出迎え。

                お父さんとおじいちゃん。

                帰ってきた姿をどのように捉えてるのでしょうか。

                きっと誇らしいでしょうね〜〜

                 

                IMG_8685.JPG

                 

                若手船員にはひと声かけて私は立ち去りました。

                積もる話もあるでしょう♪

                 

                IMG_8686.jpg

                 

                その夜、別な船に乗る若手船員も連れて、彼と夜の街へと繰り出しました♪

                辛かったこと等いろいろ話しました。

                私の思いも話せたと思います。

                 

                今後も成長を続けていって欲しいと願っています。

                 

                長期航海、本当にご苦労様でした!

                 

                 

                やっていてすぐ時間がたつような、人生を短く感じられるような仕事を選ぶことです。

                邱永漢[きゅう・えいかん]
                (経済評論家・経営コンサルタント、実業家、作家、1924〜)

                 

                -------------------------------------------------------------------

                 

                遠洋マグロ延縄漁船
                近海マグロ延縄漁船
                乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                本気のあなたを全力でサポートいたします。
                本気になれる35歳未満の男性

                まずはご連絡ください

                ↓↓↓↓↓

                 

                【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                電 話:0226−22−0793(月〜金)
                メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                担 当:吉田鶴男

                | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                新人漁船員が初航海を迎える遠洋マグロ漁船が二隻同時出港!
                0

                  気仙沼にもようやく春が来たなと感じさせる日

                  二隻の遠洋マグロ漁船が同時出港するという、かなりのレアケースに遭遇しました。

                   

                  IMG_4734.JPG

                   

                  写真ではちょっと分かりにくいですが

                  手前の船と、奥の船が同じ船主さんの遠洋マグロ漁船。

                  これが同じ日の同じ時刻に出港することになりました。

                   

                  しかも、この2隻には福岡県立水産高校をこの春に卒業した2人がそれぞれの船に乗船するので

                  私はどっちも見送らなければならず、あっち行ったりこっち行ったりで大変でした(笑)

                   

                  まずは手前の船から。

                   

                  IMG_4766.JPG

                   

                  右側が今回が初めての航海となるHくん。

                  もうすっかりと船に馴染んでしまい、初航海とは思えない動きを見せてくれます。

                   

                  右側にいるのが、今回で二航海目となる先輩船員です。

                  彼も福岡県立水産高校を昨年春に卒業し乗船したので、出身校の先輩でもあるのです。

                  この2人がいるおかげで、船の平均年齢も一気に下がっているのでしょうね(笑)

                   

                  この2人で船内に新しい風をビュービューに吹かせてもらいたいものですよ。

                  ホント!

                   

                  IMG_4740.JPG

                   

                   

                  今度は後ろの船に行ってみます。

                   

                  IMG_4735.JPG

                   

                  この船に乗っているのも、同じ水産高校のIくん。

                  小さいころからマグロ漁船に乗ることを決めていたと言い

                  水産高校に入ることに迷いはなかったようです。

                   

                  中学のころには、この水産高校に入学したいあまりに

                  自転車で遠方にある学校を眺めにいったそう。

                  4時間も、5時間もかけて。

                   

                  その願いがようやく叶おうとしているのです。

                   

                   

                  ちなみに、出港時には救命胴衣は着ていますからね。間違いなく。

                   

                  さあ、いよいよ出港の時

                  どちらのご家族も、はるばる福岡県から見送りに来てくれています。

                   

                  IMG_4743.JPG

                   

                  船主からの激励があり、気持ちをひとつに

                  安全そして大漁を願い

                  1年後、笑顔で帰国できることを誓います。

                   

                  IMG_4745.JPG

                   

                  手前の遠洋マグロ漁船が静かに動き出しました。

                   

                  IMG_4746.JPG

                   

                  IMG_4748.JPG

                   

                  IMG_4752.JPG

                   

                  別れはやはり辛いものです。

                  洋上にいる間は、会うことも許されないのですから。

                   

                  辛い別れに塞ぎ込む自分と、遠洋漁業の漁師という道を選んだ使命との闘い。

                  もう前を向くしかない。

                  そんな決意が振る腕にみなぎってくるのが分かります。

                   

                  がんばれよ!!!

                  何度も何度も言うけど、怪我するなよ!!!

                   

                   

                  続いて奥の遠洋マグロ漁船の出港です。

                   

                  IMG_4756.JPG

                   

                  IMG_4757.JPG

                   

                  IMG_4758.JPG

                   

                  2人目の少年も沖へと向かいました。

                  彼とも話しましたが、不安なんだと思います。

                  自分はこれで良かったのか?と自問自答を繰り返している瞬間なんだと思います。

                  でもやるしかない。

                  前に踏み出すしかないんだよ。

                  やるだけやってみろ!!

                  全力でやってみろ!!!

                  がんばれよ〜〜〜!!!

                   

                  IMG_4760.JPG

                   

                  IMG_4761.JPG

                   

                  IMG_4762.JPG

                   

                  IMG_4763.JPG

                   

                  行ってしまいました。

                  ここからインドネシア・バリ島に向け航行を続けます。

                   

                  この一年、様々な事があるかと思いますが

                  乗り越えて欲しいと思っています。

                   

                  がんばれ!

                   

                   

                  空いた港には

                  さっそく2隻の遠洋マグロ漁船が着岸。

                   

                  IMG_4764.JPG

                   

                  この船にも新人漁船員が乗船予定。

                  私が目指す、若者で溢れる港の実現がすぐそこまで来ているのか。

                  諦めずに進んでいきたいと思います。

                   

                   

                  自信は成功の第一の秘訣である。

                  エマーソン
                  (19世紀アメリカの思想家・哲学者・作家・詩人、1803〜1882)

                   

                   

                  今日の名言は

                  今回、初航海に挑むIくんのLINEのホーム画面に記されている言葉。

                  この言葉を何度も唱えながら、弱気になったりする自分を奮い立たせているのでしょう。

                  何でもいいから得意なものを見つけ、少しずつでも自信を付けて欲しいと思います。

                  それが成功への第一歩だ!!

                   

                  ------------------------------------------------------------------------------

                   

                  遠洋マグロ延縄漁船
                  近海マグロ延縄漁船
                  乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                  厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                  本気のあなたを全力でサポートいたします。
                  本気になれる35歳未満の男性

                  まずはご連絡ください

                  ↓↓↓↓↓

                  【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                  乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                  名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                  住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                  電 話:0226−22−0793(月〜金)
                  メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                  担 当:吉田鶴男

                  | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  本気で機関長を目指して
                  0

                    「人材不足」という言葉がよく聞かれますよね。

                    少子化の影響により労働人口の減少が止まらないのです。

                     

                    我々漁船漁業界もその影響を露骨に受けており

                    もともと人材確保が難しい業界であるのに

                    さらなる追い打ちをかけられている格好になります。

                     

                    そんな中

                    東日本大震災以降、気仙沼地区ではマグロ漁船等への乗船希望者が集まりだし

                    受け入れ総数が100人を突破することができました。

                    このブログの効果だけが表に取り上げられてしまいますが

                    それは一部であり、船主協会の会員が一丸となって積み上げてきた誇るべき実績であります。

                     

                    100人の中でも

                    一歩一歩キャリアを積んでいく者もいれば

                    残念ながら

                    気仙沼を去っていく者もおります。

                     

                    今回はキャリアを積んでいる1人の青年(神奈川県出身)を紹介したいと思います。

                     

                     

                    この新聞記事は2013年7月18日付水産経済新聞。

                    漁業就業支援フェア東京会場で私と面談している様子が掲載されているのですが

                    背を向けて写っているのがこの青年です。

                    今から5年前の記事になるんですね。

                     

                    昨年の2017年3月に国家資格(海技士)を取得し

                    今は一等機関士として活躍しています。

                     

                    人一倍の負けず嫌い。

                    誰にも負けない。

                    誰よりも早く機関長になりたい。

                     

                    初心を貫くこと4年半。

                    その熱い思いは今も変わることはありません。

                     

                    そんな彼が先日、気仙沼港を旅立って行き

                    港には多くの友人たちが見送りに来ていました!

                     

                     

                    遠洋マグロ漁船の人たちは

                    生きるうえで重要な感覚を得ることが難しい職業です。

                    その重要な感覚というのは“喜び”です。

                    気仙沼の基幹産業を文字通り命がけで支えているにも関わらず

                    閉鎖的な環境ゆえ、広く知られていないのが実態です。

                     

                    誰しもが仕事をする上で喜びに感じている

                    相手からの「ありがとう」

                    この言葉を受けることが極端に少ないと思うのです。

                     

                    実家に帰省しても、親や友人達ですら彼の環境を理解してくれることはありません。

                    全く知らないのですから無理もないですよね。

                     

                    ですから、気仙沼の人達だけでも

                    彼らの思いを理解してあげられないだろうか?

                    喜びを感じさせてあげることはできないだろうか?

                     

                    そう考え

                    今回の休暇中、漁船漁業に興味を持っている

                    若い方々に彼を紹介してみました。

                     

                    すると

                    一所懸命で素直な彼の人柄に友達の輪が広がっていき

                    出港当日には多くの友人達が見送りに来てくれたのです!

                    地元の友人達ではありませんよ。

                    ほとんどが気仙沼で知り合った人達

                     

                     

                     

                    彼の口から何度聞いたでしょう。

                    「気仙沼の人達って、本当に暖かいですね〜」

                    「人生でこんな感動を味わうことなんて、そんなに無いですよ」

                     

                    もう大絶賛(笑)

                    すっかり気仙沼を気に入ってくれました!

                     

                     

                     

                     

                    こんな寄せ書きなんか頂いたりして!

                    これは感動しますよね。

                    ほんと、私でも泣けてきます!

                     

                    何だか彼のにやけた顔が気になりますが

                    この状況でにやけない方がおかしいね(笑)

                     

                    刻々と時間は過ぎていきます。

                    別れが名残惜しいのですが

                    時はそれを許してはくれません。

                     

                     

                     

                    乗組員一同。

                    一丸となって安全と大漁を誓います。

                    っていうか、いつのまに坊主にしてんだ!?

                     

                     

                    漁労長さんも変わり、新体制でのスタートです!

                     

                     

                     

                     

                    船が動き出しました。

                    ゆっくり、岸から離れていきます。

                    この瞬間から10ヶ月航海の始まりです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    行ってしまいました。

                    あとは電話やラインを通してでしか連絡をとりあえませんが

                    しっかりとサポートしていきたいと思っています。

                     

                     

                    沖には試運転から帰ってきた別の遠洋マグロ漁船が一隻。

                    その船にも若手が乗船しており

                    今、出港したこの青年とも友人同士。

                     

                    その別の船で撮影した写真もご覧いただきたい。

                     

                     

                    航行している遠洋マグロ漁船が出港した船になります。

                     

                     

                    こちらの若手もどんな思いで手を振っているのでしょうか。

                    出港した本船の青年にも振る手が見えているのでしょうか。

                     

                    文字通り、命がけでマグロと戦い気仙沼港を支える海の戦士達の交流を見ると

                    心にグッとくるものがあります。

                     

                    再び会えるのは10か月後。

                    彼の成長を願いつつ、新たな若手漁船員の発掘に努めていこうと思います。

                    若手漁船員の成長スピードは凄まじい。

                    そのスピードに負けないように、私も成長を続けていかなければなりませんね。

                     

                    彼に怒られるかもしれませんが

                    出港時にこの青年がSNSに残した投稿を皆さんに紹介したいと思います。

                    とても素晴らしい。

                     

                     

                    本日、本船、第●●●丸は無事出港することが出来ました。

                    これよりバリを経由しフリーマントル沖の漁場へ向かいます。

                    本日は寒空の中、出船送りにお越しいただいた皆様

                    御礼申し上げます。

                    私はとても幸せです。

                    いろんな人に支えられて、本日晴れの日を迎え

                    これほどまでに人の力を感じたのは初めてでした。

                    まだまだ未熟な機関士ではありますが

                    皆様の期待に応えられるよう精一杯、沖で精進して参ります。

                    では行って参ります。

                     

                    本船 一等機関士(神奈川県出身・25歳)

                     

                     

                    世の中の25歳の皆様。

                    多くの方々は何らかの仕事をしていると思いますが、、、

                    あなたに書けますか?

                     

                    -------------------------------------------------------------

                     

                    遠洋マグロ延縄漁船
                    近海マグロ延縄漁船
                    乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                    厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                    本気のあなたを全力でサポートいたします。
                    本気になれる35歳未満の男性

                    まずはご連絡ください

                    ↓↓↓↓↓

                     

                    【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                    乗組員の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                    名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                    住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                    電 話:0226−22−0793(月〜金)
                    メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                    担 当:吉田鶴男

                    | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    地元気仙沼の少年が遠洋マグロ漁船で大海原へ!
                    0

                      今回も遠洋マグロ漁船の出港です!

                      3回連続の出港シーンです!

                       

                      この3月に宮城県気仙沼向洋高等学校を卒業したばかりの少年が

                      遠洋マグロ延縄漁船に乗り、洋上へと旅立ちました。

                       

                      実技研修の様子は、以前の更新でもお伝えしましたね!

                       

                       

                      その18歳の少年が出港することとなったのです。

                       

                      当初は卒業式当日に出港予定でしたが

                      時化のために1日延期。

                      卒業式翌日の出港となりました!

                       

                       

                       

                      恥ずかしいのか、何なのか

                      家族が見送りに来ているのに船から降りて来ません(笑)

                      無理やり呼び出して

                      お母さんに「行ってきます!」と挨拶させました〜

                      もう手間がかかるww

                       

                       

                       

                      まぁ、18歳という年齢で

                      母親にあらたまって挨拶することが

                      とても恥ずかしいのは理解できます。

                      ですが、出港の時はちゃんと挨拶すべきですよね。

                       

                      ボソボソと挨拶していると

                      担任の先生も見送りに来てくれました!

                       

                       

                      さぁ、出港15分前。

                       

                       

                      皆で安全、そして大漁を誓い

                      心を一つにします。

                      さぁ、この瞬間から慌ただしくなっていきます。

                       

                       

                       

                      IMG_8384.JPG

                       

                      船が港から離れていきます。

                      もうこうなると一瞬です。

                       

                      IMG_8385.jpg

                       

                       

                       

                       

                      見送りもクライマックス!

                      皆に気を使い、影で小さく手を振る新人君を主役にしようと

                      こんな配慮をしてくれました!

                       

                       

                      頑張れよ!!!

                       

                       

                       

                       

                      ここから、彼の新たな人生がスタートしました。

                      ワガママが一切通用しない漁師という大変な道です。

                      小柄な体でどこまで通用するのか。

                      いや、通用させるのか。

                      苦難、困難、至難、、、様々な“難”が待ち構えているでしょう。

                      でも、難は乗り越えられる可能性のある人にしか降りかかって来ません。

                       

                      乗り越えられると信じている気持ちがあるのに

                      うまく行かないから苦しいと感じるのです。

                      そんな時は、初心を思い出してください。

                      「何のため」に船に乗ろうと思ったのか。

                      三陸新報の記者に意気込みを聞かれて、何と答えたのか。

                      思い出してください。

                      こんな所でへこたれてる場合じゃないと感じるはずです。

                      気持ちが少し楽になるはずです。

                      目の前が少し明るくなるはずです。

                       

                      苦しいと感じる時の多くは

                      気持ちが「内」に向いてる時が多いです。

                      私は自己中心的な気持ちが「難」を呼び込むように思うのです。

                       

                      意識を外に向け、目の前にいる誰かのために動いてみよう。

                      「先輩を楽させてあげよう」

                      「先輩の代わりにやってみよう」

                      こんなことから始めてみてください。

                      日を追うごとに状況は改善しますから。

                       

                      文字通り、「難」が「有る」ことは

                      実のところ

                      可能性を気づかせてくれる大変「有難い」ことなんですね。

                      全てのことに意味があるのです。

                       

                      彼と会うのは半年後。

                       

                      怪我するなよ〜!!!

                      頑張れよ〜!!!



                       

                       

                      無理をしなくても一人一人が出来ることから関わっていくことで

                      色んなものが変わっていく気配を見せる。
                       それを希望というのじゃないかな。

                      金八先生
                       ドラマ『3年B組金八先生(第5シリーズ・第二話)』より

                       

                       

                      --------------------------------------------------------

                      遠洋マグロ延縄漁船
                      近海マグロ延縄漁船
                      乗組員を大募集(未経験者可)しております!
                      厳しい仕事であるけれど、大海原に漁に出て稼いでみたい!
                      本気のあなたを全力でサポートいたします。
                      本気になれる35歳未満の男性
                      まずはご連絡ください
                      ↓↓↓↓↓

                      【カツオ・マグロ漁船の求人(募集)、給料等に関するお問合せ先】
                      乗組の募集(未経験者可)につきましては随時おこなっておりますのでお気軽にお電話ください!
                      名 称:宮城県北部船主協会付属船員職業紹介所
                      住 所:宮城県気仙沼市港町508-2 福徳第二ビル2階
                      電 話:0226−22−0793(月〜金)
                      メール:senkyo☆biscuit.ocn.ne.jp(☆部分を@に変えてください)
                      担 当:吉田鶴男

                      | 船員職業紹介担当 吉田鶴男 | 出港と入港風景 | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + ランキング参加中♪
                      クリックお願いします
                      + プレビューランキング
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE